スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アーティチョークの栽培(8) - アーティチョークの新芽 & 種蒔き

以前、「アーティチョークの栽培(7) - 刈り取りに失敗したアーティチョークの株の冬の様子」で、いらないと思って刈り取ってしまった為に、育ち始めた秋の芽が枯れてしまい、2株の内の1つのアーティチョークが小さくなってなってしまった…という事を書いた。

小さくなってしまった方のアーティチョークのポッカリ開いた穴の周辺から、春の新芽が出て来ないか、時々見に行っているけれど…
ポッカリ開いた穴の部分は、死んじゃっているのか…何の変化もない…
あ~あ…


…と思いながら、大きな株の方のアーティチョークの根元を見ると、小さな新芽が出て来ていた。

アーティチョークの新芽

嬉しいな~
…でも、小さくなった株の方からも新芽が出て来たら、もっと嬉しいな…あ~あ…

ん…自分で仕出かしてしまった事をいつまでも悔やんでいても仕方ない。
…新たなアーティチョークを育てて行く事にしよう…




…と、アーティチョークの種蒔きをする事にした。
種は、育ててみないと、何が良いのかわからない。

そこで、ネットで2種類。
アーティチョーク グリーン」と「アーティチョーク パープル」(購入時どちらも260円)。
そして、渋谷のDIYのお店で、1種類(購入時262円)の合計3種類を購入。

生産地は、それぞれの袋に下記のように書かれていた。

アーアーティチョーク グリーン…米国
ティチョーク パープル…イタリア
お店で買ったタネ…オランダ



色々な国の色々なタネ。
楽しみだな~。
どんなアーティチョークが出来るのかな~。
ワクワクした気持で、袋を開けてみた。
…!

開けてビックリ!
お店で買った種は、2粒しか入っていなかった!
…高い!高すぎる~!!

アーティチョークのタネ3種類



くじけそうになる自分の気持を「ネットの種は、沢山ある…沢山ある…」と、励まし、「ほら、“アーティチョーク グリーン”と、“アーティチョーク パープル”は、種のビジュアルが違うよ。
…と、気持を紛らす事にした。

アーティチョークのタネ2種類グリーンのタネパープルのタネ
アーティチョークのタネ2種類グリーンのタネパープルのタネ


同じアーティチョークでも、色合いも模様も違いがあるし、微妙に形も違いがある。
面白いな…




…と、少し気持が明るくなった所で、種蒔きを始める事にした。

2粒しか入っていない、お店で買った“高級タネ”の袋の裏面には、こんな事が書かれている。

発芽適温: 15℃~20℃
播種時期: 春3月~6月・秋9月~10月頃
(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)



そして、「アーティチョーク パープル」のサイトには、下記の記述。

まきどき:3~6月、9~10月
発芽適温:20~30度



また、「アーティチョーク グリーン」のサイトには、下記の記述。

まきどき:春まき3~5月、秋まき8~10月
発芽適温:20~30度




発芽適温がちょっとづつ違うけれど、蒔き時は、“3月~”となっているので、「ま、芽が出なければ、また後で蒔けば良いや…」と、試しに少しだけ蒔いてみることにした。
…勿論、お店で買った“高級タネ”は、1粒だけ蒔く事にした。

ただ、気になるのは、袋に書かれている発芽率。

アーティチョーク パープル…60%以上
アーティチョーク グリーン…50%以上
お店で買った“高級タネ”…60%以上


アーティチョーク グリーンは、「半分は、保証しませんよ」…ってコトね…
まぁ、仕方ない…がんばろぉ…




苗を買った時のポットがとっておいてあったので、それを利用。
その中に、市販の種蒔き用培養土なるものを入れ、種蒔きを開始。

まずは、土に水を掛け、十分に湿らせてから、土を軽く掘り、種を投入(左の写真)。
発芽率が50%~60%と低いので、パープルとグリーンは、ポットに、2粒づつ蒔く事にした。
どちらかは、芽が出てくれるとイイな…
でも、2つ共芽が出てしまったら、…勿体ないけれど、間引くしかない。

そして、「学研の『ドゥーパ!別冊 野菜だより』 2009春号」の特別付録「畑しごと早わかり事典」には、下記のように記述されていたので…

鎮圧【ちんあつ】
 タネをまいたら、土を手で押さえて、土の表面を固くしめておきます。
これを「鎮圧」といい、うまく発芽させるための重要な作業です。
 鎮圧することによって、土の表面が乾くのを防ぎ、また、タネに土が密着するので、水分がタネによく補給されます。


種に土を被せて、キュッキュッと押さえ(右の写真)、完了。

種を投入種蒔き完了
種を投入種蒔き完了




…ここまでが、3月4日の種蒔きの様子。
この日は、他にも、キャベツとキュウリの種を蒔いてみた。

3月4日の種蒔き

黄色いポットが、アーティチョーク グリーン。
赤茶のポットが、アーティチョーク パープル。
そして、黒いポットの内、1つが、お店で買った“高級タネ”。
他の5つの黒いポットは、キュウリとサボイキャベツ。



いつものように、写真を撮り溜めて、ブログを更新しない間に、芽が出始めた。
3月12日には、アーティチョーク パープルの内の1つが、ちょこっと芽を出した。

アーティチョークパープルの芽


3月14日になると、パープルの芽は、ほんの少しだけ大きくなり、発芽率が50%のグリーンの方も芽が動き始めた。

少し大きくなったパープルの芽グリーンの芽
少し大きくなったパープルの芽グリーンの芽


く~!
嬉しい!
これからどんな風に育って行くのか…楽しみ~!




今回、購入したタネのリンクは、下記。

アーティチョーク グリーン[タネ]アーティチョーク グリーン[タネ]


アーティチョーク パープル[タネ]アーティチョーク パープル[タネ]



  1. 2009/03/14(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : アーティチョークの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。