スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

キュウリの料理(3) - デザート編 v2008

今年のキュウリは、毎日毎日、ホントに良く実がなって、嬉しいやら困ったやら…
ありとあらゆる物にキュウリを使い、食べ尽くしてやろうと思っても、まだ、キュウリは残ってしまう。
そこで、デザートも、キュウリにした。

前回アップした、キュウリの冷製スープを作っていて思いつき、ペーストにしたキュウリを使い、試行錯誤の上ゼリーを作った。
また、そのゼリーと材料は同じで、シロップ煮にしたものと、それのアレンジ版の3品を今回アップしてみた。

正直、キュウリの好き嫌いの微妙な人には、今回のゼリーはどうかな?って思うけれど、チャレンジしてみても、良いかもしれない。
また、キュウリシロップ煮の方は、シロップに半日くらい漬けてから食べた方が美味しいと思う。
ゼリーもシロップ煮も、万人向けのデザートではないかもしれないけれど、「へ~!これがキュウリ?」って感じの味。
ウチの母親は、「美味しいね~!」と喜んでいた。
…って、全体に微妙な書き方?



以下、それぞれの作り方にジャンプ出来るように、してみた。

<キュウリのデザート編>
キュウリのゼリー01キュウリのゼリー02キュウリのシロップ煮01キュウリのシロップ煮02
キュウリのゼリー
果肉入り
キュウリのゼリー
果汁のみ
キュウリのシロップ煮
キルシュワッサー風味
キュウリのシロップ煮
桂花陳酒風味




以下、それぞれの作り方。

○キュウリのデザート編

[キュウリのゼリー:果肉入り]
キュウリのすりおろしを使っているので、少し、ザクザク感がある。
キュウリの存在感が欲しいならこちらのゼリー。

<材料>(およそ250cc分)
・キュウリ…2本
・ゼラチン…5g
・水…100cc
・はちみつ…50g
・レモンの絞り汁…半個分
・レモンの皮の黄色い部分のすりおろし…半個分
・キルシュワッサー…大さじ1くらい(好みの量)

ゼラチンを煮て溶かす1.ゼラチンを分量の水で煮て溶かし、室温位まで冷ましておく
材料を混ぜる2.「1」と、すりおろしたキュウリ、ハチミツ、レモンの絞り汁、レモンの皮の黄色い部分のすりおろしを混ぜる
氷水で冷やす3.「2」のままでは、分離してしまうので、氷水で、軽くとろみが付くくらいまで、混ぜながら冷やす
出来上がり4.器に入れ、冷蔵庫で冷やし、好みでホイップした生クリームを乗せ、完成

▲キュウリのデザートメニュー







[キュウリのゼリー:果汁のみ]
キュウリの果汁のみを使っているので、見た目は普通の緑のゼリー。
キュウリ感は少なく、キュウリとメロンの中間のような…という感じかな…
作り方は、キュウリのすりおろしが、キュウリ果汁に変わっただけで、基本的には、上記[キュウリのゼリー:果肉入り]と同じ。

<材料>(およそ250cc分)
・キュウリの果汁…100cc
・ゼラチン…5g
・水…100cc
・はちみつ…50g
・レモンの絞り汁…半個分
・レモンの皮の黄色い部分のすりおろし…半個分
・キルシュワッサー…大さじ1くらい(好みの量)

ゼラチンを煮て溶かす1.ゼラチンを分量の水で煮て溶かし、室温位まで冷ましておく
キュウリの果汁2.「1」と、キュウリの果汁、ハチミツ、レモンの絞り汁、レモンの皮の黄色い部分のすりおろしを混ぜる
出来上がり3.器に入れ、冷蔵庫で冷やし、好みでホイップした生クリームを乗せ、完成

▲キュウリのデザートメニュー







[キュウリのシロップ煮-キルシュワッサー風味]
このシロップ煮は、作りたてよりも、シロップに漬けたまま良く冷やし、半日くらいしてからの方が美味しい。
上のゼリーと同じ材料で、キュウリを煮て作ったもの。
レモンの絞り汁やリキュールは、好みで調節した方が、良いかな…

<材料>
・キュウリ(皮や種部分を除いて)…200g(今回は、大きいサイズのキュウリ2本)
・水…100cc
・はちみつ…50g
・レモンの絞り汁…半個分(好みの量)
・レモンの皮の黄色い部分のすりおろし…半個分(好みの量)
・キルシュワッサー…大さじ1くらい(好みの量)

キュウリの大きさ1.左の2本が、今回のシロップ煮に使った、畑で穫り遅れて大きくなってしまったキュウリ

※右のキュウリは、大きさ比較の為に、スーパーで売っているくらいの大きさのキュウリを並べてみた
キュウリの切り方2.キュウリはピーラーで皮を剥き、種の部分をスプーン等で取り除き、好みの大きさに切る
キュウリをシロップで煮る3.水・はちみつを鍋に入れ、沸騰したら、「2」のキュウリを入れ、煮る
キュウリの煮上がり4.キュウリが柔らかくなったら、火を止め、レモンの絞り汁・レモンの皮の黄色い部分のすりおろしを入れ、少し冷めたら、キルシュワッサーを入れる
キュウリをシロップに漬ける5.容器に入れ、冷蔵庫で冷やす

※半日くらいしてからの方が味が染みて美味しい
出来上がり6.器に盛り、好みでホイップした生クリームを乗せ、完成

▲キュウリのデザートメニュー







[キュウリのシロップ煮-桂花陳酒風味]
このシロップ煮も、作りたてよりも、シロップに漬けたまま良く冷やして、半日くらいしてからの方が美味しい。
こちらも、レモンの絞り汁・レモンの皮の黄色い部分の千切り・ショウガの千切りリキュールは、好みで調節してね…

<材料>
・キュウリ…200g(今回の写真は、特大サイズのキュウリ2本)
・水…100cc
・砂糖…50g
・レモンの絞り汁…半個分(好みの量)
・レモンの皮の黄色い部分の千切り…2分の1個分(好みの量)
・ショウガの千切り…1カケ(好みの量)
・桂花陳酒…大さじ1くらい(好みの量)
※桂花陳酒については、一番下に説明のリンクを付けてみた

シロップを作る1.リキュール以外の材料(水・砂糖・レモンの絞り汁・レモンの皮の黄色い部分の千切り・ショウガの千切り)を鍋に入れ、沸騰させる

※シロップが少し茶色いのは、三温糖を使ったからなのね…
キュウリをシロップで煮る2.[キュウリのシロップ煮-キルシュワッサー風味]と同様に皮を剥き、種部分を取り、好みの大きさに切ったキュウリを「1」の鍋に入れる
キュウリの煮上がり3.キュウリが柔らかくなったら、火を止め、桂花陳酒を入れる
キュウリをシロップに漬ける4.容器に入れ、冷蔵庫で冷やす

※半日くらいしてからの方が味が染みて美味しい
出来上がり5.器に盛り、好みでホイップした生クリームを乗せ、完成

▲キュウリのデザートメニュー






桂花陳酒

桂花陳酒 - Wikipedia」によると、桂花陳酒(けいかちんしゅ、Kuei Hua Chen Chiew)は、“白ワインにキンモクセイの花を3年間漬け込んだ中国の醸造酒である”とある。
とても香りが良く、ゼリーを作る時の香り付けに便利。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/01(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : キュウリの料理
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

キュウリの料理(2) - 冷製スープ編 v2008

今年のキュウリは、猛烈に実がなって、何をどう頑張っても食べ切る事ができない。
…ホント、もの凄い収穫量なんだな…。
だから、少しでも多く食べようと、ありとあらゆる物にキュウリを使い、様々なキュウリ料理を作っている。
今年、作ったスープが良い出来だったので、アップしてみたいと思う。

今回のキュウリのスープの参考にしたレシピは、下記2つ。
きゅうりの冷製スープ 【ヤマサ醤油株式会社】
きゅうりのガスパチョ レシピ(セニョーラ・あ~の気ままな食卓「おうちで楽しくスペイン料理」)

この2つを参考にアレンジして、良い感じで出来上がったのは、下の3つのキュウリのスープ。
私は、ちょっとダイエット中なので、パンやオイルは使わずに、ゼラチンを使って作ってみた。
ノンオイル、コラーゲン入りっていう事になるのかな…
基本的に同じようなものだけれど、少し変えて、3種類。

以下、それぞれの作り方にジャンプ出来るように、してみた。
でも、基本は、同じなので、まず最初に「キュウリの冷製スープ-基本の作り方」から、見た方が判り易いと思う。

<キュウリの冷製スープ編>
キュウリの冷製スープ-基本の作り方キュウリの冷製スープ-紫蘇入りキュウリの冷製スープ-ちょっぴり洋風キュウリの冷製スープ-梅紫蘇
キュウリの冷製スープ
基本の作り方
キュウリの冷製スープ
紫蘇入り
キュウリの冷製スープ
ちょっぴり洋風
キュウリの冷製スープ
梅紫蘇




以下、それぞれの作り方。

○キュウリの冷製スープ編

[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]
香り付けが変えてあるだけで、基本は、ほぼ同じ作り方をしているので、共通する部分のみまとめておいてみた。
後の、「紫蘇入り」、「ちょっぴり洋風」、「梅紫蘇」は、それぞれ香味や酢やレモンを変えている。
また、(好みの量)とある所は、その時の気分で加減しているもの。
タマネギやニンニクは、多く入れると辛味が増し、白ダシは、塩味の調節をしている。

<材料>(2人分)
●3つのスープの共通の材料
・キュウリ…2本
・ゼラチン…3g
・水…200cc
・白ダシ(市販の)…大さじ1~3位…(好みの量)
+ それぞれの材料

ゼラチンを煮て溶かす1.ゼラチンを分量の水で煮て溶かし、室温位まで冷ましておく
フードプロセッサー等にかける2.キュウリと香味野菜を適度な大きさに切り、フードプロセッサー等にかけ、少し細かくなったら、「1」のゼラチン液を半量程加え、更に滑らかになるまでかける
滑らかになった液3.「2」の滑らかになった液を別の容器に移し、残りの「1」のゼラチン液を加える
分離した液4.「3」のままでは、分離してしまう
氷水に入れ冷やす5.氷水に入れかき混ぜながら、冷やす

※冷やしていると、泡が出て来るので、邪魔なので、泡だけ取って捨てる
泡が無くなりトロトロ6.泡が取れ、少しトロリとしたら、酢または、レモンを加える

7.白ダシを加え、味を調整し、冷蔵庫で良く冷やしておく

※時々、冷蔵庫から出して、かき混ぜると、更に良い感じ

▲キュウリのスープメニュー







[キュウリの冷製スープ-紫蘇入り]
食べる直前まで、キンキンに冷やしておくと、美味しい。
紫蘇を入れたら、爽やかで良かったので、このスープを一番多く作っている。
(好みの量)とある所は、その時の気分で加減していて、タマネギやニンニクは、多く入れると辛味が増し、白ダシで塩味の調節をしている。

<材料>(2人分)
●3つのスープの共通の材料
・キュウリ…2本
・ゼラチン…3g
・水…200cc
・白ダシ(市販の)…大さじ1~3位…(好みの量)


・紫蘇…2~10枚(好みで)
・タマネギ…一巻き(一皮?)…(好みの量)
・ニンニク…小指の爪位かな…(好みの量)
・レモン汁…レモン半個分

タマネギ一巻き1.[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]と同様の作り方で、「2」のフードプロセッサー等にかける時に、タマネギ一巻き(一皮?)、紫蘇は、手で適当に細かくし、キュウリ、ニンニクと共にフードプロセッサー等にかける。

以降、[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]の「3」~「5」、そして「6」の時に、レモンと白ダシを加え、味を調整し、冷蔵庫で良く冷やしておく
キュウリの冷製スープ-紫蘇入り2.出来上がったスープを器に注ぎ、刻んだ青じそを飾る

▲キュウリのスープメニュー






[キュウリの冷製スープ-ちょっぴり洋風]

<材料>(2人分)
●3つのスープの共通の材料
・キュウリ…2本
・ゼラチン…3g
・水…200cc
・白ダシ(市販の)…大さじ1~3位…(好みの量)


・タマネギ…一巻き(一皮?)…(好みの量)
・ニンニク…小指の爪位かな…(好みの量)
・白ワインビネガー…大さじ1~2位…(好みの量)
・胡椒…少々
・ヨーグルト(好みで)

キュウリの冷製スープ-ちょっぴり洋風1.[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]と同様の作り方で、「2」のフードプロセッサー等にかける時に、タマネギ一巻き(一皮?)、紫蘇は、手で適当に細かくし、キュウリ、ニンニクと共にフードプロセッサー等にかける。

以降、[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]の「3」~「5」、そして「6」の時に、白ワインビネガーと胡椒を加え、白ダシを加え、味を調整し、冷蔵庫で良く冷やしておく

器に注いだら、好みでヨーグルトを乗せる

▲キュウリのスープメニュー






[キュウリの冷製スープ-梅紫蘇]

<材料>(2人分)
●3つのスープの共通の材料
・キュウリ…2本
・ゼラチン…3g
・水…200cc
・白ダシ(市販の)…味を見ながら…(好みの量)


・紫蘇…2~10枚(好みで)
・梅干し…1個
・酢…味を見ながら…(好みの量)
・薬味(紫蘇、茗荷など)

キュウリの冷製スープ-梅紫蘇1.[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]と同様の作り方で、「2」のフードプロセッサー等にかける時に、種を除いた梅干し、紫蘇をキュウリと共にフードプロセッサー等にかける

以降、[キュウリの冷製スープ-基本の作り方]の「3」~「5」、そして「6」の時に、味を見ながら、酢と白ダシを加え、味を調整し、冷蔵庫で良く冷やしておく

器に注いだら、紫蘇と茗荷などを飾る

▲キュウリのスープメニュー





今年、どうにかして大量のキュウリをみんな食べてやろうと、色々な料理を何種類も試しに作って、失敗作も沢山食べた。
色々やって、気が付いたのは、結構、キュウリって、匂いが気になるんだな~ってコト。
キュウリ嫌いな子の気持が少しわかった気がした。

来年は、もう、試作を作りたくないな…って、思って、計りながら作って、分量も書いてみた。
…と、いっても、(好みの量)ってのが多いけれど
辛味や塩気って、好みは、人それぞれだからって思って、(好みの量)ってしてみたのだけれど…

酢の物やサラダで、キュウリを1人1本食べるには、結構頑張る感じになるのに、キュウリのスープは、無理して食べている感じにならなくて、良い感じ。


それでも、まだまだ、キュウリは食べ切れない…
だから、デザートもキュウリで作ってみた。
次回は、「キュウリの料理(3) - デザート編 v2008」って事で…

  1. 2008/07/27(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : キュウリの料理
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

キュウリの料理(1) - 瓜のようなキュウリの肉詰め煮(和風)

自分の家の穫れたてキュウリは、スーパーやデパートのキュウリより、断然おいしい。…比べ物にならない。
穫れたてキュウリは、甘くて香りが良くて、本当に美味しいと思う。
スーパーのキュウリは、食べきれなくなって、冷蔵庫に放置した我が家のキュウリみたいな味って気がする。
だから、自分の家で穫れなくなると、キュウリは、ほとんど食べない。

でも、そんな美味しい我が家のキュウリも、一度に何本も穫れたって、そんなに食べられない。
だから、最盛期にキュウリを穫るのがちょっと遅れる事がある。
すると、下記の写真のみたいな、巨大キュウリになってしまう(下のキュウリは普通サイズ)。
これは、もう、瓜だね。

瓜のようなキュウリ

こんなになると、甘みも香りも薄くなり、実も堅くなる。
今回は、これで、キュウリの肉詰め煮を作った。
こんなキュウリは、スーパーに売っていないので、作り方を書いても如何な物かとも思うけれど、作り方を載せる事にした。


[キュウリの肉詰め煮(和風)]

<材料>
キュウリ、鶏団子の具(鶏肉、タマネギ、パン粉、卵、生姜汁、酒、醤油など、好みで)、
だし汁、酒、醤油、味醂
<道具>
タピオカ入りの飲み物用の太い丈夫なストロー、フロート用細いスプーン

※キュウリは、煮ると甘みが増すので、甘さ控えめで作った方が無難。

穴開け用ストローとフロートスプーンまずは、道具。
・穴開け用ストロー
・フロートスプーン
鶏団子を詰めたキュウリ1.皮を剥き、中心にストローで穴を開ける
2.穴に、鶏団子の具を詰める
肉詰めキュウリを煮る3.だし汁、酒、醤油、味醂で煮る。
肉詰めキュウリ4.食べやすい大きさに切り、出来上がり


冷たく冷やして、生姜や紫蘇などの薬味で食べると美味しい。

  1. 2007/08/07(火)
  2.  | 
  3. カテゴリー : キュウリの料理
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。