スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

キャベツの栽培(2) - モヤシ苗になったサボイキャベツの収穫

今年の春、初のちりめんキャベツの育苗(いくびょう)を試みた。
(キャベツの種蒔きってものが初めてだけど…)

春蒔きのキャベツは、難易度が高いらしい。
家の光協会の「野菜づくり名人 虎の巻 2009年 02月号 [雑誌]」には、こんな事が書かれていた。

キャベツの原産地は、日本より涼しいヨーロッパです。地中海沿岸の気候は夏は乾燥し、冬は温暖で雨が降ります。そのためキャベツは冷涼な気候を好み、高温多湿では腐りやすい性質をもっています。生育適温は15~20℃です。

 春まきの場合は、生育期に病害虫の発生が多く、収穫期はキャベツが腐りやすい夏です。寒い時期から種をまくので、早く花芽が出来るおそれもあり、難易度が高くなります。



う~ん…素人は無理かな。
…と、思ったのだけれど、秋に買った苗の「イタリアンキャベツ」という名前のちりめんキャベツが美味しかったので、どうしても夏も食べたかった。(夏のキャベツは高いし…)
はじめての野菜づくり」という本には、こんな事が書かれていた。

夏に収穫したい
春まき品種の早生種を選び、暖かくなって箱まきしてビニールでおおうなど保温します。



…なるほど、春まき品種の早生種。

色々検索したのだけれど、“春まき品種の早生( わせ )種のちりめんキャベツ”は、見つからず…
“春まきもできる 中生 ( なかて )のちりめんキャベツ”を見つける事ができた。
見つけたタネは、タキイ種苗のサボイエース。

サボイエースの袋とタネタネの拡大
サボイエースの袋とタネタネの拡大


このタネの袋の裏には、「まきどきと収穫期」が書いてある。
私の住んでいる地域(中間地)の育苗期の所に、「温~冷床」と書かれていた。
温床とは、漢字の通り、暖かい床で苗を育てることで、昔ながらの方法としては、堆肥を作る時の発酵熱を利用して、苗を育てるらしい。

水をまきながら、落ち葉、鶏ふん、米ぬかをサンドウィッチ状に積んでいきます。これで数日後に発酵熱が出てくるので、それを利用して育苗します。外気温が低くても温床があれば、低温で枯死することなく苗は育ちます。

育苗の準備



私は、サボイエースの育苗ポットを3つだけ作ってみようと思っているので、ここまでの事はできない。
…でも、タネまき時期の印は、2月末になっている。
普通に外に置いてしまったら、芽は出ないんじゃないかな?
なるべく暖かい所…と、思って、部屋の中で育てる事にした。

予定よりちょっと遅れて、3月4日に育苗ポットにタネを蒔き、日当りの良い暖かい部屋の窓辺に置いてみた。
とても可愛がって育ててあげたつもりだったのだけれど、可愛がり方を間違えたらしい。
…モヤシ苗になってしまった。

双葉の時に茎がニョロ~成長しながらクネクネ~
双葉の時に茎がニョロ~成長しながらクネクネ~


グニョ~ンと曲がった苗が出来上がったけれど、4月12日に定植。
育苗ポットに3つに、3粒づつタネを蒔いたら、3粒とも芽が出た。
本当は、間引きして、1本にしなければいけなかったのだけれど、9粒しか蒔かなかったので、大きくなってきたら、食べながら少しづつ間引けばイイヤと、このまま定植してしまった。

クネクネ苗の3本入りポット定植した苗
クネクネ苗の3本入りポット定植した苗



写真を撮っても、防虫ネット越しで判り辛いけれど、スクスク育ってくれた。
…ポテッと倒れては、いるけれど

生育中のキャベツ



下の写真は、間引き代わりの収穫。
葉が巻き始め、小さなキャベツになっている。

間引きしたキャベツ



手前から順々に間引き代わりに1本づつ減らしながら収穫していったら、ヤッパリ成長の邪魔になっていたのか、手前から順々に大きさの差が出た。
…でも、キャベツは、大きくなり過ぎると、破裂してしまうので、収穫するタイミングがズレてくれて、ありがたい。



イイ感じに、サボイキャベツっぽいビジュアルになった我が家のキャベツ。

周りの葉付きのキャベツきれいにしたキャベツ
周りの葉付きのキャベツきれいにしたキャベツ




味は、残念ながら、去年の秋頃、ホームセンターで買ったエムソン企画という会社のイタリアンキャベツという名前で売っていた苗の方が、甘くて美味しかったと思う。

キャベツ・サボイエース|タキイネット通販」には、“生食・サラダに最適の中生多収種”とあるけれど、かなり固い食感なので、生食・サラダは、難しい感じがする。

育てた季節の違いも味に影響したのかな?
冬の間にゆっくりと育ったものと、夏にグオッと大きくなったものは、味が違うかもしれない。
野菜は、寒い時、自分の身を守る為に甘くなると言うし…

エムソン企画商品ラインナップによると、イタリアンキャベツの出荷期は、8月、9月となっているので、サボイエースも秋にまたタネを蒔いて、一緒に育てて味比べしてみようかなと思う。



その後…
いい感じにキャベツが収穫できて、満足していたら、近所のスーパーでキャベツが98円で売っていた。
…なんだ…夏のキャベツ、別に高くないのか
ちょっとガッカリした…
素人の私がいい感じに収穫できたなら…プロは、もっと簡単でしょうね…
当たり前だよね…

でも、3月4日にタネを蒔き、毎日のように窓辺で様子を見て、6月の中旬~下旬にやっと収穫できるようになった私のサボイエース君…結構時間が掛かった。
こんなに時間が掛かるのに、98円か…大変だね。




文章中に出て来た本は、下記。

はじめての野菜づくり―家庭菜園で楽しむ (主婦の友新実用BOOKS) (主婦の友新実用BOOKS)はじめての野菜づくり―家庭菜園で楽しむ (主婦の友新実用BOOKS) (主婦の友新実用BOOKS)
(2003/02/01)
新井 敏夫

商品詳細を見る



スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 キャベツ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント1

キャベツの料理(1) - サボイキャベツで、バーニャカウダ

前回、キャベツの栽培(1) - 初のサボイキャベツの栽培で、ちょっと収穫遅れのサボイキャベツの写真を披露したけれど、今回はそのキャベツを使った料理の話。

料理といっても、ただソースを作っただけだけれど…


サボイキャベツは、ネットで検索すると、“葉が堅いので生食には不向き”とか、“煮くずれしにくいので、煮込み料理向き”というような記述が目立つ。
でも、味付けをしたり、煮込んだりしてしまうと、サボイキャベツの味を楽しむ事ができない気がする。


サボイキャベツは、生でも甘い。
特に、葉の葉脈の主脈は、とても甘い。

主脈とは、下記のこと…

葉脈(ようみゃく)

vein, nerve, rib
葉身のなかの維管束(いかんそく)の部分。葉を丈夫にし、水や養分の通路の役目をしている。最も太い葉脈を主脈、それから分かれたのを側脈、細脈という。葉脈の配列にはイチョウなどの叉状脈(さじょうみゃく)、単子葉植物の平行脈、双子葉植物(そうしようしょくぶつ)の網状脈の3通りがある。

葉脈 - 園芸ナビ 花の園芸用語辞典

主脈  葉脈のうち、葉の中央を突っ切る、最も太いものをいう。

素人園芸解説 -私はこう育てる-:園芸用語解説(サ行)




サボイキャベツの主脈は、料理の時に、少しつまみ食いように切り落とし、ポリポリ食べている。
いつも「甘いな~。美味しいな~。」って思う。


この甘くて美味しいサボイキャベツは、やっぱり生が一番「へ~!!」って驚くと思って、バーニャカウダで食べる事にしてみた。
でも、外側の葉は、堅いので、内側の柔らかそうな葉をバーニャカウダに利用。

サボイキャベツの内側の葉



本当は、バーニャカウダポットという土鍋で、温めながら食べるのだけれど、今回は簡単に、バーニャカウダソースを作り、電子レンジでチンしてから、お皿に添えてみた。



以下、バーニャカウダソースの作り方。

[バーニャカウダソース]

<材料>
ニンニク…好みの量(今回は一人分を2片にしてみた)
牛乳…ニンニクが浸るくらいの量
アンチョビペースト…好みの量(塩気を見ながら)
オリーブオイル…好みの量(ニンニクペーストがヒタヒタになるくらいの量)


ニンニクを牛乳で煮る1.鍋にニンニクとヒタヒタの牛乳を入れ、弱火でコトコトニンニクが柔らかくなるまで煮る

※ニンニクに竹串がスッと通る位まで煮る
ニンニクを潰す2.柔らかくなったニンニクを取り出し、マッシャー等で潰し、ひとり分づつ器に入れる
アンチョビペーストとオリーブオイルを加える3.(2)の器にアンチョビペーストとオリーブオイルを加える
ペーストを混ぜる4.よく混ぜ合わせる

※この写真のオリーブオイルは、少な過ぎたので、後でオリーブオイルを足した
器に盛る5.サボイキャベツを適度な大きさに切り、茹でたジャガイモやニンジンやら、セロリやら…他の野菜を器に盛る

6.(4)のペーストにラップをかけ、電子レンジで、軽くコトコトするまで温めて、(5)の器に乗せて出来上がり



本当は、ニンニクペーストとアンチョビペーストとオリーブオイルを鍋の中で混ぜ合わせ、焦がさないようにコトコト温めてから、バーニャカウダポットに入れ、ロウソクの炎などで温めながら、野菜類を付けて食べる。…らしい。
時々、小さなフォンデュ鍋に入れて、コポコポさせながら食べている。
ちょっとイベントっぽくて、楽しい。
でも、小さなフォンデュ鍋を出すのが面倒な時(または、フォンデュ鍋のデザインが恥ずかしくて、ブログに出せない時)は、小さな器に入れ、電子レンジでチンしてから食べている。
ニンニクとアンチョビの香りが良く、「このソースは、美味しいね~!」と喜んでもらえる。

また、このソースは、フランスパンに付けても美味しい。
ただ、温めながら食べる時は、コポコポしているのは油なので、火傷には注意!
私は、ついウッカリ熱いままクチに入れてしまい、火傷してしまった…


作るのが面倒なら、市販のバーニャカウダソースはあるけれど…、デパートの輸入品はとても高い。
こんなのとか…

イタリア製バーニャカウダソース

新宿の某有名デパートで買ったイタリア製ものだけれど、35gしか入っていなくて、600円位だった…かな?
入っている物は、ニンニク・牛乳・アンチョビ・塩・オリーブオイル。
裏ごししてあるので、とてもなめらかに出来上がっている…でも、高いな~。


最近、近所のスーパーで見つけたバーニャカウダソースは、リーズナブルで80g入り、およそ300円。

キューピーのバーニャカウダソース

小麦粉やでん粉が入っていて、ちょっとモッタリした感じのソースになっていたり、上記の高い輸入ものや自分で作ったものと比べると、ちょっと違う味わいだけれど、面倒な時や時間が無い時は、これでチャチャッと済ませている。


  1. 2009/01/31(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 キャベツ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

キャベツの栽培(1) - 初のサボイキャベツの栽培

10月中旬頃に近所のホームセンターで、苗のラベルに「イタリアンキャベツ」と書かれたものが198円で売っていた(普通のキャベツの苗は、68円)。

ラベルの表は、こんな感じ。

ラベルの表


ついでに、ラベルの裏。

ラベルの裏


青山の紀伊国屋で輸入物の高~い、サボイキャベツ(ちりめんキャベツ)が売っていたのを見かけた事があるけれど、まさか、こんな近所で苗が売っているなんて…
「これは、是非買わなければ!」と、2株購入し、植えつけて、食べられるキャベツになるのを待っていた。

そのキャベツは、葉っぱをチリチリさせ始め、どんどん大きくなって行く。
嬉しいな~なんて思って見守っていた。
でも、…いつ、収穫したらいいのやら?


ラベルの裏には、このように書かれている。

植付けから約80日で収穫!裂球遅く、丈夫で作りやすい!!



…なるほど、80日ね。
「10月中旬頃に近所のホームセンターで買って植付けたから、収穫は12月頭かな~?」なんて、思っていた。
でも、11月の後半から、見た目が紀伊国屋でみたサボイキャベツと遠くなっていく。
葉っぱのチリチリが大きく雑になっていくような…?
異常にデカイような…?

大きくなっていく高いキャベツを見守っていたら、12月に入ったばかりのある日、ポテッと倒れていた。
…育ち過ぎ?
収穫時期を逃した?

倒れたキャベツ

仕方ないので、ポテッと倒れたキャベツを収穫してみた。

収穫したサボイキャベツ

身近で見ると、紀伊国屋の高いキャベツと別物の様子になってしまった。
収穫時期を間違えたんだな…、と思いつつ…
もうひとつの株を収穫できずに、かなり遅くなって(1月10日)になって、やっと収穫したら…
見た目は、普通の春キャベツに近い感じになってしまっていた。

収穫が遅れたサボイキャベツ

おまけに、少し割れてしまった…

キャベツの穴

このサボイキャベツは、普通のキャベツに比べ甘くて味がしっかりしていて美味しい。
ネットで検索してみると、埼玉県深谷市産のサボイキャベツは、350円で売っているようだけれど、オーストリア産は、1つ1365円なんてのを見かけた。
いくらなんでも1000円を超える程の味わいかは疑問だけれど、普通のキャベツより、味が濃くて、美味しいと思う。

私が購入した苗は、エムソン企画という会社のもので、エムソン企画商品ラインナップのページに、“全国の園芸店・ホームセンターで展開中!取扱店舗などのお問い合わせはこちらまで!”と書かれている。
興味があったら、栽培してみると良いかも…。


私は、初めてサボイキャベツを作ってみて、味をしめ、春にまた、種を蒔いてみようと思い、タキイ種苗株式会社から、キャベツ・サボイエースを購入してしまった。

キャベツ・サボイエースの種

2月末位から、温~冷床とやらで、タネまきできるらしい。
そして、この袋にも“定植後80日”と書かれている。

気になるのは、種の生産地が“フランス”ってこと…
上手く作れるだろうか?
もしも、上手くいったら、また、ブログに書くかもしれない。
…上手くできたらいいな

  1. 2009/01/30(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 キャベツ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。