スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

さつき(2) - サツキの剪定_剪定方法について

今年のサツキの剪定も、やっと終わった。
毎年毎年、父親の残した庭は、夏が近付くにつれ、手入れが大変になる。
特に、サツキの株はいくつもあり、背中や腕をパンパンにして、剪定しなければならず、本当に嫌になる。
何とか楽にならないかと、いつも思う。

そこで、今年は、サツキを去年より更に、思い切り縮小してしまった。
剪定で小さくする等という生易しい事ではなく、株の根ごと抜き取った。
これで、来年から、もっと楽になるはず。
そして、下が、その様子。

< A >
剪定前剪定後
剪定前剪定後


写真では、ちょっと判り辛いけれど、奥の株を抜き、手前の1列だけにしてしまった。


< B >
剪定前剪定後
剪定前剪定後


この場所は、普通に小さくしただけだけれど…
サツキの奥の地面が見えている所は、シートを張り、草が生えないようにしてしまおうと思っている。


< C >
剪定途中剪定後
剪定途中剪定後


剪定途中の写真で判るように、今年は、高さを半分くらいまで剪定してみた。
…と、言っても、去年より、5cm位短くしただけだけれど…
サツキが元気良くて、高さが倍近くまで伸びてしまったんだな…。



サツキは、生命力が強く、ザクザク上の枝を切り取り、後で根っこを抜いてしまおうと思っていても、復活してしまう。
<B>は、面倒だから抜いてしまおうと、上の枝を切り取り、ほぼ切り株状態にして、後で、根っこを抜こうと思っていたら、復活して1~2年後の姿。

抜いてしまおうと思ったものの、「無いと格好悪いな…どう見てもあった方がいいかな…」と、小さな株にして手入れをしている。
日本風の庭は、あるべき所に、あるものがあるようで…、取り去るのは難しい…。
もっと、手入れの楽な庭にしたいんだけどな…


そして…
ふ~。サツキの剪定も殆ど終わったな~。
…と、気持に余裕ができ、他所のサツキをフト見たら…

他所のサツキ

こんな具合に、花が前面に出て、株全体が花の色に染まっている。
普通の人は、きっと、普通に見ているサツキの様子だと思うけれど…

我が家のサツキは、変だった…
殆どの花が、見る見る葉の中に埋もれ、「良~く見ると花は咲いているね」…ってな具合に、潜ってしまった。
花芽の無い枝がグングン伸び、咲いた花を隠してしまったんだね…。

我が家のサツキ

何でかな?

肥料の種類を間違った?
肥料の時期を間違った?
剪定する時期や箇所を間違った?

原因は、何なのか?
…全部剪定が終わった後なので、手遅れかもしれないけれど、調べてみた。

まず、肥料の種類。
私が持っている、「 庭木・花木の手入れとせん定―身近な庭木129種の整枝・せん定がよくわかる!」には、下記のように書かれている。

寒肥
油かすなどの有機肥料と化学肥料を1~2握り

追肥
油かすなどの有機肥料と化学肥料を1~2握り



…これは、問題ない。



本を見ながら、やっているので、時期だって問題ないはず…
…って、よく見たら、寒肥はツツジには施すけれど、サツキは、5月中旬~6月中旬辺りの追肥しかラインが引かれていない…
サツキに寒肥もあげちゃったな…。
これがいけないのかな?
この必要の無い寒肥のせいで、枝が無駄に伸びてしまったのかな?




そして、サツキの剪定の時期については、以前、テレビを見ていたら、こんな内容の事を言っていた。

  • ツツジとサツキの花芽が作られる時期は、あまり変わらない
  • サツキは、花芽の出来始まる頃と、花の最後の頃は、重なってしまう
  • ツツジは、花が終わってから、花芽が作られるまで、時間があるので、花が咲き終わってから剪定しても問題ない
  • サツキは、勿体ないと思っても、花が終わりきる八割くらいで剪定を始めないと、次の花芽を落としてしまう事になる


上記の内容を裏付けるサイトを探してみたけれど、残念ながら見つからなかった。
…でも、テレビで見たんだな。ホントに…。
だから、サツキは、まだ花が終わりきっていないうちから、剪定し始めているので、剪定時期は問題は無いはず。




…すると、剪定する箇所を間違っているって事になるのかな?
検索してみると、下記を発見。

ただし、サツキの枝剪定には「新梢2芽残し1葉切り」とか「新梢元切り」とか「前年枝途中切り」とか、幾つもの専門的な枝の切り方があるのです。近くの同好の志と交流するのが一番の近道となるので、サツキの鉢をたくさん育てている人と、思い切ってお友達になることをお勧めします。

花いっぱい.com:サツキを思い切って切り詰めたいのですが、どのくらいまでなら切っても大丈夫なのでしょうか?(京都府、6月)



上記は、盆栽のサツキの事でしょうが、難しい…。
意味がわからない…。
でも、サツキ友達を作る程、本格的にサツキの栽培をしたい訳でもないし…



更に探すと、こんな記述も発見。

[Q] 皐月の枝の作り方を教えてください。

[A] 花後の剪定が大切です。
一カ所から数本出た枝は2本残します。その2本も枝もとに近い葉を2葉残して切りつめます(2芽2葉残しの剪定)6月中旬~7月上旬頃にすませると以後伸びた枝に来年の花芽をつけます。あまりおそくなると花芽がつきにくくなります。


群境介と幸子のミニ盆栽:ミニ盆栽Q&A:サツキの枝づくり



前述のサイトの「新梢2芽残し1葉切り」に近い切り方だね。
でも、我が家のサツキは、盆栽ではないし、こんなにサツキに優しい切り方をしている訳でもないしな…
もっと、ゴツく太い枝を、ガッシンガッシン切り詰めて、樹齢20~30年位のサツキの高さを半分~3分の1位にしちゃっているんだな…



もうちょっと、探すと、こんなのがあった。

サツキの剪定は普通は丸く玉型に刈り込みます!刈り込む時に中には太い枝がありますがその枝だけは深めに切り二度目の芽が出て同じ深さに切り戻す剪定です

園芸相談掲示板:さつきをきれいに咲かせるコツ



我が家のサツキは、これが原因かな?
太い枝から伸びた枝が、ググ~っと伸び、花を隠してしまったのだろうか?


おや?っと思ったのは、この掲示板では、寒肥をあげるように書かれている。

芽立ち前の施肥はされていませんよね?
油粕あたりを3月芽が伸びだす前頃にあげてください、お礼肥よりも大事な施肥です!



…どうなんでしょう?


試しに、今年は、
“太い枝を深めに切り、二度目の芽が出て同じ深さに切り戻し、寒肥は、あげる”
をやってみて、それでも来年、花が長く伸びた枝葉で隠れてしまったら、剪定は同じで、
“寒肥は、あげない”
をやってみるかな…

でも、フト思ったのは…
“二度目の芽が出て同じ深さに切り戻し”って、9月頃やる、格好悪くビヨ~ンと伸びた枝を剪定する、“飛び枝剪定”の事かな?
それだったら、やっているけど、それでも、更にその後伸びてしまうんだな…
太い枝の“深めに切り”の程度の問題かな?
もっと、思い切り深く切った方が良いということかな?

まあ、様子を見て、考えよう…



今回、文章中に出て来た本は、下記。
病気も害虫も施す肥料の目安も載っていて、私のような素人にはとても便利。

庭木・花木の手入れとせん定―身近な庭木129種の整枝・せん定がよくわかる!庭木・花木の手入れとせん定―身近な庭木129種の整枝・せん定がよくわかる!
(2003/06)
佐藤 勇武

商品詳細を見る



スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 サツキ・ツツジ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

さつき(1) - さつきの剪定

さつきの花も終わり、花後剪定の時期が来た。
父が趣味で作った庭を父が亡くなった後もずっと母と私で守って来たけど、春から秋まで大変!毎年の事だけど、次の日には、腕や背中が筋肉痛になってしまう。もう本当に、大変大変!

去年、あまりにも頭に来たので、全ての木を小さくすることにした。だから、さつきも去年から、強い剪定をしている。でも、剪定した後、ちゃんと肥料をあげたら、今年は、沢山の花を見せてくれた。

今年は、去年よりまたさらに小さくした。一昨年までの剪定時間より、今年はグッと短い時間で済むようになった。でも、切り過ぎたかな?来年は、咲かないかな?
今年の剪定は、こんな感じ。結果は、来年だ。どうかな?

さつき剪定前さつき剪定後
さつき剪定前さつき剪定後


Googleで“さつき 肥料 剪定”で、さつきの育て方が詳しく載っているサイトを見つけた。
>> なおの「趣味の園芸」:さつきの育て方
さつきとは、皐月と書くのか。
さつきのトップページのさつきのページに、“さつきとは「さつきつつじ」の略で、つつじ科つつじ属の植物です。普通のつつじより約1ヶ月遅く、旧暦の五月(さつき)ごろ花が咲くので、「さつき」といいます。”と書いてある。庭木の手入れの本は、何冊か持っているけれど、知らなかった。

世の中には、さつき掲示板などというものもあるんだね。盆栽のための掲示板のようだけど、皐月盆栽で悩んでいる人には、心強いね。

私は、花後剪定と秋にあまりにもみっともなく、びよ~んと伸びた枝を数本パチンパチンの2回剪定している。肥料は、本には、油かすなどの有機肥料と化学肥料を1~2握りと書いてあるが、去年は、油かすしかあげなかった。
今年は、切り過ぎたので、花後(今)と秋の追肥をちゃんとあげなくちゃ。でも、肥料をあげすぎると、つぼみが枯れて咲かなくなるらしい。あげすぎないようにあげなくちゃ…難しいね。





2008年版サツキの剪定のエントリーは、下記。
>> さつき(2) - サツキの剪定_剪定方法について





私が最近参考にしている本は、下記。
病気も害虫も施す肥料の目安も載っていて、私のような素人にはとても便利。

庭木・花木の手入れとせん定―身近な庭木129種の整枝・せん定がよくわかる!庭木・花木の手入れとせん定―身近な庭木129種の整枝・せん定がよくわかる!
(2003/06)
佐藤 勇武

商品詳細を見る


  1. 2007/06/20(水)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 サツキ・ツツジ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。