スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

キャベツの料理(1) - サボイキャベツで、バーニャカウダ

前回、キャベツの栽培(1) - 初のサボイキャベツの栽培で、ちょっと収穫遅れのサボイキャベツの写真を披露したけれど、今回はそのキャベツを使った料理の話。

料理といっても、ただソースを作っただけだけれど…


サボイキャベツは、ネットで検索すると、“葉が堅いので生食には不向き”とか、“煮くずれしにくいので、煮込み料理向き”というような記述が目立つ。
でも、味付けをしたり、煮込んだりしてしまうと、サボイキャベツの味を楽しむ事ができない気がする。


サボイキャベツは、生でも甘い。
特に、葉の葉脈の主脈は、とても甘い。

主脈とは、下記のこと…

葉脈(ようみゃく)

vein, nerve, rib
葉身のなかの維管束(いかんそく)の部分。葉を丈夫にし、水や養分の通路の役目をしている。最も太い葉脈を主脈、それから分かれたのを側脈、細脈という。葉脈の配列にはイチョウなどの叉状脈(さじょうみゃく)、単子葉植物の平行脈、双子葉植物(そうしようしょくぶつ)の網状脈の3通りがある。

葉脈 - 園芸ナビ 花の園芸用語辞典

主脈  葉脈のうち、葉の中央を突っ切る、最も太いものをいう。

素人園芸解説 -私はこう育てる-:園芸用語解説(サ行)




サボイキャベツの主脈は、料理の時に、少しつまみ食いように切り落とし、ポリポリ食べている。
いつも「甘いな~。美味しいな~。」って思う。


この甘くて美味しいサボイキャベツは、やっぱり生が一番「へ~!!」って驚くと思って、バーニャカウダで食べる事にしてみた。
でも、外側の葉は、堅いので、内側の柔らかそうな葉をバーニャカウダに利用。

サボイキャベツの内側の葉



本当は、バーニャカウダポットという土鍋で、温めながら食べるのだけれど、今回は簡単に、バーニャカウダソースを作り、電子レンジでチンしてから、お皿に添えてみた。



以下、バーニャカウダソースの作り方。

[バーニャカウダソース]

<材料>
ニンニク…好みの量(今回は一人分を2片にしてみた)
牛乳…ニンニクが浸るくらいの量
アンチョビペースト…好みの量(塩気を見ながら)
オリーブオイル…好みの量(ニンニクペーストがヒタヒタになるくらいの量)


ニンニクを牛乳で煮る1.鍋にニンニクとヒタヒタの牛乳を入れ、弱火でコトコトニンニクが柔らかくなるまで煮る

※ニンニクに竹串がスッと通る位まで煮る
ニンニクを潰す2.柔らかくなったニンニクを取り出し、マッシャー等で潰し、ひとり分づつ器に入れる
アンチョビペーストとオリーブオイルを加える3.(2)の器にアンチョビペーストとオリーブオイルを加える
ペーストを混ぜる4.よく混ぜ合わせる

※この写真のオリーブオイルは、少な過ぎたので、後でオリーブオイルを足した
器に盛る5.サボイキャベツを適度な大きさに切り、茹でたジャガイモやニンジンやら、セロリやら…他の野菜を器に盛る

6.(4)のペーストにラップをかけ、電子レンジで、軽くコトコトするまで温めて、(5)の器に乗せて出来上がり



本当は、ニンニクペーストとアンチョビペーストとオリーブオイルを鍋の中で混ぜ合わせ、焦がさないようにコトコト温めてから、バーニャカウダポットに入れ、ロウソクの炎などで温めながら、野菜類を付けて食べる。…らしい。
時々、小さなフォンデュ鍋に入れて、コポコポさせながら食べている。
ちょっとイベントっぽくて、楽しい。
でも、小さなフォンデュ鍋を出すのが面倒な時(または、フォンデュ鍋のデザインが恥ずかしくて、ブログに出せない時)は、小さな器に入れ、電子レンジでチンしてから食べている。
ニンニクとアンチョビの香りが良く、「このソースは、美味しいね~!」と喜んでもらえる。

また、このソースは、フランスパンに付けても美味しい。
ただ、温めながら食べる時は、コポコポしているのは油なので、火傷には注意!
私は、ついウッカリ熱いままクチに入れてしまい、火傷してしまった…


作るのが面倒なら、市販のバーニャカウダソースはあるけれど…、デパートの輸入品はとても高い。
こんなのとか…

イタリア製バーニャカウダソース

新宿の某有名デパートで買ったイタリア製ものだけれど、35gしか入っていなくて、600円位だった…かな?
入っている物は、ニンニク・牛乳・アンチョビ・塩・オリーブオイル。
裏ごししてあるので、とてもなめらかに出来上がっている…でも、高いな~。


最近、近所のスーパーで見つけたバーニャカウダソースは、リーズナブルで80g入り、およそ300円。

キューピーのバーニャカウダソース

小麦粉やでん粉が入っていて、ちょっとモッタリした感じのソースになっていたり、上記の高い輸入ものや自分で作ったものと比べると、ちょっと違う味わいだけれど、面倒な時や時間が無い時は、これでチャチャッと済ませている。


  1. 2009/01/31(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 キャベツ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。