スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

緑のゴーヤと白いゴーヤと、浅漬けやサラダの話

今年、始めて、白いゴーヤのタネを蒔き、育ててみた。
ホームセンターに、買い物に行った時、アタリヤ農園の“純白ゴーヤ”という名前のタネが売っていたので、面白いと思って買った。
…でも、ちょっと時期遅れ。
だから、タネを蒔くのが送れ、苗を植え付けたのも、凄く遅れてしまった。
おまけに、今年の夏は、雨続き。

ダメかな?と、思っていたのだけれど、いくつか雌花が咲き、白い実を付けてくれた。
ちょっと、寸詰まりの小さな実だけと…

始めて作った“純白ゴーヤ”なので、記念にブログで披露しておこうと思う。
まずは、収穫した普通のゴーヤと“純白ゴーヤ”の記念写真。

普通のゴーヤと純白ゴーヤ

よく見ると、淡~く緑色を感じる白で、とても奇麗。
この、ゴーヤ達の蕾や花の写真と、浅漬けやサラダになった姿を書いて行きたいと思う。




まずは、ゴーヤの雄花と雌花の蕾。

ゴーヤの雄花の蕾ゴーヤの雌花の蕾
雄花の蕾雌花の蕾



そして、ゴーヤの雄花の開花。

ゴーヤの雄花の開花



ゴーヤの花の写真を撮って、ブログで披露しようと思って、パソコンで見ていたら、雌花の中心部の色が、青と白のゴーヤで色が違うと気が付いた。
…生で見ていた時は、気が付かなかった。

下が、緑のゴーヤと純白ゴーヤの花。
花の下の実の色も違う。

緑のゴーヤの花純白ゴーヤの花
緑のゴーヤの花純白ゴーヤの花




そして、小さな白い実は、こんな感じ。

ゴーヤの小さな白い実



そして、完熟して、破裂した緑のゴーヤの実は、こんな姿。

破裂した実

この、ゴーヤの赤い実は、甘くて、食べられるらしい。
…勿論、食べるなら、破裂して落ちてしまう前のヤツ。

ゴーヤの赤い実について検索していたら、こんなブログを発見した。

おそるおそる試食。「むっ!意外に甘い。」
味を例えるなら、湿ったクコの実。うまくもないけど、まずくはない。(笑)

ゴーヤの赤いタネ: nemo*memo



ゴーヤを切って、始めて赤い実を見た時は、「ギャ!」と声を上げてしまった。
私は、真っ赤で、ヌメッとして、グロテスク…と、感じる。
試食するなんて…、勇気あるな…。
上記のブログで、“夫に勧めたら拒否されました”と、書いてあったけれど、そ~だろうなって思ったね。



今回、緑のゴーヤと純白ゴーヤの両方を使って、浅漬けやサラダを作った時の写真も撮っておいたので、披露しちゃっておこうと思う。

本当は、別に書く程のものではないけれど…
浅漬けは、ビニール袋にゴーヤを入れ、エバラ浅漬けの素(昆布だし)を入れただけだし、サラダも、普通だし…
でも、まぁ、折角だから…

[ゴーヤの浅漬け vol.1]

お客さんが来た時に、ただのインスタント浅漬けより、「私、ちゃんとやってます!」的なポーズが必要かと、チャチャッと何か違うものをプラスした浅漬け。

2色のゴーヤで、お客さんも喜んでくれた。
でも、「味は、普通のゴーヤなんだね~」
…そう、白いゴーヤは、苦みがマイルドになってはいるけれど、ゴーヤ味。
「見た目が肝心だもんね~」って、…まぁ、ね。

<材料>
・ゴーヤ
・エバラ浅漬けの素(昆布だし)
・納豆昆布
・トウガラシ

ビニール袋の材料1.ゴーヤは、縦半分に切り、種をスプーンで除き、薄切りしておく

2.ゴーヤ/納豆昆布/トウガラシ/エバラ浅漬けの素(昆布だし)を入れ、混ぜてから、空気を抜いて、軽く圧迫気味に、キュキュッとクチを縛って冷蔵庫へ
ゴーヤの浅漬けの出来上がり3.水分を軽く絞って、お皿に盛って、出来上がり

もっと、緑と白が混ざった感じの写真にすれば良かったのに…、と思ったけれど、この写真しかないので仕方ない





[ゴーヤの浅漬け vol.2]

こちらは、白いゴーヤだけで作った浅漬け。
…正直、緑のゴーヤが入った方が美味しそうに見える気がする。
でも、白いゴーヤは、味がマイルド。
緑色の普通のものより、食べ易いと思う。

<材料>
・ゴーヤ
・エバラ浅漬けの素(昆布だし)
・小エビ(干しエビ)
・ショウガ
・トウガラシ

ビニール袋の材料1.ゴーヤは、縦半分に切り、種をスプーンで除き、薄切りしておく

2.ゴーヤ/小エビ(干しエビ)/ショウガ/トウガラシ/エバラ浅漬けの素(昆布だし)を入れ、混ぜてから、空気を抜いて、軽く圧迫気味に、キュキュッとクチを縛って冷蔵庫へ
ゴーヤの浅漬けの出来上がり3.水分を軽く絞って、お皿に盛って、出来上がり





[ゴーヤとツナのサラダ]

これも、別に書く程のものではないけれど…
普通のゴーヤとツナのサラダ。

<材料>
・ゴーヤ
・缶詰のツナ(写真は、ノンオイル)
・マヨネーズ
・レモンの絞り汁
・(好みで、ワサビなど)


ゴーヤとツナのサラダ1.ゴーヤは、縦半分に切り、種をスプーンで除き、薄切りにして、軽く塩でもみ、5分ほどおく

2.沸騰したお湯で(1)をさっと茹で、ざるに上げ、水を絞る

3.缶詰のツナの余分な水分(油分)を切っておく

4.(2)のゴーヤ、(3)のツナ、マヨネーズ、そして、好みで、ワサビなどを混ぜて完成




[ゴーヤの梅干和え]

白いゴーヤだけを使って、和え物を作ってみた。
本当は、茹でる必要も無い位、マイルドな苦み。
でも、少し柔らかめの歯触りの方が和え物っぽくなるかなと思って、茹でてから和えてみた。

…お皿は、もう少し濃い色の物にすれば良かったかな。
何だか、見辛い写真になってしまった。

<材料>
・ゴーヤ
・梅干(タネを取り去り、細かく切っておく)
・酢
・白ダシ(市販のもの)


ゴーヤの梅干和え1.ゴーヤは、縦半分に切り、種をスプーンで除き、薄切りにしておく

2.沸騰したお湯で(1)をさっと茹で、ざるに上げ、水を絞る

3.(2)のゴーヤ、梅干(タネを取り去り、細かく切っておいたもの)を合せる

4.(3)の味をみながら、酢、白ダシを加え、完成

※鰹節(花鰹)等を乗せた方が、見た目も良いし、美味しいけれど、食べてしまった後で気が付いたので、写真が間に合わず…残念



夏真っ盛りだった頃は、緑色のゴーヤが、食べても食べても次々収穫しなければならず、「もう勘弁して~」って思ったけれど…
今は、探しまわって、やっと見つけて、有り難がって食べている。
本当に、もう、夏野菜は終わってしまったんだな…と、感じる。
寂しいね~。


スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 ゴーヤー
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ゴーヤービビンパにチャレンジ

台風の被害のゴーヤーは、残り3本。
その内、小さなゴーヤー2本を使って、ゴーヤーのナムルを作り、ビビンパに挑戦してみた。
苦いビビンパってどうかな?って思ったけど、ゴーヤーの苦いカレーも美味しかったし、ゴーヤーのナムルも美味しかったし、きっと、ゴーヤービビンパもおいしいんじゃないの?とチャレンジしてみた。
以下は、そのチャレンジの様子。

[ゴーヤービビンパ]

ゴーヤーのナムル1.ゴーヤーのナムル
ゴーヤーを薄切りにし、茹でて、絞り、塩、醤油、すりごま、ごま油で味付けする
ナスのナムル2.ナスのナムル
ナスを細切りにし、電子レンジで6分くらいチンして、絞り、塩、醤油、すりごま、ごま油で味付けする
モヤシとニンジンのナムル3.モヤシとニンジンのナムル
ニンジンを千切りにし、モヤシと一緒に茹で、絞り、塩、醤油、すりごま、ごま油で味付けする
ひき肉のそぼろ4.ひき肉のそぼろ
ごま油で、ニンニク、ネギ、ひき肉を炒め、酒、胡椒、醤油、すりごまで味付けする
ゴーヤービビンパ5.器にご飯を入れ、1、2、3、4を盛りつけ、半熟卵(温泉卵)、コチュジャン、海苔、唐辛子を乗せる


写真を撮った時は、海苔と唐辛子を忘れてしまった。
ゴーヤーは、茹でてから、絞っているので、苦みもまろやかで食べやすい。
ゴーヤービビンパで、小さいゴーヤーを2本使ったので、残りは、1本。
もう、慌てて使う必要もないし、暫くは、ゴーヤーのレシピを考えなくて良いな~。


今回作った、ナムルとビビンパは、下記の本を参考にした(本物より、だいぶ手抜きだけど…)。
多分、2000年位に買った本だと思うけど、「ピビンパァ」の記述に初めて、気がついた。
私は、「ビビンパ」だとずっと思っていた…、「ビビンパ」って、「ピビンパァ」って書くのね。

定番の韓国料理―ピビンパァ キムチ ナムル クッパァ ジョン チゲ 定番の韓国料理―ピビンパァ キムチ ナムル クッパァ ジョン チゲ
慎 月順 (2000/11)
グラフ社

この商品の詳細を見る



  1. 2007/09/10(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 ゴーヤー
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

台風の被害の実のゴーヤー料理

台風が去り、野菜達を見回ったら、幸運な事に意外に被害が少なかった。
ピーマンや唐辛子達は、根元から斜めになっていたものの、支柱を立て直し、根元をグッと踏めば、元通り。

ゴーヤーの株も、ちょっと斜めになっただけで、株そのものの被害はなかった。
ただ、ゴーヤーの実は、細い枝に重い実がぶら下がっていたのが耐えられなかった様で、株の下に実がいくつか落ちていた。
冷蔵庫にも実が余っていたので、台風の被害の実も合わせ、現在の実は、7本になってしまった。
写真が下手で、何本だかわからないけど、7本。(何で、こんな風に撮っちゃったかな~)
台風後のゴーヤー

花の時から大きくなるのを見ている実なので、全部無駄にしないで食べてあげたい。
だから、ゴーヤー料理を色々頑張った。

まずは、ゴーヤーカレー。
ゴーヤーとひき肉のみなので、ゴーヤーは沢山食べられる。
でも、作り方は、以前書いてしまったので、そちらで。
苦くて辛い。でも美味しい。

続いて2日目。付け合わせのゴーヤーのナムル。
茹でて、絞るので量が減るかな?って作ってみた。
ごま油の香りで、ほろ苦くて美味しい。

[ゴーヤーのナムル]

ゴーヤーを茹でる1.ゴーヤーを半分に切り、ワタを取り除き、薄切りにし、茹でる
ゴーヤーを味付け2.茹で上がったゴーヤーを絞り、塩、醤油、すりごま、ごま油で、味付けする
ゴーヤーのナムルの出来上がり3.ゴーヤーのナムルの出来上がり


そして、ゴーヤーと肉団子の香酢炒め。
これは、やはり以前書いた、ゴーヤーの肉詰め香酢あん掛けのアレンジ。
ゴーヤーに肉詰めしてから、アンを掛けるのでは、手間が掛かるので、一つのフライパンで作ったもの。

[ゴーヤーと肉団子の香酢炒め]

<材料>肉団子(ハンバーグと同じ):ひき肉/タマネギ/パン粉/卵/塩/胡椒
野菜:ゴーヤー/生姜/タマネギ/カラーピーマン
調味料:中華だしの素(鶏ガラだしの素)/酒/砂糖/醤油/胡椒/酢/香酢/(水溶き片栗粉)

<準備>肉団子をゴーヤーの肉詰め香酢あん掛けの具と同様に混ぜ、適度な大きさに丸め、ラップを掛け、電子レンジでチンしておく

野菜を炒める1.生姜の細切りを炒め、香りが出たら、タマネギ、ゴーヤーを順に加え、柔らかくなったら、丸めて電子レンジでチンした肉団子とカラーピーマンを加える
味をつける2.酒、中華だしの素と水を加え、砂糖、胡椒、醤油、酢、香酢を加え、全体に味が整ったら、好みで水溶き片栗粉を加える
出来上がり3.出来上がり


今回、ゴーヤーを沢山食べなければいけない事情があったので、片栗粉でとろみは付けなかった。
写真の撮り方が悪くて、あまり美味しそうじゃないけど、美味しかった。ホントだよ…。
時間がなくなって、パッパッと盛ってしまったのを、写真に撮ったので、なんだかな~な写真の出来。美味しそうに撮るのは、難しいね。

上記の3つの料理は、2日分。これらで、4本使った。
頑張って料理に使って、残りは、3本なので、何とか食べきれそう。良かった。
でも、メイン料理がゴーヤーで、付け合わせもゴーヤーだと、ちょっと苦さが辛かった。
やっぱり、ゴーヤーは1品で良いな。



  1. 2007/09/09(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 ゴーヤー
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ゴーヤーのカレーとナスのカレー

ゴーヤーが、どんどん収穫でき始め、色々工夫して食べなければゴーヤーが食べきれなくなり始めた。
うむむ~と考えていたら、私が持っている、「ラジさんちのインドカレー―なにしろカレーばっかりの本 / ラジ」という本で、ゴーヤーを使ったカレーを見た気がして、探してみた。
おお!「カレラ」という、にがうりのカレーが載っている。
インドでは夏、どこの家庭でも作るポヒュラーなカレー”だそうだ。
この、「カレラ」は、にがうりだけで作られたものだけれど、にがうりだけというのは、ヘビーそうで、勇気が出なくて作れなかった。
今回、その本の「ニガウリを使う」だけをヒントに、ひき肉を入れて、食べやすいようにしたカレーを作った。

私は、インドカレーが大好きで、良く作っている。スパイスも色々買い込んだ。
ホール状のスパイスと粉状のスパイスは、使う料理によって変えなければいけないけれど、両方買っておくと使う期間が長くなり香りが飛んでしまいそうで、ホール状のものだけを買っているスパイスがある。
でも、ホール状のスパイスを潰すのは、大変だな~と思っていたら、インドへ仕事で行く人が、「インドへ行くがお土産は何が良い?」と聞く。
ナント!ラッキー!私は、「ハマンダスタ」というスパイス潰しをお土産におねだりした。
下の写真が、「ハマンダスタ」。
ハマンダスタ

「料理で使うから、そこらへんの安いのでイイヨ」と言ったのに、アンティークショップで立派なものを買って来てくれた。
使うのは、勿体ない様な感じだけれど、スパイスを潰す時は、いつもこれで潰している。
今回も、これで潰したスパイスで、ゴーヤーとひき肉のカレーとナスとひき肉のカレーを作った。
といっても、ひき肉のカレーベースは同じもの。以下、その様子。

[ゴーヤーとひき肉のカレー&ナスとひき肉のカレー]

<ひき肉のカレーベース>
タマネギを色付くまで炒める1.タマネギを色付くまで炒めておく
クミンシードを炒める2.鍋に油とクミンシードを入れ、香りが出るまで炒める
ひき肉を炒める3.ひき肉を入れ、色が変わるまで炒める
生姜とニンニクとタマネギを加える4.おろした生姜とニンニク、炒めたタマネギを加え炒める
トマトピューレを加える5.トマトピューレを加える
スパイス類と塩を加える6.スパイス類(コリアンダーターメリックナツメグシナモンカルダモンフェヌグリーククローブ/唐辛子)と塩を加える
水を加え煮込む7.水と粉にしたナッツ*を加え、煮込んで、ひき肉カレーベースの出来上がり


<ゴーヤーとひき肉のカレー>
ゴーヤーを油で炒める1.ゴーヤーを油で炒める
ひき肉カレーベースを加える2.ひき肉カレーベースを加え、ゴーヤーが柔らかくなるまで煮る


<ナスとひき肉のカレー>
ナスを電子レンジで5~6分加熱1.ナスを電子レンジで5~6分加熱しておく
ひき肉カレーベースを加える2.ひき肉カレーベースにナスを加え、ナスが柔らかくなるまで煮る

*粉にしたナッツ・・・・・パキスタンの人が「ナッツを入れるとカレーにコクが出る。カシューナッツ、ピーナッツなどをミキサーで砕いて、必ず入れると良いよ。ココナツミルクを入れる人もいるけれど少数派だね」と言っていた。

[ゴーヤーとひき肉のカレー]と[ナスとひき肉のカレー]は、ベースが同じで、中の野菜を変えただけなので、簡単に2種類のカレーが食卓に並んだ。インド料理屋さんみたいで、喜ばれた。
まあ、食器は、「ちょっとね~・・・」で、雰囲気が出ないけど、それは仕方ない。
ゴーヤーとひき肉のカレーとナスとひき肉のカレー

そして、最後に、カレーで検索して見てしまったけれど、「分量が書いて無いじゃん!」とお怒りの方の為に、横浜でインド家庭料理のお店のサイトにレシピが載っていたので、リンクしておくことにした。
下記のサイトのレシピでは作っていないけれど、インド料理教室も開いているというので、多分、美味しいんじゃないかな?
>> インド家庭料理 ラニ横浜 インドカレーレシピ


  1. 2007/09/05(水)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 ゴーヤー
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ゴーヤーもピーマンも伏見唐辛子も・・・

我が家のゴーヤーが順調に実を付けている。
大きくなるのを待って毎日見に行っていた時は、生育の遅い実だなと思っていたのに、見に行くのに飽きて、気を抜いていたら、あっという間に大きくなっていた。
今回の収穫は、ちょっと穫り遅れの、でかいゴーヤー。

でかゴーヤーを手に持って、何に使おうか考えた。
でかゴーヤーは、種の穴が大きいだろうから、ここに沢山の肉が入るなと思い、ゴーヤーの肉詰めに決定した。
でも、ピーマンも少しでも片付けなければいけない。出来れば、赤くなってしまった、伏見唐辛子も片付けたい。
そこで、考えついたのが、「ゴーヤーの肉詰め香酢あん掛け」。
ピリ辛のアン掛けにして、そのアンにピーマンを入れる事にした。

全て、その日に収穫した、トレトレ野菜達。
収穫した、トレトレ野菜達

これらを使った料理をご紹介。
私、ちょっと体重を減らしたいので、今回の肉詰めは、油で揚げないで、オーブンで焼いてみた。
以下、その様子。

[ゴーヤーの肉詰め香酢あん掛け]

<材料>
ゴーヤーの肉詰め:ゴーヤー/ひき肉/タマネギ/卵/パン粉/塩/胡椒
香酢あん:カラーピーマン/唐辛子/タマネギ/生姜/中華だし/酒/砂糖/醤油/塩/胡椒/香酢/水溶き片栗粉

肉の具011.まず、詰め物の具*を作る
ひき肉/タマネギのみじん切り/卵/パン粉/塩/胡椒をビニール袋に入れる
肉の具022.捏ね終わった具**
肉を詰めたゴーヤー3.ゴーヤーを7mm位に輪切りにし、種とワタをの除いておく
その穴の中に具を詰める
ゴーヤーをオーブンで焼く4.肉を詰めたゴーヤーをオーブンで焼く***
香酢アン5.香酢アンを作る
生姜とタマネギを炒め、カラーピーマンを加え軽く炒めた後、
中華だし/酒/砂糖/醤油/塩/胡椒を加え、
カラーピーマンが柔らかくなったら、香酢を加え、
最後に水溶き片栗粉でとろみを付ける
ゴーヤーの肉詰め香酢あん掛け6.オーブンで焼いたゴーヤーに香酢アンを掛けて、
ゴーヤーの肉詰め香酢あん掛けの完成


*塩と胡椒しか入っていないので、必要量解凍した後、料理によってスパイスや調味料を足したりして利用出来る。
**余った、詰め物の具は、平べったく伸ばして、冷凍しておくと、何かと便利。
ビニールを結ぶ都合があるので、なるべくビニールのクチ部分は汚さない様にしている。
ビニール袋の肉

***今回、ダイエットを考えているので、オーブンで焼いたけれど、肉を詰めたゴーヤーに小麦粉を振り、油で揚げた方が美味しかった。


食べ物を美味しそうに撮るのは難しい、なんだか、今回の完成写真は、不味そうだね・・・。
でも、食べるとゴーヤーの苦みと香酢の良い香りで美味しかった。
ゴーヤーを厚めに切ってあるので、ゴーヤーの味をしっかり味わう事ができる。
勿論、ゴーヤー嫌いの人は、絶対食べられない。

注意書きにも書いたけれど、肉詰めゴーヤーは、小麦粉を振り、油で揚げた方がゴーヤーも柔らかく仕上がり、美味しい。
舌は、カロリーの高いもののはうが、喜びを感じるのかな?
でも、オーブンで焼いた方が、カロリーはグッと下がるでしょうし、何と言っても後片付けが楽!
だから、私には、オーブン焼きの方がポイントが高いのだ。


  1. 2007/09/04(火)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 ゴーヤー
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。