スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

トマトの栽培(1) - 良いトマトと悪いトマト

今年は、8本のトマトを植えた。
ホームセンターで購入した小玉、中玉トマト達(リトル・サマーキッス2本、フルーツゴールド1本、坂本さんのフルーツトマト1本)。
そして、ネットで購入したイタリアントマトという名前の調理用トマトを4本。

ホームセンターで購入したトマト達は、元気でとても甘くて美味しい。
去年も同じ品種の苗だったけれど、去年は、あまり甘くなくイマイチだったので、違う苗が欲しかったのだけれど、小玉、中玉トマトは、同じ品種しか無く、仕方なく買ったものだけれど…、今年はとても美味しい。
何が去年と違うのだろう?


我が家は、無農薬というか、…恥ずかしながら、放ったらかし農法。
何も薬を使わないから、葉もルリスネナガトビハムシにレースにされてしまったまま。
それも去年と同じだし…。

何が去年と違うかわからないけれど、今年の小玉、中玉トマト達は、スーパーマーケットで売っているのより断然美味しい!
特に、リトルサマーキッスは、とても甘い。
去年は、誤解していた。
小玉、中玉トマト達は、完熟してから穫っているという事と、何といっても、穫れたてで新鮮だから、「トマトって本当に美味しい!」って思う。
来年も同じ品種にしようかな。


ただ、今年のイタリアントマト(調理用トマト)は、全然ダメ!
去年は、イタリアントマト(調理用トマト)が凄く良くできて、トマトピューレにして保存しておいて、便利に使ったのに…。
今年もそのつもりで、去年と同じ苗を買おうと思ったら、近所のホームセンターではどこにも無かった。
見た目が普通のトマトと違うし、生でそのまま食べても少し固めだし、近所の人には人気がなかったのかな?
料理に使うと、美味しいのにな。
…残念。


だから、仕方なく、ネットで買った。
“イタリアントマト苗、「イタリアントマト(露地栽培向き)」”とだけ書いてあって、どんなイタリアントマトなのかちょっと不安だったけど、4本買ってみた。
…でもね、ダメみたい。
植えて直ぐ位から、葉がクルリンと反って背が低い、「病気?」と思ったけど、4本とも同じ様になっていて、隣の中玉君達は、すくすく育っているので、こういうヤツなのかな?と放っておくことにした。



トマトの高さ

中玉君達は、細身で背が高く、イタリアントマト君は背が低いながらも、太くてゴツい感じで育って行くので、これで良いのかな?と思っていたら、イタリアントマトは、赤くなり始めると、落下してしまう実が出て来た。
イタリアントマトはやっぱり、完熟してから穫らないとソースにしても美味しくないし、落ちそうだからと穫ってしまうわけにもいかない。
何だろな~?
やっぱり病気なのかな?
それとも、ハムシに食われた葉っぱのせいなのかな?
ハムシの被害葉は、下の方の数枚が酷いけど、上の方の葉は、大した被害ではない。
…でも、それが負担なのかな?

トマトの実の落下

どんな理由であれ、来年は違う苗にしよう。(自分が悪いかもしれないのに…)




去年のイタリアントマト(調理用トマト)の苗は、2種類だった。
一つは、ネット通販の苗で、もう一つは、デルモンテの苗だった。
ネットの方のイタリアントマト(調理用トマト)は、ピーマンみたいに、中に空洞ができ、非常に水分が少なく、たまに、中の種部分がカビみたいに黒くなっていた。自分の住んでいる環境に合わないのか、そういう種類なのか、わからないけれど、気に入らなかったので、そのイタリアントマト(調理用トマト)苗は今年は止めた。

デルモンテのイタリアントマト(調理用トマト)苗は、凄く良かった。
ベジタブルガーデントマトのページの一番下のイタリアンレッドだった。
今年も、これが欲しかったのに…。
このデルモンテのイタリアントマト(調理用トマト)は、サンマルツァーノタイプ 調理専用の大玉トマトらしい。

“この苗には日本デルモンテが独自に開発したワクチンを接種してありますから、ウイルス病に強く、薬剤散布を軽減できるため、より安心な栽培をお楽しみいただけます。”などと書いてある。

この“ワクチンを接種”というのは、人間の体に良いのか悪いのかわからないけれど、このお陰で、ウチのトマトも何もしないで元気だったということなのだろう。
やっぱり、何処かで何かしないと無事に育たないのか…。



でも、どんな苗でも、放ったらかし農法では可愛そうだから、少しは勉強しないとと思い、ネットで色々検索した。
そしたら、ほぼ日刊イトイ新聞 - だれでもつくれる永田野菜というサイトをみつけた。

「だれでもつくれる永田野菜」DVDをインストラクターとして永田農法へのとりくみを公開しているホームページやブログを紹介するこの「みんなでつくろう永田野菜」ページ。
DVDをお持ちになっていない方もこのページに登録されているブログなどを参考に永田農法にとりくんでいる人もおおいみたい。


…という内容らしい。
永田農法を始めたという人のサイトが、沢山リンクされている。

「ふ~ん。永田農法ってそんなに良いの?やってみるかな~。」何て思って、「だれでもつくれる永田野菜」DVDの販売は、販売中です。をクリックしてみて、ビックリ!DVDセットは、31,290円なり~。

“DVDをお持ちになっていない方もこのページに登録されているブログなどを参考に永田農法にとりくんでいる人もおおいみたい。”な人になろうと思ったりして…。
来年までには、勉強しておくかな…


  1. 2007/07/25(水)
  2.  | 
  3. カテゴリー : トマトの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。