スイカ(3) - スイカの収穫の目安って、ホントは、なんなの? & ヒゲと若毛の写真

以前、「スイカ(2) - 今年初のスイカの収穫は、大失敗!…残念!!」で、スイカの収穫に失敗した事を書いた。
その時に知った、“収穫の目安のヒゲと若毛”の事を書こうと思って、その“ヒゲと若毛”写真を撮り溜めた。
なのに…それをスッカリ忘れていたという事を…3月の今になって思い出した。

今更アップしても遅いけれど、パソコンにある写真を整理する都合で、今更ながらの3月に、…恥ずかしながら…アップしちゃっておこうと思う。
ついでに、今年の夏、もしも我が家でスイカを作ったならば…、その時に便利なようにとチョコチョコとリンクを貼ってみた。(欲張り過ぎて、何だか、とても長くなってしまった)



我が家では、今まで、ホームセンターで苗が売っていたから、買っちゃって、出来ちゃったら食べちゃお~などと言う感じのスイカ作りだった。(本当にお恥ずかしい)
でも、どうやらプロの農家の方達は、授粉させて、積算温度とやらで収穫日を計算するらしい。
最初にその辺りのリンクを貼って、それから、我が家の恥ずかしいスイカの収穫の話へと続けようと思う。



積算温度とは、こういうものらしい…

積算温度(せきさんおんど)
毎日の平均気温を合計したもの、これを積算温度という。たとえば、スイカの果実の成熟には一定の日数がかかるが、日数よりもむしろ毎日の気温の累積が重要であり、それは800~1,000゚Cとみられている。つまり、快晴が続いた場合日数は少なくても、累計がこのぐらいの積算になれば成熟に達するとみられている。このように、積算温度は作物の栽培の多くの場面に共通した重要な意味をもつ。

園芸用語集 | せ- タキイ種苗 - ●積算温度(せきさんおんど)





この積算温度とやらは、スイカの種類で異なるらしく、下記の記述を見つける事ができた。

服部先生のワンポイントアドバイス
収穫適期の判定は、開花後の積算温度(毎日の平均温度を合計したもの)が有効で、大玉スイカで1000℃以上、小玉スイカで700℃以上必要とします。
このため、着果が確実になった果実に開花日を書いた標識を立てておき、収穫日を計算します。

ヤンマー|ヤン坊マー坊わくわく家庭菜園|ヤン坊マー坊野菜ひろば|スイカの作り方

9.収穫
 開花後の積算温度が小玉種で750℃、中玉種で850℃、大玉種で1,000℃で完熟する。
小玉種で交配後約30日ころ、大玉種で約40日ころを目安に収穫するとよい。

JAつやま:スイカ



上記2つのサイトは、施肥例や整枝なども書かれていてとても親切。



そして、世の中には、とても親切な人もいて、気象庁の平均気温のデータへのリンクや計算の仕方、そして、スイカの受粉日からの収穫予定日の計算結果例など、凄く詳細に書いてくれているブログを発見した。

>> スイカの受粉からの収穫予定日数について(計算してみませんか?^|^) - 週末家庭菜園 - Yahoo!ブログ

「わ~!凄いな~!今年は、私も1~2個くらいは、やってみたいな~」と、思ったりしたけれど…
夏になって、いつものように、「お!こんな所にスイカがなっている!ラッキー!」って事になってしまうかもしれない。



そして、ここからが我が家の恥ずかしいスイカの収穫の話。

我が家では、毎年、「お!こんな所にスイカが!」で、食べられるようになるのを待ち、母親がスイカを叩いて、「良い音なんじゃないの?」と収穫し、運良く美味しく食べられたり…、何とか我慢すれば食べられたり…

でも、去年のスイカ第1号の収穫の無惨な失敗(スイカ(2) - 今年初のスイカの収穫は、大失敗!…残念!!)で、気持は変わった。
やっぱり、なるべくガッカリしたくない!(当たり前の事なのに、去年初めて思ったのね…)

我が家は、スイカを“発見”するのだから、収穫の目安を見た目で判断するしか無い。
その判断の目安を検索した結果は、前回の「スイカ(2) - 今年初のスイカの収穫は、大失敗!…残念!!」に書いた。
けれど…、いちいちそのエントリーを見に行くのは面倒という人の為に、最終的な感想部分のみを抜き出してみた。

・音で判断は難しい
・開花からの日数の記述は、まちまち(スイカの種類によるのでしょうが…)
・ヒゲが枯れれば収穫OK(枯れ具合は、サイトによって書き方が違う)
・果実の元のつるの若毛もなくなったらOK(かな?)




そして、ヒゲだの若毛だのってのは、下記の事。

スイカの果実ヒゲと若毛若毛の拡大
スイカの果実ヒゲと若毛若毛の拡大





ヒゲの枯れ具合や、若毛の禿げ具合が、サイトによって違う書き方で、よく判らなかったので、後で参考にしようと写真を撮り溜めてみた。
イマイチな写真もあるけれど…その撮り溜めた写真のお披露目をしようと思う。

2008年の夏は、8月の中旬辺りから、雨が多く寒くなったせいなのか、8月の下旬位から、スイカの株が急激に元気が無くなり、葉やツルに痛みが目立つようになり、ヒゲも若毛も当てにならなくなってしまった。
ヒゲや若毛と果実の熟し度合いの関係は、天候によって違いがあるかもしれないので、撮り溜めた写真もどの程度役に立つか判らないけれど…、収穫の目安として、少~しばかり役に立つとイイな…と、思っている。



まずは、天気がわりと良かった7月下旬~8月上旬の中玉スイカと小玉スイカのヒゲと若毛とその結果。
下は、無惨な失敗(スイカ(2) - 今年初のスイカの収穫は、大失敗!…残念!!)の後、初めてヒゲと若毛を見て収穫したもの。

“着果節位の巻きひげが1/3程度枯れたとき”と、「奈良県農業情報・相談センター:スイカづくりのポイント」に書いてあったな…と、ヒゲが半分茶色になっていたのを見て、収穫した。

“着果節位”とやらは、「家庭菜園編 【スイカ】|みんなの農業広場」や「味きららスイカの作り方」を見ると判り易いかな?
どうやら、スイカのなっている(着果)所(節位)のヒゲってことらしい…。
その“着果節位”とやらからは、スイカの果実と葉っぱとヒゲが出ている。



[7月28日] 中玉スイカ
写真は、似た様なものが3本クルクルと巻いている上に、枯れた葉が邪魔して少々判り辛いけれど、本物の“着果節位”のヒゲは、半分茶色になっていた。
ヒゲ若毛
スイカのヒゲスイカの実
ヒゲが半分茶色になっている
(写真は判り辛いけれど…)
若毛の撮影は忘れてしまった

■結果

スイカの実全体種部分の拡大
スイカの果肉全体写真種部分の拡大
周りはまだ白っぽいタネは、少し斑に白っぽい

スイカによって違いがあるのか、我が家のスイカは、ヒゲが半分枯れただけでは、少し収穫が早いらしい…残念




「“着果節位”のヒゲが半分茶色」は、収穫には、ちょっと早いみたいなので、次のスイカの収穫は、ヒゲがもう少し茶色くなるまで待ってみた。

[8月2日] 中玉スイカ
7月28日に収穫が少し早かったスイカと同じ株の第2弾
今度は、ヒゲが4/5(5分の4)位枯れるまで待ってみた。
ヒゲ若毛
ヒゲ若毛
4/5位枯れたヒゲ太陽に当たっている部分は禿げている

■結果


スイカの実全体種部分の拡大
スイカの果肉全体写真種部分の拡大
スイカの皮は、こんなに厚いの?
それとも、周りの果肉が未熟?
タネは、だいぶ斑に白っぽい

中玉スイカの皮の厚さがよく判らないけれど、タネが斑に白っぽいって事は、まだ、収穫には早いっていうこと…だよね?




上2つは、中玉スイカ。
恥ずかしながら…、皮の厚みがよく判らないので、どこまで赤くなれば良いのか判らなかった…
下の2つの小玉スイカは、皮が薄いし、皮部分と果肉部分の色の差が判り易かった。
特に、8月10日の収穫は、大成功!

[8月3日] 小玉スイカ
2008年初の小玉スイカの収穫。
今度は、ヒゲが根元まで茶色くなったら直ぐ収穫した。
茶色の色が淡い感じがしたけれど、「お!根元まで変色したぞ!ソレソレ!」ってな感じ。
ヒゲ若毛
ヒゲ 若毛
少し茶色の薄いヒゲ太陽の当たる部分はツルツル。
日陰の部分には少し毛が残っている。
(写真は天地逆になっている)

■結果

スイカの実全体種部分の拡大
スイカの果肉全体写真種部分の拡大
皮に近い部分は、まだ、色が薄いタネも、少し斑に白っぽい

結果として、後一歩って所でしょうか?




どうも、「お!根元まで変色したぞ!ソレソレ!」と、ヒゲの色が薄くても、変色した途端、収穫したのは間違いだったようなので、次は、ヒゲの色が根元まで“茶色(褐色?)”になるのを待った。

[8月10日] 小玉スイカ
8月3日の失敗を参考にして、ヒゲが根元まで茶色になるのを待って収穫してみた。
今度のヒゲは、根元までちゃんと干涸びている。
ヒゲ若毛
ヒゲ若毛
根元までシッカリ茶色太陽の当たる部分はツルツル。
日陰の部分には少し毛が残っている。

■結果

スイカの実全体種部分の拡大
スイカの果肉全体写真種部分の拡大
皮と果肉の色がハッキリ
(小玉なので薄い皮)
タネも真っ黒

「上手に穫れたね~!」「美味しいね~!」と大満足!




どうやら、着果節位のヒゲは、根元まで茶色くなったら良い感じらしいと、収穫の成功を確信したのに…
この後も失敗だらけ…
スイカって、沢山穫れても、熟しているか判らない物を人にあげられないし、冷蔵庫にもそんなに入らないし…
以下もまた、失敗編。

[8月20日] 超大玉スイカ
一つの株に1個しかならなかったので、お店で見た事の無い「お~!」っていう超大玉スイカが出来上がっていた。
収穫するのが勿体なくて、おまけに冷蔵庫に入らなくて、一緒に食べてくれるご近所さんを探して、…と色々な理由から、ヒゲが茶色になってから2日程経ってから収穫。
収穫したら、直ぐ、ご近所さんが来てしまい、急かされてスイカを切り分ける事になってしまった。
…だから、お皿に切り分けたスイカしか撮影出来ず。
超大玉の全容は、お披露目できない…残念。
ヒゲ若毛
ヒゲ若毛
ヒゲはかなり干涸びている。
…でも収穫出来ず。
大丈夫かな?と、心配だった。
太陽の当たる部分はツルッツル。
日陰部分に少し残っている。

■結果

スイカの切り身種部分の拡大
スイカの切り身種部分の拡大
皮と果肉の色もハッキリタネは真っ黒。
でも、タネの周りは少しパサパサ…

…結果、少々穫り遅れ…だね。
ヒゲが根元まで茶色くなってから、2日も置いてしまったのがいけなかった。
ちょっと残念。
でも、見た事の無い、超大玉で大興奮!




この後、8月中旬以降、寒い雨の日が続き、日照時間が少ないせいか、スイカの株が急激に元気が無くなり、葉やツルに痛みが目立つようになり、気の毒な様子の中、果実は大きくなって行った。
まだ実が小さい内からヒゲが枯れ始め、「そんなハズないでしょうが…」って状態。
ヒゲも若毛も当てにならなくなってしまった。
下は、一番判り易く、気の毒なスイカ。

[9月6日] 中玉スイカ
寒い長雨の中、頑張っているスイカがあったので、「もしかしたら…」と、残しておいてあげた。
でも、葉っぱが溶け始め、「もう、ダメでしょ」と収穫。
スイカの株の様子ヒゲ
スイカの株の様子ヒゲ
葉は溶け始め、気の毒ヒゲは萎れて茶色に…

■結果

スイカの実
スイカの実
頑張って少し赤くしていた

可哀相にな~。
よく頑張ったよ!…と、言ってあげたい。



2008年のヒゲと若毛の目安で収穫し始めた結果は、こんな感じ。
まず、良い結果としては…
完璧!…1個
判っていても様々な事情で収穫出来ず、少々穫り遅れ…1個
…のみ。

後は…
ヒゲの色が変わり始めて、焦って収穫して、早過ぎ…3個
寒い長雨でダメージ…3個(食べられず)
カラスに泥棒される…4個(食べられず)

全体として、無惨な結果の年だった…という感じ。
ま、良い勉強になったと思う事にしよう…




これで話は、終わりのはずだったのだけれど…
ここまで書いて、気になる記事を見つけたので、長くなったついでに…

日本国内のミツバチが足りない。ミツバチは「はちみつをつくる昆虫」とのイメージがあるが、イチゴ、スイカ、メロンなどの花粉交配に欠かせない。ミツバチが不足すれば、果物や野菜の実りに影響し、品不足の心配も出てきた。日本の食卓を脅かしかねないミツバチの現状はどうなっているのか。

ミツバチ:不足、農家「困った」 原因不明の大量消失/果物など受粉に影響 - 毎日jp(毎日新聞)



どうも、果樹農家は、花粉交配にミツバチが必要なのだけれども、蜂群崩壊症候群(CCD)とやらで、ミツバチ不足が深刻である…という事らしい。

…それは大変だな~と、思いつつも、「?」と、思った。

必ずしも同じ日に、一斉にスイカの花が咲く訳ではないでしょ?
ミツバチも全ての花を同じ日に、完全に受粉させる訳ではないでしょ?
…すると、プロのスイカ農家は、どうやって受粉日を知り、どうやって積算温度とやらを計算するのかな?



それとも、なっている内に糖度って計れるのかな?
…と、思ったら

糖度は収穫した果実だけでなく,まだ樹になっている状態でも測定できるため,「樹が元気なのでもう少し置いとこう」という判断にも使えます。ただ,高価で約百万円もする機械なので広農大にはありません。

広島農大だあ!: メロン非破壊糖度計測定 ああ百万円!



…やっぱり、そういう機械あるんだね。

プロのスイカ農家は、なっている内に計測して、出荷しているのかな…?
“非破壊糖度計”で検索すると、いくつかヒットするけれど、…高いね。




色々書いて来て、最後に思ったのは…
で…、スイカの収穫の目安って、ホントは、なんなの?
って、コトかな…


  1. 2009/03/27(金)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 野菜 スイカ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント2

Comments

スイカ

凄いですねー

良くここまで、こまめに、スイカのように糖度を必要とする植物を栽培するのは難しいですよね、写真をお見受けする範囲では収穫期の他に生育、中後期の肥料の関係はどうでしょうか肥料が足らないのではとも思える所が有りますが如何でしょうか。

私の自宅は狭くねずみの額ほどの庭に山草やらなにやら植えてあるので、野菜や果物を栽培することは出来ないのですしかも、このあたりには貸し農園のような施設が見当たりません(東京都下のわりには)ですから広い庭が有ると良いなーと見ています。

素晴らしいブログこれからもがんばってください。

  1. 2009/03/29(日) 06:40:38 |
  2. URL |
  3. わらびです #-
  4. [ 編集 ]

Re: スイカ

> 写真をお見受けする範囲では収穫期の他に生育、中後期の肥料の関係はどうでしょうか肥料が足らないのではとも思える所が有りますが如何でしょうか。

詳しいんですね。
スイカの栽培は、私が担当している訳では無いのではっきり判らないですが、もしかしたら、肥料不足なのかもしれませんね。

親がスイカの収穫に大失敗してから、私がスイカの収穫担当を任されてしまい、どうしたら良いのか判らないまま頑張った記録…という感じなのです。

今年もまた、スイカの収穫担当を任されてしまっても困らないようにという、ただそれだけでして…本当にお恥ずかしいです。

  1. 2009/04/05(日) 23:52:32 |
  2. URL |
  3. 134 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード