スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

芝生(8) - 萌芽期の施肥と農業技術とシバの花

緑になり始めたシバ

こうなると、施肥(せひ)をしなければならない。
萌芽期の施肥が遅れると、芝生が黄緑になってしまい、格好悪くて恥ずかしい思いをしてしまう。
芝生の管理も始まり、全ての植物達のお世話をしなければならなくなった…

10月中旬の刈り止め以降、何もしなくて良かった、幸せだった6ヶ月間の休息は終わった。
あ~あ…
大変だ~。


今年は、4月の第一日曜日に雨が降らないでいてくれたので、無事、施肥完了。
芝生用肥料は高いので、堆肥やら油かすやら、何か他の肥料にしようと思いつつ…、試してみたものの、私の知識不足であまり良い感じの結果が出なかったので、相変わらずホームセンターで買って来た「日清 100%有機芝生の肥料」というのを使っている。
でも、いつも買っていたホームセンターが閉店してしまったから、もうじきストックがなくなってしまう…
また、売っているお店を探さなければいけない。
化成肥料なら、直ぐ近くのホームセンターでも売っているんだけれどね…

芝生を始めたばかりの頃は、近くで有機肥料が売っていなかったというのもあって、化成肥料を使っていた。
化成肥料の方が、即効性があるので、撒いて直ぐ葉っぱの色に現れてくれて、ありがたいし、安いと思うけれど、長く使い続けるのは、土に良くない気がして、今は、あまり買いたいって思わないんだな。

また、素人で、尚かつ単純な思考の私には、化成肥料を撒いた後、少量雨が降り、少しだけ溶けて、葉が焼けてしまったという経験もいけなかったのかも知れない。
これが、「化成肥料 → 薬 → 薬漬けの悪い土壌」という悪いイメージを成立させてしまった…かも知れない。



元々「化成肥料は、土壌に良くない」というイメージを持っている私に、更に悪いイメージを植え付ける文章がある。
下記のような記述を読むと、化成肥料は、やっぱり使いたくないと思ってしまう。

 一般に使われている化成肥料ではなく、有機堆肥を使うのはどうしてですか?

湯浅 化成肥料には即効性があるので、芝生をできるだけ短期間で成長させたいときには有効です。これに対し、有機堆肥のような腐食された有機物を土壌に投入すると、

1.窒素、リン酸、カリウム以外の微量ミネラルが増え、
2.(緩効性で)時間をかけて少しずつ肥料が土壌に溶け出し、
3.水持ちがよくなり、
4.硬くなっている土壌に水分、光、栄養素が浸透しやすくなり、
  →したがって芝生の根張りがよくなり、
5.土壌中の微生物の活性化を促すのです。

 有機堆肥を使用するのは、何やら農業のようですね。

湯浅 まったくその通りです。校庭の芝生化も従来型の緑化と同じ方法を踏襲したのでは、農業が抱えている問題と同じ問題に直面することになります。従来型の芝生化技術は、化成肥料と農薬を大量に使用した「慣行農法」によく似ています。この慣行農法では、有機堆肥から化成肥料に切り替え、同じ作物を栽培することにより、土壌内の微生物環境が単純化し、病害虫にかかりやすくなり、その結果、収穫量が減ってしまう障害が一部にでてしまっています。

sfen.jp [スポーツを考えるWebマガジン]:スポーツは芝生のグラウンドで



上記は、“有機堆肥”で、私が今使っているのは、“有機肥料”なので、効果は勿論違うでしょうが、化成肥料より、まだ良いと思って“有機肥料”を使っている。
いつかは、堆肥やら油かすやら鶏糞やら、何やらもっと芝生にも土にも良い物を使えるようになりたいと思いつつ…
いつになることやら…




コウライシバは、施肥ムラになってもさほど目立たないけれど、センチピードグラスは、長さが違って凸凹になったり、色ムラとなって現れてくれる。
特に、萌芽期の施肥は、見事な位、緑と黄緑になってくれる事があるので、なるべく均等に肥料を撒くように頑張っている。
でも、なかなか上手い事いかず、どこかしらこんな事に…

施肥ムラで凸凹施肥ムラで色ムラ
施肥ムラで凸凹施肥ムラで色ムラ





そして…
ふと、センチピードグラスって、今、世の中でどんな感じなのかな?と思い、検索してみたら、農業関係の資料が多く見つかった。
農業とセンチピードグラス?
…と、思ったら、こんな記述を発見。

(5)技術事項センチピードグラスは畦畔の被覆植物として有望である。
 センチピードグラスは、匍匐型のノシバに似たイネ科の植物で、草高は10~15cm と短く、マットを形成すれば雑草の侵入も少なく、草刈り労力は軽度で、畦畔の被 覆植物として有望である。

[PDF] 新しく普及に移せる見込みの農業技術



“新しく普及に移せる見込みの農業技術”として、“センチピードグラスは畦畔の被覆植物として有望である”らしい。
他にも、こんな記述があった。

 中山間地域「吾妻」は、県内有数の良食味米の産地であるが、棚田状の水田が多く、高齢化も進んでいる。特に、急斜面での草刈り作業は、重労働な上、危険を伴うなど、栽培農家の負担となっている一方で、畦畔管理を怠るとカメムシの被害による斑点米が発生しやすく、品質の低下につながるなどの問題がある。
 そこで、平成15年から、水田畦畔保護植物「センチピードグラス(ムカデ芝)」による畦畔管理省力化(草刈り回数軽減)の試験ほを設置し、吾妻での適応性や省力性・導入コスト等について検討してきた。


センチピードグラスで中山間地の水田畦畔管理を省力化


…そうだよね。
草むしりって大変だもんね。




でも、「もの凄く良く伸びる匍匐茎(ほふくけい)の処理はどうするのかな?」とか、「秋になって、タネが出来たら不必要な所にもタネが散らばって、変な所にセンチピードグラスが生えてしまんでないの?」とか、思うけれど…

我が家では、センチピードグラスは、タネがあちこち飛ぶようで、時々コウライシバの中からも出て来る。
下の写真は、コウライシバの中から生えたセンチピードグラス。

コウライシバの中のセンチピードグラス

こうなると、これは、雑草として、抜かなければならない。
こんな事にならないのかな?…と、思ったりするのだけれど…
まぁ、何年もプロ達が検討して来た事を素人の私が心配する必要もないだろうな…などとも思う。






その後も、何となくセンチピードグラス関連のサイトを見ていたら、何だか懐かしい記憶がよみがえって来た。
それは、こんな記述から…

4 播種後の管理
2)「アリ」の予防
 畦畔に「アリ」がいると種子を食べる事例が見受けられるため、播種直後「アリ」の存在を確認し、いれば防除を行う。

[PDF] 「センチピードグラス 」栽培マニュアル


そう言えば、アリンコが、タネをセッセと運んでいたっけな…
「面白いな~」と思いながら、巣穴に運ぶまで追跡して観察していたのを思い出した。

ちょっと検索したら、こんな記述があった。

アリ(蟻)対策
センチピードグラス種子の表面は、アリが好む物質(エライオソーム)で覆われていると言われる。覆土されなかった種子は、アリによって巣の中に運び込まれる恐れがある。

芝・緑化・緑肥 | おすすめ商品 | ティフブレア - タキイ種苗


どうも、センチピードグラスが好んで運ばれているらしい。

“エライオソーム”の写真も見つけたので、リンクしておきたいと思う。
>> エライオソーム
このサイトに写っているような白い塊が、タネにくっ付いているのは気が付かなかったな…





タネを運ぶ蟻の事を懐かしく思っていたら、コウライシバの花の写真を披露していなかった事を思い出した。
あまり関係無いけれど、ついでなので、センチピードグラスとコウライシバの花の写真もここで披露しておこうと思う。
ちょっとピンぼけだけど…

センチピードグラスの花コウライシバの花
2007年9月17日撮影
センチピードグラスの花
2008年5月24日撮影
コウライシバの花





ついでに…
[PDF] 新しく普及に移せる見込みの農業技術」には、参考事項として、学名なども記述されていた。
何となく…、また探さなくていいように、引用させて頂くことにした。

(4)参考事項
ア 学名 Eremochloa ophiuroides Hack.(イネ科、キビ亜科、ヒメアブラススキ連、ムカデシバ属)
イ 和名、英名 和名:ムカデシバ、 英名:centipede grass
ウ 分布地域 東南アジア









私が、近所のホームセンターで買って来たのは、下記の肥料。
Amazonでは、2.2kgしか扱っていないみたいだけれど、2.2kg・5kg・10kgがある。

日清 100%有機芝生の肥料 2.2kg日清 100%有機芝生の肥料 2.2kg
()
不明

商品詳細を見る





そして、車で頑張って探したら、ホームセンターセキチューというお店で、「100%有機芝生の肥料」というものが売っていた。
ネットで探したら、楽天でも扱っていた。
正直、お店で買った方が安いけど、「ホームセンターセキチュー [店舗のご案内]」で、近所にお店が無ければ…ちょっと高いけれど、楽天のセキチューの「100%有機芝生の肥料」は下記。

100%有機芝生の肥料 5kg




またまた、長々となってしまった。
後で便利なように、色々リンクすると、どうも長くなってしまってしまう…


スポンサーサイト
  1. 2009/04/11(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 芝生
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

芝生(7) - 刈り止めから春までの6ヶ月の休息…楽で幸せな時間

我が家の芝生の管理は、今、長いお休みに入っている。
10月中旬の刈り止め以降、4月の萌芽期の施肥まで、およそ6ヶ月間、な~んにもしなくて良いから、非常に楽!

そして、センチピードグラスは、雑草がほとんど生えないので、雑草の心配をする必要もない。
下の写真に写っている部分には、雑草が全く無い。…すばらしい!

2月の芝生2月の芝生2月の芝生


芝生を張る前は、しゃがんで雑草を取って歩かなければならず、大変な作業だった。
あの大変な思いをしなくていいのは本当に助かる。
「芝生君たち、ありがとう!」って気持。



10月中旬の刈り止めの後は、およそ6ヶ月間そのままの姿でいる事になるので、毎年頑張って美しく刈上げている。
…と、言うより、それまでは、放ったらかし状態な事が多いので、頑張らざるをえない…って、言うか…
特に去年は、色々あって芝生の管理を怠けたので、酷い状態にしてしまった。

恥ずかしながら…、その放ったらかし状態と美しく刈上げた後を披露してみようと思う。
まず最初に、一番恥ずかしい所から…

我が家は、父親が作った日本風の庭で、石があり、形が凸凹して、芝刈り機だけで刈って行くのは難しく、身体を不自然に曲げながら、ハサミで切っていかなければならない。
この作業が大変で、刈り易い場所だけをザザッと芝刈り機で刈るだけで、一番面倒な場所を放っておいたら、酷い状態になってしまった。
センチピードグラスは、葉の幅が広いので、長く伸びると、まるで草…芝生には見えない。
この場所も、今頑張れば、後6ヶ月何にもしなくて良いんだからと、自分を励まして芝刈り機とハサミで刈り込んだ。

芝刈り前芝刈り後
芝刈り前芝刈り後


あまりにも放っておいて、石とシバの堺が判らなくなり、無理矢理切って、引きはがした部分もあって、地面が出てしまったりもしたけれど、…まあ、…奇麗になった…と、思う。
どのシバも同じだと思うけれど、長~く伸びたシバの下の方の葉は、少し黄色くなってしまう。
…放ったらかしは、いけません。

普通、電気バリカンやターフカッター等で芝生のフチを刈っていくようだけれど、どうせしゃがんで作業するわけだし、ハサミで良いや…と、何年も芝刈り機とハサミのみで芝刈りをしている。
…今の所、何も不自由を感じた事がない。


敷石の周りも、石に沿ってハサミをザクッと差込み、…チョキン。

芝刈り前ハサミを差込みチョキン芝刈り後
芝刈り前ハサミを差込みチョキン芝刈り後



電気バリカンやターフカッターでは切れない、こんな丸みのある石の周りも、ハサミで、ザクッ…チョキン。

芝刈り前石に沿ってチョキチョキ芝刈り後
芝刈り前石に沿ってチョキチョキ芝刈り後


…この凸凹が多い庭は、芝刈りが大変!
それでも、しゃがんで歩きながら、雑草を取っていた昔と比べると、もの凄く楽になった。
…あの頃は、大変だったなぁ。



植木や花木の周りは、シバを丸く刈り込んで、芝刈り機を掛け易く管理している。
葉や花が咲くと枝が垂れ下がるものは、大きくカットし、サツキのように花が咲いても垂れ下がって来ないものは、ギリギリでカットしている。

枝が垂れ下がる花木の周りサツキの周り
枝が垂れ下がる花木の周りサツキの周り


周りを大きくカットし、花木とシバの間に地面が露出しまうものは、芝刈り機の中で細かく切り刻まれたシバをマルチング代わりに敷き詰めている。
センチピードグラスは、アレロパシーの効果が強いというので、花木にとって良いのか悪いのかは、判らないけれど、こうしてマルチングしておくと、草があまり生えて来ないので、私にとって、ありがたい。

NHK趣味の園芸ガーデニング21 芝生を楽しむマイガーデンという本の「芝生の最新事情3 シバのアレロパシー」という項目に、下記の記述がある。

「アレロパシー」とは、植物が何らかの化学物質を出してまわりの生物の生育に影響を与える現象です。…(省略)…アレロパシーに関与する化学物質として、いくつかのフェノール酸、脂肪酸などの生育阻害物質があげられ、これらが茎葉や根、あるいは枯れ葉から分ぴつされて作用するものと考えられています。


刈った芝生の葉っぱにも、“生育阻害物質”があるって事だと思うけれど、「植木や花木など大きくて立派な木なら、芝生に負ける事はないでしょ」と、自分に言い聞かせ、気にしない事にして、根元に敷き詰めている。



10月中旬の刈り止めの後も、少し葉は伸びるけれど、ほぼそのままの形で、12月頃霜に当たると茶色くなって冬を越す。

芝刈り直後のエッジ現在のエッジ
芝刈り直後のエッジ現在のエッジ




本などのエッジ切りの説明で、“物と芝生の境目を5cm程すき間をあけて剥ぎ取る”というような事が書かれているけれど、10月中旬の刈り止めの時は、すき間をあけずに、なるべくビッシリ詰めたままにしておいた方が、良い気がする。
…何てったって、その後は、あまり伸びないので、そのまま6ヶ月間過ごす事になってしまうのだから…
センチピードグラスは、ほとんど雑草は生えないけれど、エッジ切りで開いたすき間を狙って、雑草が生えて来る。

すき間の雑草

10月中旬~4月までのおよそ6ヶ月の間に、センチピードグラスの中にも、こんな雑草が2~3株生えて来る。
でも、まあ…、6ヶ月間の作業は、この2~3株の雑草を抜くだけだけど…

芝生が無かった昔は、6ヶ月間で2~3株の雑草を抜くだけで済むなんて事はあり得なかったので、この期間は、センチピードグラスに感謝感謝。
…本当に、ありがとう!





今回、文章中で出て来た本。

芝生を楽しむマイガーデン―小さなスペースに美しさと広がりを (NHK趣味の園芸ガーデニング21)芝生を楽しむマイガーデン―小さなスペースに美しさと広がりを (NHK趣味の園芸ガーデニング21)
(2000/03)
不明

商品詳細を見る



  1. 2009/02/28(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 芝生
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

芝生(6) - コウライシバの地下茎は、深~く侵略

今年初の施肥をした時に、ついでに芝生の形を整える作業をした。
エッジ切りと呼ばれる作業に近いけれど、私の場合は、ただ単に邪魔な部分の剥ぎ取り作業をしただけだけれど…。
一般的なエッジ切りは、NHK趣味の園芸:作業12か月 芝生(シバ)という本では、2月の作業として、下記のように書かれている。

花壇、植え込みとの境目や建物の際などは、5cmぐらいのすき間をあけてシバをはぎ取ります。この部分は刈り込み機が入りにくく、放置するとつい伸びすぎてしまうからです。特に適期というのはありませんが、園芸作業の少ない冬の間に行うことをおすすめします。
カマで地下茎まで切り取り、土をほぐして元に埋め戻します。エッジのラインは市販のターフカッターを使うと、きれいに切りそろえられます。



ターフカッターと呼ばれるものをわざわざ買うのもなんだな…と思い、園芸用のハサミをザクッと地面に差し込み、チョキンと切っている。
ザクッ…チョキン、ザクッ…チョキンって感じ。
試しにやってみたら、意外に良かったので、そのまま何年もやり続けている。

芝刈り機が入らない所は、電動バリカンを買うのも勿体ないと、これもまた、同じハサミで上を刈り揃えている。
根を切るのも、建物や石の際の芝刈りのチョッキンも、しゃがんで何時間も作業するので、結構、腰に来る。

ターフカッターとやらも、電動バリカンも、あった方が楽かも知れないけれど、ワザワザ買うのも勿体ないなという思いと、ターフカッターも電動バリカンも、結局の所、しゃがんで作業しなければならないなら、腰に来るのは一緒ではないかなという思いもあって、何年もハサミで切り揃えている。

広がりすぎた芝生を剥ぎ取っていると、センチピードグラスとコウライシバでは、作業の大変さが全然違う。
お隣さんのコウライシバが我が家に進出し、折角だからと広げたけれど、レンガ1つだけで境を作って分けていたので、当然両方のシバが進出しあってしまった。
レンガ1つだけの境なので、当然の結果だけれど、領地侵害したシバは、簡単に駆除できるものと思っていた。

センチピードグラスは、常に上へとほふく茎を這わせて伸びる。
センチピードグラスは、コウライシバの中に突撃する時も、コウライシバの上に乗っかって、根を下ろしていく。
邪魔だったら、ベリベリ剥がせば、一件落着。

センチピードグラスしか育てたことがなかった私は、コウライシバも同じように、ベリベリ剥がせば済むと思っていた。
しかしながら、コウライシバが意外に厄介な奴で、地下茎を持ち、地中からも侵略してくる。
センチピードグラスの葉の中から、細いコウライシバの葉が出てくるようになってしまった。
地下侵略したんだな…。

だから、もう1つレンガを増やす事にした。
ん~、レンガ2列では大して変わりはないような気もするけれど…、やらないよりは、マシかなって。

4月のセンチピードグラスとコウライシバ

上の写真は、途中までレンガを2列にした所。

このレンガを埋める作業で、コウライシバの地下茎がとても面倒。
シバの中にハサミを差し込んで、チョキンと切って、センチピードグラスはベリベリ剥がせば、そのままレンガを埋める事は出来るのに、コウライシバは、シバをベリベリした後、土を掘って、土を振るって残りの地下茎を探して捨てなければならない。
センチピードグラスの中に入り込んでいるコウライシバは、地下茎をたぐって、引っ張り出したり、土の中を深く深く、掘って回らなければならない。


コウライシバの地下茎コウライシバの地中の様子
コウライシバの地下茎コウライシバの地中の様子


コウライシバの地下茎が、地下5cm位の所を這っていたり、レンガの下を回って、地下10cm位を這っていたり…。
雑草を駆除するのは、大変だけれども、駆除する対象としてコウライシバを見ると、非常に厄介な奴。
その割に、雑草でお隣さんの庭のコウライシバは、絶えてしまったけれど…。

下の写真は、地中で見つけた木片を貫く、コウライシバの地下茎。

木片を貫く地下茎

何があっても貫いて進んでいく、コウライシバの地下茎は、本当に厄介、そして、頼もしい。
本当に強いのは、センチピードグラスなのか、コウライシバなのか、時々わからなくなる。



私は、ハサミを使うから、いらないなと思いつつ…、でも、ターフカッターって何なのさって思った人の為にリンクしてみた。

ゴールデンスター 芝生手入具 ターフカッターJr 4013ゴールデンスター 芝生手入具 ターフカッターJr 4013
()
不明

商品詳細を見る




そして、下の本は、文章中に出て来た本。

芝生(シバ)芝生(シバ)
青木 孝一、真行寺 孝 他 (1995/04)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る



  1. 2008/04/07(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 芝生
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

芝生(5) - 芝生の今年の初仕事_萌芽期の施肥

我が家の芝生も、全体に、ほんのり緑っぽくなってきた。
10月中旬くらいに刈り止めをしてから、な~んにもしないでいられたけれど、また芝生の手入れが始まる。
まずは、肥料をあげなくちゃ…。

冬の間、植物の世話をしないで楽をして来た分、春の作業開始は、かったるい…。
芝生に、植木に、野菜に…、また、大変…。

何にもしないでいた芝生だけれど、写真だけは撮っておいたので、芝生の紅葉を(今更だけれど)披露してみようと思う。
コウライシバは、緑色から、枯葉の色になってしまうけれど、センチピードグラスは、ちょこっとだけ紅葉する。
下は、2007年12月6日に撮影した、センチピードグラスとコウライシバの様子。

センチピードグラスコウライシバ
センチピードグラスコウライシバ


センチピードグラスは、ほんの少しだけ全体が赤っぽくなる。
よく見るとわかる程度だけれど…。

そして、霜が降りると、一気に色が褪せ、コウライシバと変わらなくなってしまう。
下は、お隣さんから入り込んで来たコウライシバを我が家で広げ、センチピードグラスと隣り合っている場所の3月と4月の写真。

3月のセンチピードグラスとコウライシバ4月のセンチピードグラスとコウライシバ
3月の様子4月の様子


写真が少し判り辛いけれど…、4月の今は、緑色が目立つようになって来た。
3月の写真も4月の写真も、左がセンチピードグラス、右がコウライシバ。
センチピードグラスは、かなり葉が粗く、バサバサした感じ。
葉が全体に緑色になると、いくらかマシになるけれど、枯れている時は、バサバサが目立つ。
上の4月の写真を拡大したのが、下記。

センチピードグラスコウライシバ
センチピードグラスコウライシバ


そして、うっすら色が緑になった頃、芝生の今年の初仕事の萌芽期の施肥をしなければならない。
センチピードグラスは、施肥による影響がすぐ色に現れるので、この時期に施肥を忘れた時、緑色のはずの芝が黄緑っぽくなってしまった。
肥料は、すぐに効く訳ではないので、暫く黄緑のままで、ちょっと恥ずかしかった…。
それ以来、葉の様子を見ながら、忘れずに萌芽期の施肥をしている。

今回、ホームセンターで、「日清 100%有機芝生の肥料」というのにした。
堆肥やら何やらって考えた時期もあったけれど…、「芝生の肥料|完熟堆肥|有機肥料|越冬前の西洋芝への施肥作業」を見ると、“英国王立園芸協会会員”ていう人が、「完熟堆肥、液肥、尿素、木酢液、鶏糞、牛糞…」って実験して、芝生にベストな肥料を調合するなんて事、私のような素人には難しそうで、時間の都合もあって、無理っぽい…。
結局、今は、市販の芝生用肥料を使っている。



私が、近所のホームセンターで買って来たのは、下記の肥料。
Amazonって、肥料も扱っているんだね…、ちょっとビックリ。
Amazonでは、2.2kgしか扱っていないみたいだけれど、2.2kg・5kg・10kgがある。

日清 100%有機芝生の肥料 2.2kg日清 100%有機芝生の肥料 2.2kg
()
不明

商品詳細を見る



  1. 2008/04/06(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 芝生
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

芝生(4) - 秋の芝生 - 刈り止め

芝刈りを怠けていたら、センチピードグラスに穂が沢山できてしまった。

センチピードグラスの穂

ズームアップした花穂を見ると、「お~!ヤッパリ、イネ科なんだね~」って感じ。

センチピードグラスの花穂

これを芝刈り機で刈って、マルチング代わりに、木の根もとなどに敷き詰めると、センチピードグラスの芽が出て来てしまう。
でも、センチピードグラスは、抜いて絶やすのが簡単なので、少し大きくし、抜きやすい大きさにしてから抜いている。
バラの下は、センチピードグラスが所々生えては、抜き、生えては、抜きを繰り返している。

センチピードグラスもコウライシバも、9月までに肥料をあげ、10月中旬くらいに最後の芝刈りをして、これで今年の芝の作業は終わり。
この最後の芝刈りを「刈り止め」というらしい。
芝生(シバ) 日本放送出版協会」には、下記の様に書かれている。

刈り止めした後も少し伸びますが、葉や茎を長めにしておいたほうが、冬の間擦り切れなどによる痛みが少なくなります



牡丹に続き、芝の作業も終わり、本当にひとつづつ楽になって行く。
芝は、来年の4月に萌芽の肥料をあげるまで、もう、な~んにもしなくてイイ。
良かった良かった。



私が芝の管理で参考にしている本は、下記の本。
大変、重宝している。

芝生 (NHK趣味の園芸 作業12ヵ月) 芝生(シバ)
青木 孝一、真行寺 孝 他 (1995/04)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る


上記の本は、7年位前に買ったもの。
今は、同じく、NHK趣味の園芸の12ヵ月の栽培方法が書かれたもっと新しい本がある。
その本は、下記。
そろそろ、買い替えなくちゃ…。





  1. 2007/10/15(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 芝生
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。