スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アーティチョークの栽培(18) - 猛暑と戦い、厳冬に耐えたアーティチョーク

我が家の日光種苗のオランダ産のグリーン・アーティチョーク1株が、2010年の夏の猛暑で枯れてしまった。
他のアーティチョークの蕾と見た目が随分違い、濃い緑色で光沢があり、縦長で少し肩が張ったような形の蕾だった。

日光種苗のグリーン・アーティチョーク10月の枯れて倒れた姿隣のパープル
グリーン・アーティチョークの蕾
(日光種苗のオランダ産)
10月の枯れて倒れた姿
(日光種苗のオランダ産)
隣のパープル
(日光種苗のオランダ産)


あまり美味しくなさそうな見た目だったけれど、見た目通りあまり美味しくなかった。
だからなのか、初めて枯れてしまったアーティチョークだけど…なんか別にいいかな~という気持ち。


他のアーティチョークは、猛暑にも厳冬にも耐えて、無事、春を迎え、みんな頑張っていてくれている。
2010年までに植えたアーティチョークの内訳は、数年前に苗で買ったグリーンのアーティチョーク、そして、タネで買ったのは、藤田種子のアメリカ産のグリーン・アーティチョーク、同じく藤田種子のイタリア産のパープル・アーティチョーク、そして、日光種苗のオランダ産のグリーン・アーティチョーク。
日光種苗のタネは、2粒しか入っていなくて(!)グリーンとパープルが各1粒づつ。上記の2010年の猛暑で枯れたのは、この2粒の内の1つのグリーン。残念なことに、苗で買ったものも、藤田種子のタネも日光種苗のタネも全部種類は判らない。


それぞれの袋は、下の写真。

アメリカ産のグリーン・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョーク日光種苗のアーティチョーク
グリーン・アーティチョーク
(藤田種子・アメリカ産)
パープル・アーティチョーク
(藤田種子・イタリア産)
アーティチョーク
(日光種苗)


種は、こんな感じ。

アーティチョークの袋とタネ

開けてビックリ、日光種苗のオランダ産のタネは、2粒しか入っていなかった。
他の2つと値段は変わらないのに…
「なんだコレ?ひどいな~」と、思ったね。…これは、もう二度と買わない(≧ヘ≦)。


アメリカ産のグリーン・アーティチョーク、イタリア産のパープル・アーティチョークは、タネが少々残っていたので、写真を撮ってみた。

アメリカ産のグリーン・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョーク
アメリカ産のグリーン・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョーク


アメリカ産のグリーン・アーティチョークは、色が濃くて、黒い模様が入っているものや、白っぽくて柄のないものなど、様々なビジュアル。


タネだけではなく、アメリカ産のグリーンは、蕾の様子も様々。
斑に紫が混じっているものや、ツルンとして淡い緑のもある。
全く種類は判らない。雑種なんじゃないの?…と、タネの品質を疑っているけれど、…アーティチョークってのは、こんな風に見た目が様々なものなんだろうか?

アメリカ産のグリーン・アーティチョークアメリカ産のグリーン・アーティチョークアメリカ産のグリーン・アーティチョークアメリカ産のグリーン・アーティチョーク


パープルは、イタリア産のもオランダ産のも、猛暑も厳冬もびくともしなくて、育て易い。
この紫のアーティチョークは、蕾が目立つので、数株をわざわざ道端に植えてみたけれど、道行く人が立ち止まって、「なんだ?なんだ?」と見ていくのが面白い。

イタリア産のパープル・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョーク


ウチのフランス人のおじさんは、柔らかくて可食部分の多い紫色のアーティチョークの方が好きらしい。紫には、若干渋みがあるものがあったり、おじさんの好きな茹でアーティチョークにすると、グリーンより若干味が薄い気がして、私は、どちらかというと、一番古くからある苗で買った緑色が好き。



今回は、自分の頭の整理のために、今は無くなったオランダ生まれのグリーンも含め、「2010年の初夏(収穫)~猛暑~厳冬~2011年の春」の我が家のアーティチョークの姿をザックリまとめておくことにした。

[2010年の初夏(収穫)~猛暑]
まずは、無事夏を乗り切ったアーティチョークの話から。

4月1日2010年初のパープル・アーティチョークの蕾2010年4月1日
パープル・アーティチョークの蕾の第1号。

葉の中を覗くと、小さな蕾が見えた…でも、パープル・アーティチョークのはずが、緑色でフチだけが紫で、トゲが鋭く、ゴツくて美しくない。
もの凄くガッカリした、パープル第1号(;ーдー)
4月中旬~5月中旬(~6月中旬)パープル・アーティチョークの収穫4月中旬~5月中旬(~6月中旬)
パープル・アーティチョークの収穫

※パープルは、2番花や3番花が細々と6月中旬くらいまで収穫できる
5月中旬グリーン・アーティチョークの収穫が始まる5月中旬
グリーン・アーティチョークの収穫が始まる
5月中旬は、パープルの1番花の終わり頃とグリーンの始まりで、両方の1番花が収穫できる5月中旬は、パープルの1番花の終わり頃とグリーンの始まりで、両方の1番花が収穫できる

※パープルの2番花・3番花・4番花は、細々と6月中旬くらいまで続く
5月中旬~6月上旬グリーン・アーティチョークの1番花の収穫5月中旬~6月上旬
グリーン・アーティチョークの1番花の収穫

※一番上の艶がある濃いグリーンのアーティチョークは、今は無き日光種苗のグリーン・アーティチョーク
6月中旬下葉が、黄色くなり始める6月中旬
下葉が、黄色くなり始める
6月下旬根元から新芽が見え始める6月下旬
根元から新芽が見え始める
7月中旬上の葉は殆ど枯れ、新芽が大きくなる7月中旬
上の葉は殆ど枯れ、新芽が大きくなる

アメリカ産のグリーンとイタリア産のパープルは、猛暑でも全て新芽が大きくなった



[2010年の夏の猛暑でダメージを受けたアーティチョーク]

普通は、上記7月中旬の写真のように、上の葉が枯れる前に、根元から新芽が出て来て、上の葉が枯れながら、新芽が大きくなる。
でも、冒頭の日光種苗のオランダ産グリーン・アーティチョークは、上部がスッカリ枯れても、根元から新芽が出て来なかった。

枯れた日光種苗のグリーン・アーティチョーク

苗で買った古くからあるグリーン・アーティチョークの2株も暑さに弱かったようで、いつまでも新芽が出てこない。
とても大切にしていたので、凄くショック。もう、ダメになったんだな…と思いながらも、「芽が出てこい。出てこい。」と念じながら、根元をジーッと観察し続けていた。
すると、他のアーティチョークに随分遅れて、小さな芽を出し、復活してくれた。\(^o^)/

7月下旬やっと小さな芽がでる9月上旬チョロチョロと芽が出て成長10月上旬完全復活
7月下旬
やっと小さな芽がでる
9月上旬
チョロチョロと芽が出て成長
10月上旬
完全復活 (*^^)v


日光種苗のオランダ産グリーンは、暑さに弱いタイプだったようで、完全に枯れてしまったけれど、心配した古くからあるグリーンも復活し、藤田種子のアメリカ産グリーンも成長し、藤田種子のイタリア産パープルは、暑さにも強いらしく、ワサワサと大きくなった。
暑さのせいで、いつもの年よりも全体的に新芽の成長が遅かったけれど、冬になるといつも通りの大きな姿になってくれた。…ホッとした~。


[2010年~2011年冬のアーティチョーク]

下の写真は、12月上旬の古くからあるグリーン、藤田種子のアメリカ産グリーン、藤田種子のイタリア産パープルの姿。
この頃は、まだ全部が元気で、ワサワサしている。
古くからあるグリーンアメリカ産グリーンイタリア産パープル
2010年12月上旬
古くからあるグリーン
2010年12月上旬
アメリカ産グリーン
2010年12月上旬
イタリア産パープル


霜が降りると、葉の端から少し枯れて、寒さが厳しくなる毎に、少し小さくなりながら、耐えて耐えて、頑張ってくれる。

2011年1月上旬霜の降りたアーティチョークの葉2月上旬霜で少し枯れた葉
2011年1月上旬
霜の降りたアーティチョークの葉
2月上旬
霜で少し枯れた葉


2010年の春にタネを蒔き、6月下旬に苗を定植したアーティチョークも寒さに耐えて、小さくなりながら頑張ってくれた。

2010年12月下旬手前が2010年の苗2010年12月下旬上から見た所2011年2月下旬小さくなってしまった
2010年12月下旬
手前が2010年の苗
2010年12月下旬
上から見た所
2011年2月下旬
小さくなってしまった



2010年の猛暑の夏も大変だったけれど、2010年~2011年の冬も寒さが厳しくて大変だった。今年も藤田種子のアメリカ産グリーンの1株の上部が枯れ、酷いダメージを受け、心配な姿になってしまった。
不思議な事に、今年ダメージを受けたのは、2009年~2010年の冬に枯れそうになったのとは、別の株。寒さに弱い種類というより、肥料とか、アブラムシとかで、コンディションが悪くなって、冬を越す体力が尽きて、地上部が枯れてしまったのかもしれない。
ダメージを受け、見た目は悪くなったけれど、冬の場合は、去年枯れてしまったものも無事復活したので、今年のもあまり心配しなかった。

下は、2010年に“1株だけ”、地上部が枯れて茶色くなってしまったアメリカ産のグリーン。
2月上旬地上部は茶色くなってしまった3月下旬葉が大きくなる5月中旬無事、蕾をつけた
2010年2月上旬
地上部は茶色くなってしまった
2010年3月下旬
復活!葉が大きくなる
2010年5月中旬
無事、蕾をつけた


こちらは、2011年に“1株だけ”、地上部が半分枯れてしまったアメリカ産のグリーン。
上の2010年のとは、別の株。
1月下旬株の半分くらい枯れる復活!葉が大きくなり始める他の株と同じ位の大きさに復活
2011年1月下旬
株の半分くらい枯れる
2011年2月上旬
復活!葉が大きくなり始める
2011年4月下旬
他の株と同じ位の大きさに復活



今(2011年4月下旬)のアメリカ産グリーン・アーティチョーク3株は、こんな大きさになっている。

今のアメリカ産グリーン・アーティチョーク3株

ちょっと判り辛いけれど、左が、2010~2011年の冬に地上部がダメージを受けたアーティチョーク。
真ん中が、2009~2010年の冬にダメージを受けたアーティチョーク。
アメリカ産アーティチョークは、現在3株あるけれど、葉の色も、株の広がり方も、それぞれ個性があり、右のアーティチョークは、青白い葉がとても美しく、葉が立ち上がる感じで成長し、真ん中のアーティチョークは、少し黄緑色っぽい葉で、横に広がり気味に成長する。左のアーティチョークは、その中間の色合いで、中間の成長の仕方をする。

古くからあるグリーン・アーティチョークとイタリア産のパープル・アーティチョークは、こんな感じ。

古くからあるグリーン・アーティチョークイタリア産のパープル・アーティチョーク
2011年4月下旬
グリーン・アーティチョーク
(古くからあるもの)
2011年4月下旬
パープル・アーティチョーク
(イタリア産)


グリーン・アーティチョークは、全体に葉が少し青白く、立ち気味で、パープル・アーティチョークは、葉が黄緑っぽく少ししなやかで、横に広がって成長する感じ。
グリーンは、葉の色の個体差が目立ち、パープルの葉の色は、どれもあまり差が無い。
パープルの葉の色には、個体差が無いけれど、蕾が出来る時期には、大きな差があり、収穫できる期間が長く、とてもありがたい。

パープルの蕾が出来る時期の差は、どうやら、肥料とかコンディションとかの問題では無いらしく、そういう個性らしい。
今年も、去年と同じパープル・アーティチョークが一番最初に蕾を付けた。
相変わらず、美しくなく、ゴツくて、形が悪くて、不味そう (;ーдー)

2011年4月下旬上からの写真2011年4月下旬横からの写真
2011年4月下旬
上からの写真
2011年4月下旬
横からの写真


これからも、きっと毎年、この不味そうなパープル・アーティチョークで始まっていくんだろうな。
…ちょっと残念。


今年も、そろそろアーティチョークの収穫が始まる。
また、夏がやってくるけれど、心配なのは、夏の暑さ。
去年(2010年)のような猛暑は、頻繁にやってくるのだろうか?

暑くなる東京

 東京の年平均気温は、過去100年で約3℃の上昇がみられ、他の大都市の平均上昇気温2.4℃、中小規模の都市の平均上昇気温1℃に比べて大きな上昇です。
 気温上昇の原因には、地球温暖化の影響もありますが、ヒートアイランド現象を含む都市温暖化の傾向が、顕著に現れています。

真夏日の増加

夏場の最高気温が30℃を超える日数をみると、近年の増加傾向が明らかです。特に90年代に入ってからは、35℃以上の日数も増加するなど、東京の夏は、ますます暑くなってきています。

ヒートアイランド対策|東京都環境局 地球温暖化対策:暑くなる東京



地球温暖化+ヒートアイランド現象で暑くなっているらしい…。
アーティチョークは、どこまで耐えられるかな?心配。
今年の冬は、寒かったけれど、都市部の冬も昔より温かくなっているみたい。
冬日は、最低気温0℃以下、真冬日は、最高気温0℃以下というらしい。

冬日日数の平年値をたどると、1960年代が年間50日、70年代が43日、80年代が28日、90年代が20日と激減していく。とくに70年代から80年代の違いが大きくこの時代が、もっとも都市化が進んだことを裏づけている。

寒冬日 - チーム森田の“天気で斬る!” - Yahoo!ブログ





最後に…
アーティチョークの効能として、面白い事が書かれていたので、おまけでリンクさせていただいて、終わりにしようと思う。
どうやら、アーティチョークがおならの匂いを抑える効果があるらしい。



上記のリンクのアーティチョークの部分がこちら。

ジェシカがリンク付けしたOMGFactsというサイトには、日々の食事や高カロリーの食べ物がガスを増殖させているといった内容が書かれており、臭いを軽減させるにはアンティチョークを食べるのがおすすめなどと記載されていた。

ジェシカ・シンプソンの“おならの悩み”、解決の兆しへ/ニュース : 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル



OMGFactsから、探し出したのが、下記。
アーティチョークは、臭いを軽減させる効能があるから、食べたら良いよと書かれている。

3. Eat artichokes. Artichokes have the strange ability of neutralizing gastrointestinal odors. Although this is not a commonly eaten food, try to incorporate it into your diet.

How to Make Your Farts Stink Less | eHow.com


おならを減らすのではなく、おならの匂いを軽くする…らしい。
“人前で、ソ~ッとおならができるよになる”…って言う事かな?


スポンサーサイト
  1. 2011/04/22(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : アーティチョークの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

トマトの栽培(12) - 結局毎年、トマト苗は、サントリー&デルモンテ_v2011

近所のホームセンターで扱っている調理用トマトの苗は、サントリーとデルモンテしかないということもあり、今年もトマト苗全て、サントリー&デルモンテとなってしまった。
結局毎年、トマト苗は、サントリー&デルモンテなんだな (*^^*)

今年は、ホームセンターに買い物に行ったついでに園芸コーナーを見たら、デルモンテのイタリアンレッドが2つ残っていたのを発見。ヒャッホ~!と、即、購入。
そういえば、そんな時期なのね…と、サントリー本気野菜シリーズを探してみたけど、そのホームセンターには置いていない。店員さんに一応聞いてみたけど、やっぱり、毎年の事ながら、「わかりません」という返事。残念なことに、どこのホームセンターでも、店員さんに聞くと、「わかりません」なんだよね。不思議。
仕方ないので、家に帰って、ネットで取り扱い店を探すことにした。

デルモンテは、「野菜野菜苗の販売店情報:商品紹介|日本デルモンテ」から、都道府県を選択して、検索できる事になっている。
でも…
デルモンテは、全然ダメ!何年も前に潰れちゃった店が取り扱い店として載っているし、どの種類の苗が扱われているのかも判らない。全然ダメダメ… (*T^T)
デルモンテの苗については、運を天に任せる事にした。

それに比べて、サントリー本気野菜シリーズは、とても親切!
ベジタブルナビ 野菜苗お店検索 本気野菜 サントリーフラワーズ」から、商品名、都道府県、市町村を選択し、検索ができる。
検索結果も、バッチリ!
店舗への配達時期も、4月、5月のそれぞれ、上旬・中旬・下旬に○印が書かれていて、いつ買いに行ったら良いか計算できる。とても親切。そして、ありがたい。ヽ(^-^ )

デルモンテの悪口を書いてしまったけれど…、味的には、「デルモンテのイタリアンレッド」と「デルモンテのぜいたくトマト」は、とても美味しい。
もうちょっと、親切になって欲しいだけなんだな…



今年は、偶然「デルモンテのイタリアンレッド」を発見し、早目に動く事ができた。ラッキー!
上記のサイトのお店検索で探した、遠くのホームセンターへはるばる出かけて、欲しい苗の全てをゲット!クフフ…嬉しい! (*^-^)v

今年、購入した苗は下記。
・デルモンテのイタリアンレッド × 2
・デルモンテのぜいたくトマト × 2
・サントリー本気野菜のルンゴ × 5
・サントリー本気野菜のズッカ × 1

イタリアンレッドぜいたくトマト
イタリアンレッドぜいたくトマト
ルンゴズッカ
ルンゴズッカ


全部大玉で、調理用トマトが7つ、生食用トマトが3つ。
調理用トマトは、皮を剥かなければならないので、やっぱり実が大きい、イタリアンレッドとルンゴが使いやすい。
ぜいたくトマトは、なんと言っても美味しい。味が濃い!
そして、ズッカは、ウチのフランス人のおじさんが「これは、美味しいね。こんなトマト食べた事ないね~!」と喜んだので、また、購入した。でも、巾着型でチョー大玉なので、ちょっと、育てるのが難しいかな…



今年は、デルモンテもサントリーも、小さい3号(3寸(9cm))ポットで売られていた。
何年か前のトマト苗は、もっと大きなポットで、蕾がついたものが売られていたけれど、ザッと見た所、他のメーカーのものも、3号ポットの小さな苗以外見つけられなかった。
この3号ポットでは、定植できるサイズまで、育てることはできない。
こんな記述↓がある。

市販苗は、9cmポットサイズが多く、植えつけには小さい場合があります。購入後に一度12cmポットに植え替えて、第1花房が開花してから植えつけることをおすすめします。

住友化学園芸 : トマトの育て方|野菜の育て方のポイント|植物栽培ナビ

園芸店などでは適期の前から苗が入手できますが、小さく、軟弱に育ったものもあるので、適期を待つのが得策です。小さい苗を早植えすると、茎葉ばかり茂って実がつかない「つるボケ」になることもあるので、本葉が7~8枚で、花芽のついた苗を選びましょう。

NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]



ポットの大きさと葉数の目安が書かれているサイトがある。
判り易いので、その表部分を引用させて頂くことにした。

下表のようにポットは大きいほど土量が多く、長期間育苗することができる。途中肥切れや根腐れなどを起こさなければ、一般に大きいポットほど良質で体力のある苗が得られる。

育苗ポットの大きさ日数の目安葉数の目安冷涼地例
(定植5/25)
温暖地例
(定植5/3)
2.5寸(7.5cm) 14-17日本葉3-4枚まで播種4/30
ポット移植5/11
播種4/8
ポット移植4/19
3寸(9cm)20-24日本葉4-5枚まで播種4/24
ポット移植5/4
播種4/2
ポット移植4/13
3.5寸(10.5cm)26-28日本葉5-6枚まで播種4/18
ポット移植4/29
播種3/27
ポット移植4/7
4寸(12cm)35-40日本葉6-8枚まで
第一花房が見える
播種4/8
ポット移植4/20
播種3/17
ポット移植3/28

自然農法の種子~財団法人自然農法国際研究開発センター



…と、いうことで、我が家の3号ポットのトマト苗も12cmポットに植え替え。
ちょっと判り辛いけれど、下の写真は、植え替えた我が家のトマト苗たち。

12cmポットに植え替え12cmポットに植え替え




12cmポットに植え替えた後は、トマト苗が成長するのをおよそ2週間くらい待たなければならない。
苗の購入&植え替えに前後して、土の準備もしておかなければならない。
土の準備方法については、以前、「トマトの栽培(8) - トマトの苗の購入時期&土づくり&畝づくり&元肥について」で詳しく書いたので、今回は、書かないけれど、その中のトマト苗と土の準備のタイミングについての表だけ、コピペしておくことにした。

[土づくりとトマト苗]

日数土の準備9cmポット苗
(本葉5~6枚の苗)
12cmポット苗
(本葉7~8枚の蕾のある苗)
1週目1堆肥を入れ
耕す
2休ませる
3
4
5
6
7
2週目8苦土石灰を入れ
耕す
トマト苗購入
12cmポットに植え替え
9休ませる育苗
(およそ2週間)
10
11
12
13
14
3週目15元肥を入れ
畝を作り
マルチを張る
16休ませる
17
18
19
20
21トマト苗購入
4週目22植え穴を開ける苗の植え付け苗の植え付け


トマト苗と土の準備のタイミングは、大体こんな感じ。
今年の夏は、どうなるかな?
去年みたいな猛暑だったら、辛いね~。
去年は、野菜の手入れをしていて、目の前が暗くなっちゃったしね。…家庭菜園で死んじゃうかと思ったね。
トマトの実るのは楽しみだけど、夏が来るのは怖い…
今年は、猛暑じゃありませんように…



  1. 2011/04/13(水)
  2.  | 
  3. カテゴリー : トマトの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。