栗(14) - 栗+肉は、とても美味しい _ トマト煮[洋風]編

今年は、栗がホントにホントに沢山収穫できた。
…でも、周りの人は、「栗は、面倒だからいらない」と言う。
う~む。困った。
…貰い手が無い。

仕方ないので、沢山の栗の甘露煮(シロップ煮)や水煮を作って、大量の瓶詰めにした。
…御陰様で、食品棚は、ちょっとしたお店みたいになった。

そんなものじゃ、マダマダマダマダ…食べ切れない。
だから、肉と一緒に煮物にして食べた。
栗+肉は、とても美味しい。
鶏肉、豚肉、牛肉…みんな美味しい。
…カロリーは、気になるけれど

今年は、栗の収穫時期には、本当に毎日のように、栗、栗、栗…
…甘煮も常備菜的に冷蔵庫に、常に入っていたからね。
おかずに無くても、食後に栗…とかだったね。

そんな感じで、今年は、沢山栗料理を作った。
今だったら、「栗料理は任せて下さい!」…と、胸を張って言えると思う。
…でも、来年、忘れてしまうかもしれない。
だから、今の内に美味しかった、“栗+肉”のレシピをブログで残しておこうと思う。

今年、栗と肉を使った煮物で特に美味しいな~と思ったのは、“トマト煮[洋風]”と“香酢炒め煮[中華風]”と“炒り鶏(筑前煮・がめ煮)風煮物[和風]”。
※どうやら、筑前煮・炒り鶏・がめ煮は、同じ料理らしい(詳しくは→「がめ煮 - Wikipedia


今回、写真を撮っておいたのは…
トマト煮は、鶏肉。
香酢炒め煮は、豚と牛の合い挽き肉の肉団子。
そして、炒り鶏(筑前煮・がめ煮)風煮物は、当たり前だけど、鶏肉。


全部一遍にアップすると、見辛いので、“栗+肉は、とても美味しい”シリーズとして、分けてアップすることにした。
今回は、第1弾として、トマト煮[洋風]編。

“栗+肉は、とても美味しい”シリーズの他のエントリーは下記

○ 栗(14) - 栗+肉は、とても美味しい _ トマト煮[洋風]編
>> 栗(15) - 栗+肉は、とても美味しい _ 香酢炒め煮[中華風]編
>> 栗(16) - 栗+肉は、とても美味しい _ 炒り鶏(筑前煮・がめ煮)風煮物[和風]




まず最初の“栗と鶏肉のトマト煮[洋風]”は、我が家のトマトが10月になっても収穫出来て、栗と共に冷蔵庫を占領していたので、一緒に煮てしまおう!…と、作り始めたもの。
作ったら、美味しいし、栗は煮崩れないし、栗の色も黄色くて奇麗だし、良いとこづくめだった。

…ただ、注意点としては、酸味があるものと一緒に煮ると、実が締まるためか、栗の煮上がる時間が掛かる。
栗の種類によって煮上がる時間は違うかもしれないけれど、いつも大体1時間位煮込んでいる。



では、以下、作り方。

[栗と鶏肉のトマト煮]

<材料>
・栗
・ベーコン(ブロックベーコンの方が美味しい)
・鶏もも肉
・ニンニク
・タマネギ
・トマト
・パセリ
・タイム
・月桂樹(ローリエ・ローレル・ベイリーブ)
・コンソメ(市販の固形コンソメ)
・塩
・胡椒
・オリーブオイル

ブロックベーコンを炒める1.鍋にオリーブオイルを入れ、切ったブロックベーコンを炒める
ニンニクとタマネギを炒める2.(1)にみじん切りのニンニク、切ったタマネギを加え炒める

タマネギが透き通るまで炒めたら、一旦取り出しておく
鶏肉を軽く焦げ目がつくまで炒める3.適度な大きさに切った鶏肉を軽く焦げ目がつくまで炒める
栗を加える4.(3)に、(2)と皮を剥いた栗を加える
切ったトマトを加える5.皮を剥いて切ったトマトを加える
味付け6.コンソメ(市販の固形コンソメ)/パセリ/タイム/月桂樹(ローリエ・ローレル・ベイリーブ)/塩/胡椒を加える

※写真の水のように見えるものは、トマトから出た水分
煮込む7.栗が柔らかくなるまで煮込む

※焦げ付くようなら、水を加えながら煮込む
出来上がり8.出来上がり





栗と鶏肉のトマト煮[洋風]、栗と肉団子の香酢炒め煮[中華風]、炒り鶏(筑前煮・がめ煮)風煮物[和風]の栗を比べるとこんな感じ。

栗と鶏肉のトマト煮栗と肉団子の香酢炒め煮炒り鶏風煮物
栗と鶏肉のトマト煮栗と肉団子の香酢炒め煮炒り鶏風煮物


3つとも、栗は、色止め・煮崩れ防止のミョウバン等は使っていない。

それなのに、“栗と鶏肉のトマト煮[洋風]”と、“栗と肉団子の香酢炒め煮[中華風]”は、トマトや酢の酸のお陰か、色も奇麗で煮崩れも少ない(完全に煮崩れしない訳ではないけれど…)。
特に、栗と鶏肉のトマト煮[洋風]は、トマトの色が移るのか、とても奇麗な美味しそうな黄色。

炒り鶏(筑前煮・がめ煮)風煮物[和風]は、酢を使っていないので、若干、アクの色が出たり、ソ~ッと扱わないと、煮崩れる。





  1. 2009/10/26(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 果樹 栗
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード