スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

フジ(3) - 2年目の秋の剪定 & フジのツルのクリスマスリース

以前、「フジ(2) - 野田一歳藤の立木仕立ての夏の剪定後の姿」で、2年目の夏の剪定をした時の話を書いたけれど、今回は、その後の秋(冬)の剪定の話。

私は、「フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本の立木仕立ての方法を参考にフジの管理をしているのだけれど、前回までの話をザックリと書いておくとこんな感じ。

苗を購入後の初の剪定
本には、こんな記述。

1年目
30cmくらいに切り詰めた苗木を植え、つるを1本だけ伸ばす


…だから、そのように剪定したのに
最初の一歩で失敗し、根元付近まで枯れてしまった (T_T)
          ↓
諦めかけた所で、“ひこばえ”と“ヤゴ”がニョロニョロ生えてきた
          ↓
どちらを活かして形を作れば良いのか決断できず…
“ひこばえ”と“ヤゴ”の2本立てで1年目の秋の剪定
本には、こんな記述。

1年目の秋
落葉したら、つるを1.5~2mの高さで切る


ちょっと心配だったけど、剪定したら…
フジは主枝2本(“ひこばえ”と“ヤゴ”)から、いくつものツルを伸ばし、ワサワサとした姿になり、無事元気に成長 (^_^)v
          ↓
本の2年目の秋には、こんな記述。

2年目の秋
主枝にする枝を3~4本伸ばし、ほかは切り除く。落葉後、残した主枝を20~30cmの長さに切り詰める


“主枝にする枝を3~4本伸ばし、ほかは切り除く”
上記の記述は、2年目の夏と解釈し、夏の剪定を実行

夏の剪定をする前に見た、テレビのアドバイスも考慮して剪定
それは、こんな感じ…、みたいな…

「夏にツルを切ってはいけない。どうしても邪魔になるようなら、ツルの先端を50cm位切るだけにして、後は、他のものに巻き付かないように、フジのツルをクルッと巻いて止めておきましょう」



…ということで、剪定し、先っちょをクルリンと止めておいたフジ。

フジの立木仕立て

何となく、立木仕立てっぽい感じになって来たような…


…ここまでが、前回の7月のフジのエントリー





夏の剪定でクルリンと止めておいたツルは、その後もニョロニョロ伸びるので、その度にクルリン…、クルリン…
その内になんだか、リースみたいになってきた。
今年は、フジの剪定を12月にして、クリスマスリースとして、剪定した枝を利用する事にするかな…
…と、なるべく奇麗に、クルリン…、クルリン…と巻き続けた。

下は、まだフジの葉が緑色だった9月頃の写真。
わりと奇麗にクルリン…、クルリン…って感じに見えた(バックが緑で、葉も緑で何だか判らないけれど)。

巻き付けた立木のツル


挿し木から鉢植えにした方のフジもクルリン…

巻き付けた鉢のツル



落葉すると、ツルの形が判る写真になって、こんな感じ。

落葉した立木のツル

…意外に上手く巻けていなかった。



フジ全体の姿は、こんな感じで、あちこちでクルリン、クルリン。

剪定前のフジ全体の姿

すっかり落葉したので、「フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本の立木仕立ての方法の2年目の秋の剪定の文章の後半、“落葉後、残した主枝を20~30cmの長さに切り詰める”の部分を実行することにした。

上記の本によると、剪定の時の時期や注意は、こんなことらしい。

剪定の時期は、落葉後~3月上旬
つぎ木用、さし木用の穂木の採取と貯蔵の適期は、2月


そして、枝は、外芽(木の外側に向かって伸びていく芽)のすぐ先で、直角に切る。

直角に切る

正しく切らないと、残した芽が枯れてしまうこともあるらしい。



我が家のフジは、仕立て始めなので、当てはまるか判らないけれど、本来は…
“樹形よりも花芽優先で、一枝に花芽を3~4個残して切る事を基本”
…らしい。

この“花芽”については、「フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」に、こんな事が書かれている。

花芽は葉芽に比べて大きく、ふっくらしています。ヤマフジ系は区別しやすいのですが、ノダフジ系やシナフジ系はわかりにくいようです。



我が家のフジは、“野田一歳藤”。
花芽は葉芽のわかりにくい、ノダフジ系。
下が花芽が付きそうな枝の芽。

芽芽


…確かに、よく判らず、全部ふっくらした芽に見える。
「おお!全部、花芽じゃないの~?」とか、期待してしまう。

色々な枝の芽を見ても、花芽と葉芽の差がよくわからない。
上の写真のどれかは花芽だと思うのだけれど、どれ?

…まぁ、そんなよく判らないままだけれど、一応、花芽っぽい芽を残す事ができて、剪定完了。

剪定完了

結果は、来年の夏。
花が咲いたら嬉しいな…




そして、ここからは、ちょっと今更って感じの、クリスマスリースについて…

フジの剪定したツルは、こんな感じでクルリン

剪定したツル

これをほぐしながら、何本かのツルを巻き付け、輪の厚みを出して、クリスマスリースのベースが出来上がり。

クリスマスリースのベース

このクリスマスリースは、剪定ホカホカのツルで作ったので、芽がいくつも混じっている。

クリスマスリースの芽




クリスマスリースというとドアに取り付けるタイプのものをイメージするけれど、どうやらあれは、アングロサクソンの習慣で、フランスでは違うらしい。

伝統的なフランスのクリスマスリースにはロウソクを立てる

フランスのクリスマスリース「待降節の冠」は、天井から吊るすか、家具の上に置くか、テーブルの中央に置くというのが伝統的な形だそうです。

フランスのクリスマス:クリスマスリース Couronne de l'Avent




ついでに、クリスマスリースって、元々は何だろう?って思って調べてみた。

リースはJohann Heinrich Wichern という人が作ったものです。彼はハンブルグの教育者であり、また神学者で、貧しい子供達を受け入れ、世話をしていました。
子供達が、待降節の間、いったいいつになったらクリスマスになるのかと、何度も尋ねるので、彼は1839年に、木の輪(王冠)をつくり、それに19個の小さな赤いロウソクと、4個の大きな白いロウソクつけ、毎朝、小さなロウソクに火を灯し、日曜日ごとに大きなロウソクに火をつけました。
今では、クリスマス前、毎週日曜日につけるロウソク4つだけが残っています。
なので、リースは、カレンダーのように、クリスマスを待つ方法なのです。

クリスマス・リース La couronne de l'Avent.  フランスブログ 阿佐ヶ谷




その意味については、こんな記述を発見。

はじめも終わりもない丸い輪は「永遠」を表します。

ヒイラギの葉は、十字架にかけられたキリストのいばらの冠であり、
「受難」を意味します。

また、ヒイラギやモミ、松、月桂樹などのは、
雪に覆われた厳冬期にも緑を保つ永遠の緑、エバーグリーン
つまり「永遠のいのち」のシンボルでもあります。

赤い実は、十字架で流された「キリストの血」また「神の愛」を表します。

金色は、明るく輝く神様からの「光」と「希望」を表しています。

[blog] クリスマス・リースの意味 - ミシガン便り





ウチのおじさんは、フランス人なのでテーブルに置くタイプのクリスマスリースにすることにした。
まずは、金色のライン入りのリボンを巻いて、赤いリボンを飾ってみた。

金色のライン入りのリボンを巻いて赤いリボンを飾る

…なんとなくソレ風な感じ。

後は、取り敢えず常緑樹として、ローズマリーを利用することにして、真ん中に普段使っているアジアンなランタンを置いて、こんな感じ。

クリスマスリースとキャンドル

薄暗い中では、イイ感じだったけど…、写真で見ると…うむむ…なんだかな~
でも、まぁ…、なんとなくテーブルが賑やかになり、喜んでもらえたので…、成功…だな


ローズマリーは、食事が終わった後、リースから外して水に指して、料理用に保存。

ローズマリー

そして…
クリスマスリースのフジのツルは、重い鍋で重しをして、カタカタしないように平らにして、鍋敷きに使う事に…
無駄の無いクリスマスリースだったりして…





今回、文章中に出て来た本。

フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)
(2002/04)
川原田 邦彦

商品詳細を見る



スポンサーサイト
  1. 2009/12/27(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 フジ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

フジ(2) - 野田一歳藤の立木仕立ての夏の剪定後の姿

今回は、今年の2月、「フジ(1) - 野田一歳藤の立木仕立てに挑戦…でも、悲惨」で残念な姿になったフジの夏の剪定の話。


ざっと、現在までの我が家のフジの受難を説明しておくと、こんな感じ。

ネット通販で購入し、届いたのは、変な形の苗。

野田一歳藤の苗

その上、私がグズグズしていて、3月上旬のまだ芽が動き出す前に、植えなければいけなかったのに、苗が届いたのは、3月中旬。

おまけに…、植えつけの時の初めての剪定で失敗してしまった。
フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本の、立木仕立ての方法の下記の文章の通り剪定したのに、…時期が悪かったみたい。

1年目
30cmくらいに切り詰めた苗木を植え、つるを1本だけ伸ばす



“30cmくらいに切り詰め”…で、芽が全て枯れてしまい、その位置から生えて来るはずの1本のつるが出て来なかった。
元々、苗の状態が良くなく、貧弱な枯れそうな芽しか無かったので、なるべく多くの芽を残す為に、ヘンテコな形を我慢したというのに、ダメだった。

剪定した苗



でも、その後、ヤゴとひこばえが出てきたので、それを活かして立木仕立ての形作りを再開。
上記の本の“1年目の秋”と書かれた作業を2月に行った。

1年目の秋
落葉したら、つるを1.5~2mの高さで切る



その気の毒なスタートを切った2月の時の姿が、下の図(写真だと判り辛いので、ツルに色を付けた)。

剪定したフジの全体の色付け

赤い方のツルは、“ひこばえ”
緑の小さいものが、元の苗の残骸と“ヤゴ”。
あ~あ…

…ここまでが、前回の2月のフジのエントリー。



上記では、“ひこばえ”と“ヤゴ”は、別物として書いているけれど、“ひこばえ”と“ヤゴ”の記述は、調べてみると、こんな風に書かれているものもある。

ひこばえ【ヒコ生え】
ヤゴ芽、シュートともいう。叢性の(低木性で株立ち状で自生している)樹種で、樹の足元から不定芽が生えてくること、またはその芽。

Weblio 辞書:ひこばえ とは


または、“ひこばえ(ヤゴ)”と書かれているサイトもあるけれど…
私が参考にしている、「フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本には、下記のように記述されている。

幹や主枝から発生するつるをヤゴ、根元から発生するつるをひこばえといいます。


だから、ここでは、“ひこばえ”と“ヤゴ”は、別物という意味で書いている。




その後、フジは主枝2本から、いくつものツルを伸ばし、ワサワサとした姿になり、無事元気に成長してくれた。
(その姿を撮影したのだけれど、…バックに芝生があり、細いツルがモジョモジョしている写真は、判り辛く、ただ全面的に緑にしか見えなかったので、写真は披露しない事にした)

細いツルがモジョモジョしているフジの剪定は、6月の上旬~中旬あたりにやってみた。
上記の本の立木仕立ての方法のページには、作業時期が、“2年目の秋”となっているのだけれど、文章を読むと夏と秋の作業じゃないのかな?と思い、勝手に2年目の夏の剪定をしてしまった。
それは、こんな文章なのだけど…間違ったかな?

2年目の秋
主枝にする枝を3~4本伸ばし、ほかは切り除く。落葉後、残した主枝を20~30cmの長さに切り詰める



落葉前に、主枝を3~4本にするって言う事…じゃないのかな?
…間違っていても、もう、剪定してしまったけど



そして…
夏の剪定をする前に、テレビを見ていたら、偶然フジの剪定をやっていた。
「夏にツルを切ってはいけない。どうしても邪魔になるようなら、ツルの先端を50cm位切るだけにして、後は、他のものに巻き付かないように、フジのツルをクルッと巻いて止めておきましょう」…みたいな事を言っていた。
だから、ニョロニョロ伸びて、近所の木や芝生に巻き付いているツルの先端をつまみ、紐でクルリンと巻いておいた。


いつもの事だけれど…、先端をつまみ、ツルをクルリンと巻いておいた後で、…この記憶を裏付けるものはないかと探したら、下記のサイトにあった。(何故、いつも調べるのはやってしまった後なんだか…)

 夏の剪定は樹形の骨格を作ると同時に花芽をたくさん付けさせる目的で行う軽い剪定です。
 春から夏に伸びた枝の中で充実した短い枝に翌年の花芽を付けます。放任しておくとつるは長くぐんぐん伸びますが肝心の花芽が少なくなります。というのは、茎葉を伸ばす「栄養生長」が旺盛になると花や実を育てる「生殖生長」が弱まるためです。
 翌春咲く花芽が形成されるのは7月下旬から8月にかけてですので、伸びる勢いの強い枝があれば7月上旬頃につるの先端を切るか手で摘み取り、つるがそれ以上長く伸びないようにし「栄養生長」を抑え「生殖生長」を促してあげます。

フジ(藤)の育て方|ヤサシイエンゲイ

6月のお手入れ
○盛んに伸びるツルは如何したら?
 5月に花柄を落とし十分に花後の剪定をした藤は、もう切らないほうがよいでしょう。
 切ればそこから 伸びだすのが藤のツルです。
 花芽の付かない原因の一つが夏にツルや葉を切ってしまう方が多いようです。
 今年は伸びたツル先だけをつまみ止め、伸びたツルを束ねておき元から切るのを我慢してみて下さい。

藤のお手入れ歳時記





…なるほど。
夏の剪定のポイントは、こんな事なのね。

・樹形の骨格を作ると同時に花芽をたくさん付けさせる目的で行う軽い剪定

・7月上旬頃につるの先端を切るか手で摘み取り、「栄養生長」を抑え「生殖生長」を促す

・花芽の付かない原因の一つが夏にツルや葉を切ってしまうこと



テレビで見た時の記憶は、まあまあ、合っていたけれど、つるの先端を切るのは、“7月上旬頃”だったらしい。
…ちょっと、時期を間違えてしまったけど、まぁ、問題ないでしょう。



…ということで、剪定し、クルリンと止めておいたフジ。

フジの立木仕立て

何となく、立木仕立てっぽい感じになって来たような…


ただ、主枝がヤゴとひこばえ。
赤い方が、主枝がひこばえのもの。
青い方が、主枝がヤゴ。
緑色の小さいのが、元の苗の残骸。

ヤゴとひこばえの主枝、…どちらを選んだら良いのか迷ったまま、2本を残してあるので、各3~4本づつツルを伸ばしてある。
ヤッパリ、主枝は1本にしなきゃいけないだろうな。
…でも、どちらを選んだら、マシなのだろう?



“翌春咲く花芽が形成されるのは7月下旬から8月にかけて”ということなので、これからの我が家のフジの為に、花芽の見分け方が親切に書かれているサイトを見つけたので、リンクしておく。

>> 藤の剪定

でも、立木仕立ての途中だし、2年目の秋の剪定は、“落葉後、残した主枝を20~30cmの長さに切り詰める”とあるので、花芽は残せないのかな?
…ちょっと寂しいけど、仕方ないのかな?







今回、文章中に出て来た本。

フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)
(2002/04)
川原田 邦彦

商品詳細を見る




  1. 2009/07/05(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 フジ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント2

フジ(1) - 野田一歳藤の立木仕立てに挑戦…でも、悲惨

去年、我が家の庭に新しい苗が仲間入りした。
野田一歳藤(のだいっさいふじ)、別名、黒龍藤(こくりゅうふじ)という、フジ。
棚を作らずに、立木仕立てのフジを作ろうと、本やネットを見て検討したけれど、結局、一番よく見かけるフジに決めた。

でも、近所のホームセンター数店でフジを探したのに無い。
本当は、直接自分の目で見て購入したかったのだけれど、仕方ないのでネットで注文した。
近所のホームセンターで探すのに時間を掛け過ぎて、遅い注文となった。
届いたのは、下の写真の苗。
なんか変な形の苗が届いた。
…やっぱり、自分の目で見て買いたかったな~

野田一歳藤の苗

このフジは、6号ポット。
3月上旬のまだ芽が動き出す前に、植えなければいけなかったのに、苗が届いたのは、3月中旬。

今頃植えて、大丈夫かな~?
もっと早くちゃんとした苗を見つけていれば良かったのにな…、ダメだな~私…
…と、考えている時に別のホームセンターへ行ったら、そこでフジの6号ポットが売っていた。

ネットで購入代金、2940 円+630円で、合計3570円。
ホームセンターでは、1980円。
おまけに、ホームセンターの苗の方が、形も良い…

ショック!
フジが届いた後、ホームセンターで見つけてしまうなんて…。
心配しながらも、頑張ろうと思っていた気持に水を差され、後ろ向きな気持…
それでも、自分を励ましながら、苗を植えつけ、棚を作らないで、立木仕立てにするために作業開始。



フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本には、立木仕立ての方法として、下記のように書かれていた。

1年目
30cmくらいに切り詰めた苗木を植え、つるを1本だけ伸ばす



そこで、購入した苗を植えた後、剪定したのだけれど、変な形の苗で、メインとなる枝には、変な所に貧弱で死にそうな芽があるだけ…
変な時期に、変な所で切っちゃって…大丈夫かな~と思いながら作業を済ませた。

剪定した苗

心配なので、予備の芽をいくつか残しながら、変な形に出来上がって、作業完了。
なんだかな~
これは、この後どんな成長をしていくのかな~
がんばれよぉ~



…そしたら
芽が、枯れちゃった…
…スッカリ、意気消沈

やる気なし…
…で、フジについては、1年ブログにアップしないで放っておいた。



そして、1年後。
苗の上の方の芽は、完全に枯れてしまい、苗の下の方から、2本のツルと地面から3本のツルが伸びている。

伸びたツルツルの根元部分
伸びたツルツルの根元部分


変な形ながらも、ツルが伸びて来たので、取り敢えず、やる気も復活。

フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)」という本の、立木仕立ての方法の1年目の秋の項目には、下記のように書かれていた。

1年目の秋
落葉したら、つるを1.5~2mの高さで切る



1年目の秋の剪定というのは、どうやら、落葉してから、3月上旬までの剪定の事らしい。
今回、剪定するだけではなくて、また剪定で失敗して、どうにも取り返しのつかない形になってしまった場合を考えて、挿し木にして増やそうとも考えた。



まずは、剪定後のフジの様子。

剪定した根元剪定した根元の様子

立木仕立てにする場合、本当は、苗の植付けの時に30cm位で切り、ツルを1本だけ伸ばし、そのツルを1.5m~2m位で切る…はずだったのに…
苗の3cm位の変な位置から出ている貧弱なツルと、地面からニョロニョロと出ている“ひこばえ”を残さなければならなくなった
剪定したフジの全体剪定したフジの全体

仕方なく、根元から出ている“ひこばえ”をメインとして仕立てる事になった
心配なので、元の苗の3cm位の変な位置のツルも予備で残してみた
剪定したフジの全体の色付け上の写真に色を付けてみたもの

赤い方は、地面から出て来た“ひこばえ”
緑の方は、苗の3cm位の位置から出て来たツル


上の写真の緑の方のツルは、あまりにも位置が悪く、貧弱。
赤い方のツルは、“ひこばえ”
…なんだか、前途多難の様子になってしまった。

地面からニョロニョロ出ているこのツルは、野田一歳藤なのかな?
…台木の別のフジだったりして
などと心配になったので、緑の方の貧弱なツルも残してみたけれど…
今後どんな風になっちゃうんだ…




次は、挿し木用の準備の事。

挿し木は、“旧年枝ざし”と、“緑枝ざし”という2種類があるらしい。
今回の落葉してから、3月上旬までの休眠中に枝を採取して、挿し木にする事を“旧年枝ざし”と言うらしく、挿し木用の枝を“穂木”と言うらしい。

そして、その“穂木”の採取と貯蔵という項目を見ると、“適期=2月”とある。
剪定した枝を適度な長さに切って、濡らした新聞紙に包み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で貯蔵しておくらしい。

剪定したツルビニール袋の穂木
剪定したツル濡れた新聞紙で包み、
ビニール袋に入れ、冷蔵庫で貯蔵



以上が、フジの苗の植付け、最初のツルの剪定、挿し木の穂木の準備の様子。
全体に「あ~あ」って言う展開…
まぁ…
期待しないで…、何となく…、がんばろぉ~





文章中に出て来た本。

フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)フジ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)
(2002/04)
川原田 邦彦

商品詳細を見る



  1. 2009/02/21(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 フジ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント5

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。