スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

キュウリの栽培(1) - 病気になったキュウリ

我が家では、キュウリを2本植えている。
今年は、1本は普通の接ぎ木苗で、もう1本は、ピノキオという小さい種類の苗にした。他の野菜と同じように、植え付けの時に肥料をあげるだけで、後は何もしていない。
でも、キュウリは、お店で買うより、何といっても我が家の穫りたての物が甘みがあって一番おいしい。
キュウリは、穫って時間が経つと、すぐ味が変わるようだね…
フランス人のおじさんも「このキュウリは、売っているのと味が違うね」と毎年言っている。



健康情報6月の薬膳料理 ~ 胡瓜(きゅうり) ~には、このように書かれていた。

キュウリは古くから渇きを癒し、利尿を促進し、心臓病、腎臓病、尿毒症、高血圧症に効くほか、汁をすり込んだり、スライス片をはりつけると火傷、炎症、打撲傷によいとの記載があります。
また、抗酸化作用があり、がん予防効果が期待できる野菜とのこと。


このページには、キュウリの薬膳料理のレシピも載っている。


また、私の持っている、「薬膳、薬酒、健康茶がいっぱい―見つかった!漢方で治す健康レシピ (漢方健康シリーズ)」という本には、こんな記述が…

最近の臨床実験によると、キュウリの蔓(つる)は、血圧降下の作用があり、さらに、コレステロールを下げる作用があり


ある医療部門では、キュウリの蔓を、高血圧の効果的な薬として、利用しやすい錠剤にして提供している


キュウリの実だけでなく、葉、根、蔓みんな薬用に使えるらしい。



そんな味良し、体にも良しのキュウリだけど、…ウドンコ病になってしまった。
下記が病気のキュウリ。

キュウリのウドンコ病

自分の家で食べるだけなので、出来れば市販の薬は使いたくない。
色々検索してみた所、ウドンコ病には、重曹が効くということがわかった。

ただサイトによって、どれくらいの重曹の水溶液を使うのかバラバラだった。
もっと信用できる情報はないか探したら、京都グリーンファームというサイトをみつけた。
そのサイトには、こんな事が書かれている。

このHPは京都向日市 の小さな市民農園 京都グリーンファームの栽培の指導概要です。
私は一専業農家として、38年間米麦筍、野菜、野菜苗、鉢花と社会の変遷と共に歩み、平成3年からは植木造園会社に就職し(同14年退職)兼業しながら市民農園整備促進法に準じた農園利用方式の市民農園(体験型市民農園の一種)を同じく平成3年に開園し管理運営してきました。 (平成19年で開園17年を迎えます)


…何だか、信用できそう。

その、京都グリーンファームの夏野菜の農薬というページの“特定農薬(特定防除資材)”に重曹の使用例があった。

重曹を0.1%に水に薄め1a当たり10~50L散布。農薬としてハーモメイト水溶剤として登録販売されている。





農薬としてハーモメイト水溶剤とあるので、こちらの方が使い易くなっているのか、見てみようと思い、近所のホームセンターで探したけれど、…売っていなかった。
ならば重曹でやるしかないので、近所のスーパーで料理用の小さな重曹を買って来て、散布する事にした。

1a当たり10~50Lというのはよく分からないので見なかった事にして、重曹0.1%の水溶液を作り、散布してみた。
散布する量がテキトーなら、水溶液の濃度も気にする事もなかったかなとも思ったけど、あれで効くかな?
…しばらく様子を見てみよう。



ウドンコ病は、様子見として、気になる葉がある。これはもしかして、モザイク病ってヤツ?

キュウリのモザイク病

家庭菜園で楽しく野菜づくり【かてさい】のキュウリの育て方・栽培の病気に“うどんこ病、ウィルス病、べと病、モザイク病、斑点細菌病、炭疽病、灰色カビ病、つる枯病(茎)、つる枯病(葉)、つる割病、苗立枯病、疫病、渇班病”とある。
キュウリがモザイク病になるのは、間違いないらしい。

そして、島根県のサイトでモザイク病に病徴と診断と写真、また、ひと目でわかる花と野菜の病害虫(大阪府園芸植物病害虫図鑑) キュウリ モザイク病・ワタアブラムシに、被害の特徴と発生生態と写真があった。
似ているようで似ていない様な…、もしかして、違うのかな?


で、こんな記述を見つけた。

ウイルス病そのものに実用的防除効果のある薬剤はないので、虫媒性のものでは、媒介虫であるアブラムシ等の飛来防止と殺虫剤による防除が中心となる。

愛知県:あいち病害虫情報:キュウリモザイク病


…なってしまったら、直らないのかい?
それにしても、アブラムシを甘くみたらいけないのだね。


もっと探したら、こんなサイトを見つけた。

病原体:ウイルス
主な病気:モザイク病
主にかかる野菜:各種野菜

症状・対策:
縮れて枯れる
 ・葉にモザイク状の斑点が出たり、萎縮して枯れる
 ・ アプラムシ、アザミウマなどが伝播する
 ・発病したら早く抜き取る


JAあいち中央:■家庭菜園「基礎の基礎 - 病虫害への対策」


モザイク病の対策として“発病したら早く抜き取る”…ですか?

・・・・・。
キュウリは2本しかないので、モザイク病らしい症状は、見なかった事にする。
萎縮してないし…違うよね?違うんじゃないかな?きっと違う…と、嬉しい。




文章中の本は、下記。

薬膳、薬酒、健康茶がいっぱい―見つかった!漢方で治す健康レシピ (漢方健康シリーズ)薬膳、薬酒、健康茶がいっぱい―見つかった!漢方で治す健康レシピ (漢方健康シリーズ)
(2006/11)
趙 續〓@69AC@呉 秀芬

商品詳細を見る



  1. 2007/07/08(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : キュウリの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。