スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

ボタン(4) - ボタンの剪定・葉刈り & その後の芽の様子

今年も寒い中、ボタンの芽が頑張っている。

ボタンの芽 Aボタンの芽 B
ボタンの芽 Aボタンの芽 B


ボタンの芽Aは、濃い赤紫色の花の芽。
ボタンの芽Bは、薄いピンクの花の芽。
…花の色と関係があるのかわからないけれど、芽の色が違う。


どちらも葉刈りした葉柄(ようへい)がまだ、くっついたままだな…、と思って…
…フト、考えたら、剪定や葉刈りについて、アップしていない事に気が付いた。

かなり時期外れで、今更って感じの話題だけれど、折角写真を撮っておいて、それをただ捨ててしまうのも勿体ないので、剪定や葉刈りをした時の話を書いておこうと思う。



まずは、剪定の準備として、去年の6月に芽つぶしをした時の話。

ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」によると、ボタンは、茎の先っちょの芽ばかりがドンドン伸びて、放っておくとヒョロヒョロの形になってしまうということなので、それを防ぐ為に茎の先っちょの芽を潰し、枝の元の方の芽を伸ばす必要があるらしい。
その方法は、本の文章を引用させていただくと、下記の通り。

方法は、今年伸び出た茎に発生した側芽を、ピンセットを使ってつぶします。



写真のように、基部の2~3の芽(○印の部分)を残し、上部の側芽を全部潰している。

芽潰し箇所

普通のピンセットを大きくしたような、園芸用のピンセットというものが売っているので、葉の裏に虫がいないか確かめて、ボタンの中に頭や腕を突っ込んで、“側芽”と呼ばれるものを潰している。
葉っぱが邪魔をして、作業し辛いけれど、なるべく根を痛めないように、株の端っこから、腕を伸ばし、ペチッペチッとやっている。
6月の作業は、この芽潰しのみで、剪定はしない。




そして、自分が9月下旬~10月に入ってから、行った剪定の時の様子。

下の写真は、剪定前のボタン。
2株の内のひとつは、あっという間に大量に発生するイラガの被害にあって、写真のように葉は黒くなってしまっていた。

イラガの被害の葉被害の株の全容
イラガの被害の葉被害の株の全容




まずは、葉の裏の刺されると痛~いイラガに注意して、6月に芽潰ししておいた上部の芽の無い部分を剪定。
切る位置は、芽の上1cm位の所。

芽の上で剪定剪定後
芽の上1cmで剪定剪定後


他にも、枯れ枝や込み過ぎた枝なども剪定しておく。



そして、葉刈りという作業をする。
この“葉刈り”は、「葉柄を少し残し、ハサミで切り落とす」ということ…らしい。

葉刈り後葉刈り後
葉刈り後葉刈り後




全て剪定し終えた我が家の2株のボタンの姿は、こんな感じ。

剪定後剪定後
剪定後剪定後




そして…
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)」に、下記の事が書かれているので…

ボタンは切り口にカルス(癒合組織)ができにくく、枯れ込みやすいため…

切り口には、病原菌の侵入を防ぐために、つぎロウ、または木(竹)酢20倍液を塗っておきます。



枝の切り口に、ホームセンターで買って来た癒合剤をチョコチョコと塗って回って、剪定作業完了。
そして、肥料を施して、全ての作業は完了。
後は、3月の肥料の時期まで、何もすることはなく、ず~っとお休み。


…と、思ったら、この文章を書いている今は、2月なので、後ちょっとで肥料をあげなくちゃ。



文中に出て来た本は、下記。
ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)ボタン、シャクヤク (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
(2004/04)
江川 一栄青木 宣明

商品詳細を見る



  1. 2009/02/07(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 ボタン
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント1

Comments

選定したことがない

こんにちは
本日は牡丹の選定を拝見大変参考になりました。
我家は白と赤の2本があるのですが、今年も沢山花をつけてくれました。
ただ、枝が大きくなり格好が悪くなったので選定をできないかと思っていたところです。
秋になって選定を試みたいと思います。

  1. 2011/07/24(日) 09:58:45 |
  2. URL |
  3. 小山穂積 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。