スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

カボチャ料理イロイロ (3)_カボチャがドッサリ、カボチャ蒸しパン

今年の夏は、次々と収穫され、食べても食べても収穫されるカボチャを減らす為に、中サイズのカボチャの4分の1を使って、生地にも具にも混ぜ込んで、カボチャがドッサリ、ゴロゴロと入ったカボチャ蒸しパンを作った。

蒸しパンの生地には、カボチャの4分の1の内、100gを電子レンジでチンしてから、ペースト状にして混ぜたので、奇麗な黄色。
そして、残りのカボチャは、1cmのサイコロくらいに切り、やはり電子レンジでチンしてから混ぜ込み、カボチャがゴロゴロとした、柔らかく、ふんわりしていながら、カボチャの味そのままって感じに出来上がった。

夏の話なので、今更ながらだけど…、美味しく、良く出来たので、また、来年作る時に困らないように、アップしておこうと思う。



以下、カボチャ蒸しパンの作り方

[カボチャ蒸しパン]

<材料>
・カボチャ…中サイズのカボチャの4分の1くらい
上記のカボチャの内
生地用…(皮を剥いたもの)100g
具用…(皮付き)残りのカボチャ全て(好みで)

・小麦粉…100g
・ベーキングパウダー…10g(出来ればアルミニウムフリーのもの:苦みを感じない気がする
・卵…1個(卵黄と卵白に分けておく)
・砂糖…30g(好みで)
(砂糖の15gは卵黄とカボチャを混ぜる時に使用し、残りの15gは卵白を泡立てる時に加える)
・塩…少々
・牛乳…50cc(カボチャの様子で、加減して…)
・メース(または、ナツメグ)…好みの量

※カボチャの水分や甘みで、砂糖や牛乳の分量は、様子を見ながら…って感じ…かな

生地に入れるカボチャ100g1.生地に入れるカボチャ100gは、皮を剥き、水を少しかけ、ラップをして、2~3分電子レンジでチンする
具のカボチャをチンする2.残りのカボチャは、皮を剥かずに、1cm角に切り、水を少しかけ、ラップをして、3~6分電子レンジでチンする
クッキングシートを敷く3.カボチャをチンしている間に…

・パウンドケーキ型にクッキングシートを敷いておく
・小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく
・卵白に砂糖15gを加え、泡立てておく
カボチャと混ぜる4.「1」の生地用カボチャを潰し、卵の黄身・砂糖15g・塩・メース・牛乳と混ぜる

※カボチャが水っぽいようなら、牛乳を減らし、カボチャがパサパサなら牛乳を少し増やす
混ざった様子5.「4」を混ぜた様子
小麦粉とベーキングパウダーを混ぜる6.「5」にふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーを加え、全体を何となく混ぜる
カボチャを混ぜた様子7.「6」にカボチャを加え、ザックリと混ぜる

※何となく粉っぽさがあってもあまり気にしない
泡立てておいた卵白を加える8.泡立てておいた卵白を「7」に加える

※泡をなるべくつぶさないように混ぜ合わせる
型に入れ蒸す9.パウンドケーキ型に真ん中を低めに入れ、蒸気の上がった蒸し器で30~35分位蒸す
蒸し上がり10.蒸し上がった様子
切った様子0111.具のカボチャを6分チンした蒸しパンの断面
切った様子0212.具のカボチャを3分チンした蒸しパンの断面


*アルミニウムフリーのベーキングパウダーについては、マクロビパパの奮闘記:重曹とベーキングパウダー - livedoor Blog(ブログ):December 29, 2007:重曹とベーキングパウダー に詳しく書かれている。
…どうも、苦みとアルミニウムは関係無いようだけど、…苦くない気がする


具のカボチャは、電子レンジでチンする時間を短くした方が、カボチャの形がシッカリ残り、カボチャがゴロゴロ入っている感じが出る。
でも、どうもカボチャによって、ゴリゴリとした歯触りが残るものもあるようなので、6分チンしてから生地に混ぜ込んでいる時もある。
6分チンしたものは、混ぜる時に、少々カボチャが潰れ、カボチャがゴロゴロって感じが減って寂しいかな…。



「カボチャ料理イロイロ」の他のエントリーは、下記。



  1. 2008/12/21(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 カボチャ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。