スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

初の落花生の栽培 & 熱々の塩茹では美味しい

今年、初めて、落花生のタネからの栽培を試みた。
タネとは、勿論、あのピーナツ。

落花生のタネ

ピーナツを栽培するのだから、ピーナツを蒔くのは当たり前だけど、タネの袋を開けて…、何だか…ちょっと勿体ないなって思ってしまった。
余っても、このタネは食用にしてはいけないらしい(写真は、余ったタネ)。


何年か前に、テレビか何かで、「ピーナツの塩茹ではとても美味しい」と聞き、いつかは食べてみたいと思っていた。
でも…、「収穫されたばかりのピーナツでなければ、塩茹でに出来ない」…などとも言っていた。
残念だな~。食べてみたいな~。
…と、何年も思っていた。

そしたら…
今年、ホームセンターへ行ったら、落花生のタネが売っていて、少し遅めだけれど、蒔き時だった。
…あ!塩茹で食べたい!って思った。

そこで、タネを購入して、初の栽培を試みる事にしたのだけれど…
ワタシったら…、いちいち植え替えるのも面倒だし…って思って、100円ショップで買った、紙ポットに蒔いてしまった。
…結果、発芽したのは、ひとつのみ。あ~あ。

発芽した落花生

まぁ、ひとつでも、初めての事だし、練習&味見には丁度良いかな…と、思う事にした。


その、たったひとつの苗を定植をして、落花生の成長を見守った。
大きくな~れと、肥料をたっぷりあげたら、スクスク育ってくれた。
でも…
スクスクスクスク…
葉ばかりが育ち過ぎ…

スクスク育ってくれた落花生

どうやら、窒素過多…みたい。

管理のポイント

側枝が伸び始めたころ、カリ分の多い化成肥料を適量施します。窒素過多になると、つるボケ状になり、莢のつきが悪くなります。

落花生|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ



今年は、“つるボケ状になり、莢のつきが悪くなります”の見本のようになった。
…まぁ、良い勉強だな。

葉っぱばかりのデッカイ株だけど、まぁ、一応、チラホラと花が咲いた。
花は、とても奇麗。

落花生の花


どうやって、ここから地面まで伸びて、地中に入り、実を付けるのだろうと、見守っていたら、…花は、萎んで枯れてしまった。

萎んで枯れてしまった花

あれれ?受粉できなかったの?
…と、思ったけど、どうやら、花から直接何かが出て、地面まで下がっていく訳では無いらしい。

3)受粉した後、花のモトにある子房(しほう)で受精する

4)受精して1週間もすると子房のモトが伸び出して、根のように下を向く、この伸びた所が子房柄(しほうへい)

5)子房柄は、どんどんと土に向かって伸びていって、やがて土にささる。

6)土の中3~5センチの所にささった子房柄の先が水平に曲がって膨らみ始めてそこにサヤが出来ます。そのサヤの中で豆が育ちます。
土にささってから、およそ70~80日位で立派な落花生になります。

落花生の生い立ち 土の中に出来る落花生  - 千葉県八街市 落花生問屋 フクヤ商店



…確かに、“子房のモトが伸び出して、根のように下を向く”…と、なった。

子房のモト

これが、“子房柄(しほうへい) ”らしい。
その、“子房柄(しほうへい) ”が、ニョキニョキ現れ、地面に突き刺さり始めた。

地面に突き刺さり始めた子房柄

低~い所にあるから、撮影が大変。
なかなか上手く写真が撮れなかったけれど、…判り辛いかな?


土に刺さると、莢(さや)が出来るらしい。

莢(さや)になり始めた所少し大きくなった莢
莢(さや)になり始めた所少し大きくなった莢


上の写真は、私が掘り出したのではなく、カラスに穿られてしまったもの。
カラスに上からドカドカ乗られて荒らされて…
↓こんなにされてしまった。

カラスに荒らされた落花生

もう少し待ったら、実がもう少し大きくなってくれるかなと思っていたのに…
バキバキと、真ん中の枝を折られてしまったので、仕方なく収穫してしまう事にした。


端っこの方の枝の実は、やっぱり、ちょっと小さい。

落花生の枝


無事大きくなった実は、たったこれだけ…

収穫した実

収穫量も少ない上に、害虫なのか、病気なのか、莢にちょっとシミがある…


まぁ、試食としては、丁度良い量だな…と、思う事にして、早速茹でてみる事にした。
濃いめの塩水の多めの水量で、沸騰してから、落花生を投入し、茹でるらしい。
茹で時間や、蒸らし時間がサイトによって違うけれど、“味見をしながら、好みの固さに、好きな時間茹でる”と、いう事らしい。

茹で方は、下記の2つのサイトを参考にさせて頂いた。

普通の鍋の場合
なま落花生を水洗いして、鍋に入れて海水位の濃度の塩水を豆がかぶる位入れて、ふきこぼれないように茹でて下さい。約1時間後、火を止めてそのまま30分~40分位蒸らしてざるに上げて出来上がりです。

圧力鍋の場合
なま落花生を水洗いして、鍋に入れて海水位の濃度の塩水を豆がかぶる位入れて、圧力鍋の、おもりが回ってから5分~10分で火を止めて、そのまま10分位むらして出来上がりです。

南房総からの贈り物/甲常商店:なま落花生

洗った豆をさやごと一気に鍋に投入、中火で30~40分程茹でる

近江舞子いちご園:落花生の美味しい食べ方




何年間も食べたいと思っていた、穫れたての、熱々の塩茹でピーナツ。
さぞや美味しいだろうと思って期待して食べてみると…
ホント、美味しい!

収穫量がとても少ないので、未熟な実も茹でて食べたら…
まぁ!こちらも、柔らかくて、甘くて、美味しい!

熟した実と未熟な実莢の違い
熟した実と未熟な実未熟な方の莢は、
厚くて柔らかい


柔らかい未熟な塩茹でピーナツが美味しいと思うのは、私だけでは無かった。
こんな事が書かれていた。

乾燥したらしわくちゃになって食べられない未熟な豆もこれなら無駄無く食べることが出来ます。
それがまた甘くて柔らかくおいしいのです。

近江舞子いちご園:落花生の美味しい食べ方



…やっぱりね。
甘くて美味しいよ。

食べた事のない食感と味わいで、落花生、作って良かったなって思った。
量が少なかったから、特別美味しく感じたのかもしれない…




ちょっと、落花生の莢のシミが気になったので最後に、来年の為に…

我が家の落花生の気になるシミは、下の写真。

シミのある莢

調べまくったら、“ヒョウタンゾウムシ”または、“落花生莢褐斑病”っぽい感じ。

2.害虫の防除法 -ヒョウタンゾウムシ-

(2)成虫の防除法

  落花生の葉のこのような食害痕は、成虫によるものです。食害痕を発見したら直ちに、「トクチオン細粒剤F」(9kg/10a)を散布する。

(3)幼虫の防除法

 落花生の莢のこのような食害痕は、幼虫によるものです。幼虫に対する効果的な薬剤は無く、この場合、秋に収穫終了後、翌年6月上旬までほ場を空けておき、餌となる作物を作付せず、餓死させることが最も効果的な防除法です。なお、雑草の根も餌となるので、ロータリーをかけて雑草を生育させない。

千葉県農業改良普及情報ネットワーク:フィールドノート 落花生の中間管理-主な病害虫の防除法-

2.主な病虫害の被害状況

(1)サビヒョウタンゾウムシの被害と対策

ア 被害は、成虫および幼虫による食害です。成虫は、広食性で各種の野菜や雑草の葉や芽を鋸歯状に半月形に食害します。出芽直後の新葉を好みます。幼虫は、根を加害し、落花生では着莢不良となります。

(2)落花生莢褐斑病の防除

ア 病徴:莢と子房柄が褐変します。
  初め莢の表面に褐色小班点を生じ,後にこれらの斑点が融合して,大型不正形の褐斑となります。子房柄にも同様の褐斑を生じます。しかし,根や茎葉に病班は見られません。病勢が進むと,莢の内側や種皮も褐変します。


千葉県農業改良普及情報ネットワーク:フィールドノート 銚子のゆで落花生「郷の香」栽培



上記2つのサイトの写真が小さくてよく判らないけれど…
葉っぱは、多少何者かに食べられた痕はあるものの、莢(さや)のシミの感じは、“表面に褐色小班点を生じ,後にこれらの斑点が融合して,大型不正形の褐斑となります”…に、近いかな?
我が家の落花生は、“落花生莢褐斑病”…ですかね?


“落花生莢褐斑病”の防除について書かれているのは、下記。

(2)落花生莢褐斑病の防除

イ 病原菌:リゾクトニア菌
  糸状菌で,生育温度は5~38度,最適温度は28~30度。
ウ 伝染:菌糸と菌核で土壌中に生存し,土壌伝染します。
エ 対策:発病のひどい圃場では連作を避け、トウモロコシやサトイモとの輪作を行う。
  発病が少ないときはベンレートT水和剤20やホーマイ水和剤などによる種子消毒(粉衣)による効果も期待できます。
 ※農薬の使用にあたっては,ラベルをよく確認し,適正な使用を心がけてください。

千葉県農業改良普及情報ネットワーク:フィールドノート 銚子のゆで落花生「郷の香」栽培



今年初めて栽培したので、連作障害のはずは無いけれど…地中に虫か菌の何かがいたんだな…
来年は、もう少し、肥料や病害虫、そして、カラス対策を頑張るかな…


  1. 2009/11/14(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 豆類 その他
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。