スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

ローズマリー(2) - 発根しちゃったローズマリー

去年のクリスマスに剪定したフジのツルで作ったリースの飾り用に、庭のローズマリーを何本か切って利用した。
そのローズマリーは、利用し終わった後、捨ててしまうのは可哀想だし勿体ないので、グラスに挿して毎日水を換えながら、チョビチョビ葉を摘んで使っていた。

ローズマリー

すると…、ある日、枝の先から、根っこが出ていた。

発根したローズマリー

昔、スーパーでパック入りのローズマリーをグラスに挿して利用していたら根っこが出てきた事があったけれど、やっぱりローズマリーは、強いんだね~。
(このスーパーで買って発根したローズマリーは、這い性で、地植えにしたら、倒れるたびにあちこちから根が出て、ベリベリ剥がして管理しなければならず面倒なので抜いてしまった)

今回発根した時は、まだまだ寒くて、地植えにする時期ではなかったので、1本だけその辺りにあった植木鉢に植えた。

植木鉢に植えたローズマリー

その内にどこが良い場所に植え替えてあげようと、時期を待っていた。
…そうしたら、培養土に肥料が入っていたのと、部屋の中は暖かくて育ちやすかったのか、背丈も15cm位伸び、ふっくらとして柔らかそうなデカイ葉っぱになった。

背丈が伸びたローズマリーデカイ葉っぱのローズマリー




この根っこが出ちゃったローズマリーの枝は、下の写真の庭のローズマリーから切ったもの。
この場所には、大きなキャラボクがあったのだけれど、剪定がとても大変だったので、スコップ(シャベル?…デッカイ方のヤツ)で大穴を開けて引っこ抜いて、立ち性のローズマリーに替えてしまった。
御陰様で剪定がグッと楽になった。

庭のローズマリー

このローズマリー、植えて10年近く経つのに、まだ、一度も花が咲いた事が無い。
何となく気にはなっていたけれど、キャラボクの替わりとして植えたのだし、葉っぱを使うだけなので、花はどうでも良いかな…と思っていた。

でも…、ちまたで見かけるローズマリーは、花を咲かせている。
どうでも良いかな…と、思いつつも、…やっぱり、羨ましい。
だから、ちょこっと調べてみた。

栄養を与えすぎた土地では葉に栄養がいきすぎて、葉っぱだけがいきいきと大きくなります。土が肥えている場合、あるいは、葉への栄養素(チッソ)が多い場合、花がつきにくくなります。

花いっぱい.com:ローズマリーの花が全然咲きません。木はとても元気で枝が伸びすぎると切りますが、剪定の時期が悪いのでしょうか?(東京都、6月)

ローズマリーは地植えにすると、生育が旺盛になり過ぎて、
花を咲かせ難くなる場合があります。
また、鉢植えの場合でも、鉢が大き過ぎたり、
窒素肥料などを過剰に施していると、
これも花が咲き難くなるようです。

また、品種によっても、花が咲き難くい場合があります。
匍匐性の品種は。割合花を咲かせ易いのですが、
木立性の品種では、これも花を咲かせ難いようです。

ローズマリーの花が咲かない。 - Yahoo!知恵袋



我が家の庭のローズマリーは、立ち性なので元々花を咲かせ難いのに、芝生の肥料が効いちゃって、栄養がありすぎるのかな…
残念だけど、庭のローズマリーは、花を諦めた方が良いのかもしれない。

ローズマリーは、挿し木も簡単で、スーパーのパック入りのものでさえ根付くし、うっかり倒れた枝も地面についたままだと根っこが出てしまうので、取り木も簡単で、今まで一度も病気にもならないし害虫の被害も無かった。
栽培は楽で、花まで咲いちゃうなんて、良い所ばかりと思っていたのに…、栄養満点だと、花が咲かないのか…


そして、花が咲かないという事の他に、我が家のローズマリーで失敗したのは下記。
私が持っている本にこんなことが書かれている。

梅雨に入る前に、込み合ったところの枝をつけ根から間引いて風通しをよくします。込んだままにしておくと内側の枝が枯れ込んだり、病害虫が発生しやすくなります。

図解でハッキリわかる落葉樹・常緑樹の整枝と剪定



上記の“内側の枝が枯れ込んだり”の状況は、こんな感じ。

内側の枝が枯れ込んだローズマリー

ちゃんと、間引いて風通しを良くする剪定をしないと、こんなになってしまう。
勿体ないから…と枝を切らないでいるのはいけない。

“風通しを良くする剪定”以外は、何も気にしなくて、スクスク10年。
我が家の庭のローズマリーは、玄関を出てすぐの所に植えてあるので、雨の日にもササッと収穫して料理に使えて便利。
一年中緑だし、丈夫だし…、花が咲かないのは、ちょっと残念だけれど、まぁ、これ以上望むのは欲張りかもしれない。






今回、文章中に出てきた本は、下記。

図解でハッキリわかる落葉樹・常緑樹の整枝と剪定図解でハッキリわかる落葉樹・常緑樹の整枝と剪定
(2004/02)
川原田 邦彦

商品詳細を見る



  1. 2010/04/17(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 香辛菜 その他
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。