スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アーティチョークの栽培(10) - アザミの花との比較 & 開花のスライドショー

パソコンの写真をそろそろ整理しなければいけなくなったので、アーティチョークの開花の様子をまとめてみた。
ただ写真を並べているだけ…って感じだけど…

まずは、下の写真は、2008年5月16日の食べ頃の蕾の様子。
我が家のアーティチョークは、蕾の形が2種類あり、蕾Aは、売っているアーティチョークのように形がよく、蕾Bは、形は悪いけれど、柔らかくて少し甘みが強くて美味しい。
…勿論、“食べごろ”なので、この2つの蕾は、写真を撮った後食べてしまった。

蕾A蕾B
蕾A(大きい方が食べ頃の蕾)蕾B




そして、下記以降は、開花させた様子。

まずは、花の大きさ。
大きさが判るよう、開花した蕾Bと手の記念写真。

蕾Bと手



下は、アザミの花とアーティチョークの比較。
左2つが、アザミ。
一番右が、満開の一歩手前って感じのアーティチョーク。

アザミ
アザミの蕾アザミの開花
アザミの蕾アザミの開花
アーティチョーク
アーティチョークの花
アーティチョークの花(蕾B)




下は、アーティチョークの花の部分拡大写真。

上の写真の部分拡大アーティチョークの花の部分拡大花の根元を斜め上から
上の写真の部分拡大左の写真の部分拡大花の根元を斜め上から




2008年は、8個のアーティチョークを開花させた。
ご近所さんにも喜んでもらおうと、最初10個の蕾を開花させようと思っていたら、フランス人のおじさんが「勿体ないよ!食べちゃおうよ!」と、うるさい。
「う~ん…そうだね」と、その蕾の中から2個食べる事にして、後は、「勿体ない!勿体ない!」と騒ぐのを無視して、開花させた。

花が咲いた時、「ほら、奇麗でしょう!」と、言っても、おじさんは、不満そうな悲しそうな顔で、「うん、奇麗だね…」。
…可哀相な事しちゃったなって、思っちゃったよ。

その開花させたものの内2つの蕾の写真を撮り続けてみた。
蕾Aと蕾Bを一つづつ撮影し続けたけれど…蕾Bは、やっぱりあまり格好良くないので、蕾Aのみをアップすることにした。

花は、私の目の高さにあり、写真を撮る為には、背伸びをして、手を伸ばさなければならない。
当然、カメラのモニターは見えないので、勘で花の位置を合わせ、何回も取り直しをして、大変だった。
下が、その努力の成果。

2008年6月18日2008年6月18日
蕾の開き始め

この状態で食べると、中心部分はかなり紫色になっていて、全体に少しスジっぽく、固い感じ
2008年6月23日2008年6月23日
この状態では、もう完全に食べられない
2008年7月3日2008年7月3日
ガクが紫色に染まり、花っぽい感じになる
2008年7月6日2008年7月6日
中心部分から花弁だか、オシベだか、メシベだか、…何やら出て来る

…どこから何処までがガクで、花弁(はなびら)で、オシベで、メシベなのだ?
2008年7月9日2008年7月9日
中心部分がドンドン広がり、満開の状態
2008年7月13日2008年7月13日
あっという間に奇麗な紫色は、こんな状態に…
2008年8月2日2008年8月2日
1ヶ月近く経つと、ドライフラワー状態
タネにしようとこのまま放っておいたけれど、ある日、腐って落ちていた




そして、上記の写真をflashのスライドショーにしてみた。
(…って、自分で元のflashを作った訳ではないけれど)
そのflashは、下記。

>> アーティチョークの開花

…まぁ、わざわざ、クリックして見て頂く程でもないのだけれど…花が開いていく雰囲気は伝わるかな…なんて、思う…けど…どうだろう…


  1. 2009/03/20(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : アーティチョークの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント1

Comments

地上部のアーティチョークについて

キキさん拍手コメントありがとうございます。

>アーティチョークつながりできました、つぼみをつけたかぶは終わりになるのですか?ごめんなさい 不躾な聞き方で・・我が家は3年目にやっとつぼみをつけました ということは新たな株を買ってもまた3年末・・と思ったもので・・汗


拍手コメントがどこで見られるのか判らなかったので、こちらのコメントにも返信させて頂きます。

アーティチョークは、2年くらいしたら花が咲き、地上部は枯れますが、多年草なので、地下では生きています。

花が咲き終わると、新しい芽が出始め、翌年の為の新たな葉っぱが青々してきます。
私も、初めて地上部が枯れた時は焦りましたが、それが普通のアーティチョークみたいです。

でも、本を見ると“4~5年は楽しめます”と書かれているものもあるので、ある程度寿命もあるかもしれません。
株分けすると安心かもしれません。
…株分けは、まだ、やった事がないので、今年か来年辺り、チャレンジしてみようかと思っています。

  1. 2009/07/05(日) 22:01:13 |
  2. URL |
  3. 134 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。