スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

ボタン(5) - 4月の牡丹の蕾と“摘蕾(てきらい)”と“ひこばえ”の事

牡丹の蕾は、日に日に大きくなっている。
我が家には、大きな濃い色の牡丹と小さい淡い色の牡丹の2株ある。
大きな濃い色の牡丹は、やっぱり蕾もドンドン大きくなり、小さい淡い色の牡丹は、やっぱり蕾も小さめ。
でも何故だか色は、淡い色の牡丹の方が、赤みが濃い。

大きな濃い色の牡丹の蕾小さい淡い色の牡丹の蕾
大きな濃い色の牡丹の蕾小さい淡い色の牡丹の蕾





見る度に大きくなって行く牡丹の蕾は、これからが凄く楽しみ。
でも、一つだけ残念な子がいて、日に日に、萎んでいる。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」という本に、“早く動いた芽は霜に当て続けると咲かなくなってしまう”と、書いてあったけれど、その通りのようで、11月末から動き出した芽は、他の芽が動き始めた頃から、茶色くなり萎み始めた。
今やこんな姿になってしまった。

萎んだ蕾



今年は、去年の6月の芽つぶしが上手にできたようで、蕾が沢山できている。
(詳しくは、「ボタン(4) - ボタンの剪定・葉刈り & その後の芽の様子」)
蕾が沢山出来て、最初の内は喜んでいたのだけれど…
2つの牡丹の株は、それぞれ22~23個の蕾をつけている。
蕾が大きくなって来て、不安になった。
なんだか…多すぎないか?
こんなにあって、イイのか?
…摘蕾(てきらい)するべきかな?



我が家の牡丹の株には、いくつ花を咲かせて良いのか…
調べてみても、“どれくらいの大きさの株には、いくつ花を咲かせて良い”なんて記述は、見つからない。
でも、こんな記述を発見。

273 :花咲か名無しさん[sage]:2005/04/21(木) 11:31:09 ID:mzQ3h1se
…省略…
>>272
 牡丹は肥料喰いですが花数を減らして体力を維持すると毎年咲きます。
普通の人は蕾を間引きしないので1年置きにしか花が咲きません。
 うちの島錦は今年7つ咲く予定なので来年どころか、再来年の花も微妙です。

2ch:牡丹について


どうも、鉢植えの牡丹の事を言っているようだけれども、やっぱり、沢山花を咲かせ過ぎると、翌年あまり咲かなくなるという事らしい。
来年あまり花が咲かなかったら寂しいな…



この2chをザザッと軽く見てみると、こんな記述があった。

569 :花咲か名無しさん[sage]:2007/03/29(木) 21:47:22 ID:HcdsuwJU
…省略…
牡丹の蕾は6月ごろから夏にかけてできるので、花が終わったら早めに
芽を摘んでおきます。残すのは新梢の下部の芽で、そこが来年の花芽になります。
その後晩秋から冬にかけて、残した芽の上(そこから上は花は咲かない)で
整枝すると、春にきれいな花を咲かせてくれます。

残す蕾の数によって花の大きさにも違いがでます。
きれいな花が咲くといいですねw

2ch:牡丹について

隔年開花

◆花が1年おきに開花する花の特性をいう。隔年開花する樹種は多くはない。ニホンシャクナゲ、コブシ、ツバキ、ボタンなどに生じる。
◆…省略…ボタンは、枝を多数発生するために花つきが悪くなる。花後に下方の芽2つぐらいを残して上方の芽をかきとる。一般的には、隔年開花を防ぐために上述の摘蕾をする。もう1つ、とくに鉢植えの場合には、花後の礼肥を忘れないことである。養分不足では翌年の花芽が形成されない。

庭木・草花を育てませんか♪[姉妹ページ]:ガーデニング用語解説 No.1



「2ch:牡丹について」には…
“牡丹の蕾は6月ごろから夏にかけてできるので、花が終わったら早めに芽を摘んでおきます”

「ガーデニング用語解説 No.1」には…
“花後に下方の芽2つぐらいを残して上方の芽をかきとる”

これらはどうやら、去年の6月に私が行った“芽つぶし”の事を言っているようだけど…
上記2つは、“摘蕾”として、“芽つぶし”を行っている…
そうだったのか…

私は、剪定の準備として、“芽つぶし”を行っていると思っていた。
それは、「ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」という本には、下記のように書かれていたから…

ほうっておくとどんどん頂芽だけが伸びて、ひょろひょろとした姿に育ってしまいます。そこで、花芽を充実させるためと、枝の間のびを防ぐ目的で、芽つぶしを行います。


“花芽を充実させるため”とあるので、これが“摘蕾”の意味だったということなのかな?
…という事は、蕾が開き始の“摘蕾”と、花後の6月の“芽つぶし”の“摘蕾”のダブルで“摘蕾”をするという事なのかな?


上述の「ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」という本には、下記のように書かれている。

摘蕾
花数を調整し、株の負担を軽減する作業が摘蕾で、苗木には欠かせない大切な作業です。
ただし、新しく伸び出た茎がまだ太りきっていない段階で、小さな蕾を切ってはいけません。
生育が止まってしまうからです。蕾がもみ出したころ、茎を10cmほどつけて切りとります。


摘蕾は、“苗木には欠かせない大切な作業”らしいので、我が家の古い牡丹には、必要ないかな?



“蕾がもみ出したころ”とあるけれど、我が家の小さい淡い色の牡丹の方の蕾がひとつだけ、“もみ出した”。

もみ出した蕾

この蕾がほころび始める事を“もみ出す”と言うらしい。
それにしても、…牡丹って、こんなに早く花が開いたかな?



そして…
濃い大きな花の方の牡丹は、毎年、根元から沢山のひこばえがニョキニョキ出て来る。
ひこばえとは、下記のようなもの…

ひこばえ
樹木の切り株や根元から群がり生える若芽。

園芸用語集 | ひ- タキイ種苗



いつも、この気持悪い程ニョキニョキ出ている“ひこばえ”の処理は、悩んでしまう。
でも、今年は、葉が生い茂ってからだと処理がし辛いし、確か…柔らかそうなひこばえの写真があって、“元からかき取る”って書いてあったよな…と、思い切って3月末の“ひこばえ”が柔らかい内にかき取った。

沢山のひこばえかき取ったひこばえ
沢山のひこばえかき取ったひこばえ




それなのに…
摘蕾(てきらい)について、調べている内にこんな記述をみつけてしまった…

5月 ひこばえ取り、支柱調節

6月 ひこばえ取り、支柱調節

hare Hare HARE 牡丹



あれれ…
5月、6月にひこばえ取り?
そんなはず無いでしょ?
本に、“柔らかそうなひこばえの写真があって、元からかき取る”って書いてあったでしょ…と、見直すと、私の記憶違い。

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」という本にも、6月にひこばえの整理の項目があった。

“柔らかそうなひこばえの写真があって、元からかき取る”は、シャクヤクの台木の芽の事だった…

それなのに…私ったら…
…大丈夫かな?
これから、蕾が大きくなって行く時期に、何か影響ないかな?
かき取ってしまったものは、もう、くっ付かない…






文中に出て来た本は、下記。

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



スポンサーサイト
  1. 2009/04/05(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ボタン(4) - ボタンの剪定・葉刈り & その後の芽の様子

今年も寒い中、ボタンの芽が頑張っている。

ボタンの芽 Aボタンの芽 B
ボタンの芽 Aボタンの芽 B


ボタンの芽Aは、濃い赤紫色の花の芽。
ボタンの芽Bは、薄いピンクの花の芽。
…花の色と関係があるのかわからないけれど、芽の色が違う。


どちらも葉刈りした葉柄(ようへい)がまだ、くっついたままだな…、と思って…
…フト、考えたら、剪定や葉刈りについて、アップしていない事に気が付いた。

かなり時期外れで、今更って感じの話題だけれど、折角写真を撮っておいて、それをただ捨ててしまうのも勿体ないので、剪定や葉刈りをした時の話を書いておこうと思う。



まずは、剪定の準備として、去年の6月に芽つぶしをした時の話。

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」によると、ボタンは、茎の先っちょの芽ばかりがドンドン伸びて、放っておくとヒョロヒョロの形になってしまうということなので、それを防ぐ為に茎の先っちょの芽を潰し、枝の元の方の芽を伸ばす必要があるらしい。
その方法は、本の文章を引用させていただくと、下記の通り。

方法は、今年伸び出た茎に発生した側芽を、ピンセットを使ってつぶします。



写真のように、基部の2~3の芽(○印の部分)を残し、上部の側芽を全部潰している。

芽潰し箇所

普通のピンセットを大きくしたような、園芸用のピンセットというものが売っているので、葉の裏に虫がいないか確かめて、ボタンの中に頭や腕を突っ込んで、“側芽”と呼ばれるものを潰している。
葉っぱが邪魔をして、作業し辛いけれど、なるべく根を痛めないように、株の端っこから、腕を伸ばし、ペチッペチッとやっている。
6月の作業は、この芽潰しのみで、剪定はしない。




そして、自分が9月下旬~10月に入ってから、行った剪定の時の様子。

下の写真は、剪定前のボタン。
2株の内のひとつは、あっという間に大量に発生するイラガの被害にあって、写真のように葉は黒くなってしまっていた。

イラガの被害の葉被害の株の全容
イラガの被害の葉被害の株の全容




まずは、葉の裏の刺されると痛~いイラガに注意して、6月に芽潰ししておいた上部の芽の無い部分を剪定。
切る位置は、芽の上1cm位の所。

芽の上で剪定剪定後
芽の上1cmで剪定剪定後


他にも、枯れ枝や込み過ぎた枝なども剪定しておく。



そして、葉刈りという作業をする。
この“葉刈り”は、「葉柄を少し残し、ハサミで切り落とす」ということ…らしい。

葉刈り後葉刈り後
葉刈り後葉刈り後




全て剪定し終えた我が家の2株のボタンの姿は、こんな感じ。

剪定後剪定後
剪定後剪定後




そして…
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」に、下記の事が書かれているので…

ボタンは切り口にカルス(癒合組織)ができにくく、枯れ込みやすいため…

切り口には、病原菌の侵入を防ぐために、つぎロウ、または木(竹)酢20倍液を塗っておきます。



枝の切り口に、ホームセンターで買って来た癒合剤をチョコチョコと塗って回って、剪定作業完了。
そして、肥料を施して、全ての作業は完了。
後は、3月の肥料の時期まで、何もすることはなく、ず~っとお休み。


…と、思ったら、この文章を書いている今は、2月なので、後ちょっとで肥料をあげなくちゃ。



文中に出て来た本は、下記。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



  1. 2009/02/07(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント1

ボタン(3) - 今年のボタンは、良くないボタン

今年の我が家の2株のボタンは、2株ともあまり良い出来とは言えなかった。

花が少ない樹形が凸凹
花が少ない樹形が凸凹


…残念。
6月の芽つぶしと、9月の剪定が上手くいかなかったみたい。
特に失敗したのが、濃い色の方のボタン。
花が少ないのに、枝葉が、込み過ぎて、凄く大きくワサワサしてしまった。
やっぱり、根元から出て来たいくつもの新しい枝のどれを切って良いのか判らず残したのがいけなかったみたい。
でも…、どれを切ったら良いのやら?

我が家には、バラの株がいくつかあり、それらは、私の担当。
そして、母親が、ボタンを担当していた。
でも、ウチの母親の管理の仕方が、あまりにも酷いので、一昨年から、ボタンの栽培にも出しゃばる事にした。
だから、どうもバラの育て方と混同して、迷ってしまう事がある。

バラみたいに、新しいものに更新し、株全体を新しく変えて行くのが、正しいのか?
古い枝は、太く立派な趣きがあるので、古いものを大事に育てて行くのが、正しいのか?

…普通に、ボタンを栽培している人だったら、何も迷う事ではないのかもしれない、でも、私は、バラの育て方が基準なので、どうしたら良いのか、よく判らない。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」という本を買い、参考にしているのだけれど、その辺りの事が書かれていないんだな…。
書いてあるのは、下記の4月の項。

植え替え、剪定、芽かきは行いません。
株元から、発生したシャクヤク台木の芽は、かき取ります(見分けがつかない場合は葉が開くのを待って行うのが安全)。



それと、下記の9月項。

葉刈りと同時に剪定を行います。枯れ枝や込みすぎた枝、伸びすぎた枝、6月に芽つぶしをしたあと、残しておいた上部の芽のない部分などを切り取ります。



我が家のボタンは、買ったものではなく、ご近所さんから、株分けして頂いたものなので、根元から芽が出て来ても、ボタンの芽のはずなので、かき取る必要はないはず。
だから、根元から出て来た芽は、残しておいた。

そして、9月の剪定の時に、悩んでしまった。
バラみたいに、更新するのかな?
でも、どう考えても、太くなった枝は、勿体なくて切れないな…。
来年になったら、この答えの正否は、判るだろうから放っておこう…なんて…。
だから、去年は、根元から、いくつも出て来た枝を残してしまった。

芽つぶしが上手に出来なかった上に、この9月の判断も大間違い。
ワサワサと枝も葉も込み込みで、花が少ない株と、凸凹の株ができてしまった。
失敗したな~。

今年も花が、終わりに近づいて来たので、そろそろ来年に向けての準備が始まる。
…来年こそは、良い見栄えにしたい。

濃い色の花は全て終わり薄い色の花も終わりに近づいた
濃い色の花は全て終わり薄い色の花も終わりに近づいた


今、我が家のボタンは、上の写真の状態になっている。
だから、花柄摘みをしなければならない。
前述の「ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」には、下記のように書かれている。

花がら摘み 花形がくずれかけてら、直ちに摘み取ります。この作業は翌年の花のよしあしにかかわる重要な作業です。



この花柄摘みは、“花形が崩れかけたら、早めに子房ごと摘み取る”らしい。
だから、写真の形が崩れた花は、今はもうない。

そして、お礼肥をしなければならない。
でも、雨が降って来てしまったので、また、後日。
前述の本の5月の肥料の項には、このように書かれていた。

肥料 花後、すぐに翌年の花芽形成がはじまります。そのための肥料分を必要とするので、3月より少なめにお礼肥を施します。



花がすっかり無くなった濃い色の方のボタンには、雨が上がったら、直ぐ、肥料をあげなくちゃ!
バラは、手入れに失敗すると、直ぐ結果が現れて面白いけれど、ボタンも、次の年に手入れの善し悪しの結果が大きく現れて面白い。
この後の、芽つぶし、葉刈り、剪定…、頑張らなくちゃ。




文中に出て来た本は、下記。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



  1. 2008/04/25(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ボタン(2) - 今のボタンの蕾の様子と寒肥のこと

我が家のボタンの蕾が大きくなり始めた。
ちょっと写真では、判り辛いけれど、今のボタンの様子は、こんな感じ。

ボタンの蕾

まだ、直径1.5cm位。
…何とも、愛おしい。
頑張っているな~。

このボタンに、春の肥料(寒肥)をあげた。
本当は、「ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」によると、お手製の“有機配合肥料”を施さなければいけないのだけれど、「今度時間がある時作ろう!」と心に誓いつつ、まだ作っていないので、無いよりはマシだろうと、“発酵済油かす”なるものをあげた。
…ごめんよ。ボタン君。

この有機配合肥料は、油かす、米ぬか、魚粉、腐葉土などで作る。
上記の本には、作り方が詳しく書かれ、とても親切なのだけれど…、1ヶ月掛かるとか、温度がどうとかで、火事に気をつけましょうとか、チト…面倒で、作ろうと心に誓っただけで、…どの位、月日が経ってしまったのやら…。

発酵済骨粉入り油かすとか、腐葉土とか、それぞれのパーツをバラであげて、有機の肥料をあげた気になって済ませている。
これでは、栄養素が足りないのでしょうけれど、どうしても、面倒なんだな…。
でも、今年こそ!!…作りたいな…と、…思うのだけれど…。


下記のNHK趣味の園芸は、大変親切。
私は、何かの苗を買う1年位前に、このシリーズの本を買い、じっくり頭の中でシミュレーションしてから、買っている。
本を見ているだけでも、育って行く様子が思い浮かんで、楽しい。(…って、変かしら?)

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



  1. 2008/03/18(火)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

ボタン(1) - 今年のボタンの作業

ボタンの葉刈りと剪定を9月の下旬に終えた。
ブログに書こうと写真を撮ったのに、中々アップ出来ずに1週間経ってしまった。
剪定は、こんな感じ。

ボタンの剪定前ボタンの剪定後
ボタンの剪定前ボタンの剪定後


葉の茎を少し残して、葉は全部きり落とし、伸び過ぎた枝を切り落とした。
そして、6月に目つぶしをした後の残りの芽のない枝の上部を、芽の上1cm残して切り落とした。
下記は、芽の付近の写真。

ボタンの剪定

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」を去年買ったので、去年からその通りの作業をしている。
去年から、春、花後、秋の剪定時(9月下旬)の肥料をちゃんとあげたら、今年、驚く程、新芽が出て来た。
込み入った枝は、切らなければいけないらしいけれど、適切な込み具合が判らないので、今年の剪定は、写真のようにしておいた。
明らかに、込み込みなのだけれど、怖くて剪定できない…。
失敗は、来年、現れるでしょう。
来年、様子を見て、込み具合の調整をしようと思う。

そして、我が家の古いボタン2株のうち、1株は、何故か毎年、カイガラムシが酷い。
その気持の悪い写真は、これ↓

ボタンのカイガラムシ

白いモワモワしているものが、カイガラムシ。
もっと、ズームインしたものもあったのだけれど、あまりにも気持悪いので、モワモワだけの写真にした。
カイガラムシ用の薬(マシン油:商品名:ボルン)を散布してみたけれど、まったく効かず、カイガラムシは元気なまま…。
仕方なく、棒の様なものでかき落としたけれど…、気持悪い!
あまりにも気持悪いので、途中、休みながら作業を続けた。
毎年、「オエッ!」だな。
何故、まったくカイガラムシ用の薬が効かないのか?
薬が効けば、「オエッ!」とならずに済むのに~!!

葉刈りの時に肥料もあげたので、カイガラムシを全部やっつけたら、今年のボタンの作業は終わり。
冬が近づくにつれ、一つづつ作業終了の植物が出て来て、これからは楽になるな~。


カイガラムシについての記述を発見。
>> カイガラムシの防除 | 育成上のアドバイス | 園芸サポート.com

ボタン一覧を見つけたので、リンク。
>> 大根島(松江市八束町)ホームページ:牡丹一覧



文中に出て来た本は、下記。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



  1. 2007/10/08(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。