スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

トマトの栽培(8) - トマトの苗の購入時期&土づくり&畝づくり&元肥について

「今年もそろそろトマトの苗を買わなくちゃな~」と思いながら、日曜日の朝8時に何となくテレビをつけたら、素晴らしくグッドタイミングで“NHKやさいの時間”なる番組を…本当に全くの偶然!…見た。
それも…トマトの栽培の方法について!…凄くラッキー!!
見終わった後、本屋さんに行ってテキスト(NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌])を探して買ってきた。

ついでに、本屋さんで目にした「やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]」も買ってお勉強をした。
この雑誌の“付録”の「夏野菜に向けた春の土づくりブック」は、大変勉強になった。

夏野菜に向けた春の土づくりブック

この雑誌(上の写真は雑誌の付録)、出版が家の光協会となっている。
JAグループの出版・文化事業を営む団体らしい。
そりゃ詳しく書かれているはずだね…


今まで、いい加減にやっていた、土づくり&畝づくり&元肥などを今年はNHKとJA系の雑誌でしっかり勉強してマジメにやっているんだね(今の所)。
でも、来年きっと忘れてしまうだろうな…って思って、ちょっとまとめてみた。


今回は、いくつかに分かれているし、書きながらリンクしていき、見直しながら書き足したら、もの凄く長くなってしまったので、インデックスを作ってみた。

トマトの苗の購入時期&土づくり&畝づくり&元肥についてのインデックス

■ 土づくりについて
■ 元肥について
■ 畝(うね)づくりについて
■ 土づくりとトマト苗の購入時期








■ 土づくりについて

土づくりについては、「NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」と「やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]」では、ちょっとやりかたが違う。

NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」では…

苦土石灰を入れる → 1週間後:元肥を入れる


やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]」では…

堆肥を入れる → 1週間後:苦土石灰を入れる → 1週間以上経ったら:元肥を入れる



今年のトマト予定地は、あまり状態が良くない感じの場所なので、“やさい畑 2010年 04月号”のやり方でやってみることにした。
それは、堆肥のこんなところに期待したから…

堆肥とは有機物を微生物の力で腐熟させたものです。土の中に入れることで、土壌の通気性や保水性、保肥性を高めることができます。土づくりのさいの土壌改良材として使われます。



そして、堆肥の役割は、こんならしい。

・土の団粒化を促す(以下省略)
・有用な微生物をふやす(以下省略)
・微量要素を供給する(以下省略)




そして、1週間後、酸度調整用の苦土石灰を入れるのだけれど、必ず必要というわけではないらしい。

かならず必要なわけではなく、土の酸度がPH6.0以上あるときや、ジャガイモなどのように酸性を好むものを栽培する場合は施しません。

やさい畑 2010年 04月号 付録 夏野菜に向けた春の土づくりブック




じゃあ、必要な時はどれくらい入れたらいいの?…と、調べてみた。

一般的に畑土壌の場合、pHを1上げる(例:pH5.5→6.5)場合、苦土石灰(炭酸石灰)で400kg/10aは必要とされています。これを、単純に10aの畑を深さ20cm×1,000㎡=20立方mの土と考えると、1リットル=1,000立方cm(0.001立法メートル)ですので、これを計算すると1リットルあたり2g程度となります(深さ15cmで計算すると2.6g/L)。手持ちのプランター栽培の資料を見てみても、土100リットルあたり苦土石灰を100~200g入れるのが一般的のようですので、そのあたりが1つの目安になるかと思います。石灰資材では、一般的に消石灰・苦土石灰・有機(貝殻)石灰の3種類が利用されていますが、石灰資材としての中和力は「消石灰>苦土石灰>有機石灰」です。そして、中和力と中和作用に係る日数は比例するので、石灰を土に散布して概ね中和される日数は「消石灰(3~5日程度)>苦土石灰(1週間程度)>有機石灰(10日程度)」と見てよいと思います。

JA鳥取いなば質問コーナー その他カ行 苦土石灰



「酸度測定液:アースチェック液」なるものに付いている「主な植物の適正土壌酸度一覧表」によるとトマトのpHは、5.5~6.5。
ナスもキュウリも同じ5.5~6.5だった。(他の植物は、住友化学園芸の商品ガイド「アースチェック液(土壌酸度(pH)測定液)」の主な植物の適性土壌酸度一覧表をどうぞ)

トマトの栽培予定地を調べてみた。

土壌酸度測定液

…5.5~6.0あたり?
澄んだ上澄み液を取り、測定液を加えるのだけれど、待ちきれずにちょっと濁った上澄み液に測定液を加えてしまったので、薄茶+測定液で…、正直よく判らなくなってしまった。
よくわからんけれど、ぎりぎり大丈夫というあたりみたいなので、少しだけ苦土石灰をパラパラ入れておくことにした。(本当は、予定地の何カ所から土壌サンプルを採り、平均のデータで考えるらしいけれど…)

ただ、石灰を入れすぎて、土壌酸度がアルカリになってしまうと厄介らしい。
チラリとテレビで聞いた話では、酸性土壌の酸度調整は楽だけれど、アルカリ性土壌の酸度調整は大変…らしい。
気になったので調べてみたら、こんなサイトがあった。

>> GOMAMEの家庭菜園:野菜作りの知恵袋:土つくりと肥料(土壌改良)
>> アルカリ性土壌の酸度矯正
>> 東邦レオ株式会社:土壌改良&樹木医WEB:樹木医による「土壌のアルカリ化問題」早わかりガイド(全12回連載)

…読むのは大変な感じのサイトもあるけれど、困った時にいつか読むかもしれないので、リンクをしておいてみた。


やさい畑 2010年 04月号 付録 夏野菜に向けた春の土づくりブック」には、“石灰資材を使うときには、かならず堆肥も入れましょう”と書かれている。
何故なら…
“堆肥を入れずに、石灰資材ばかり投入していると、土中の有機質が分解し尽くされ、かたく締まった土になってしまいます”…なのだそうな。

やさい畑 2010年 04月号 付録 夏野菜に向けた春の土づくりブック」には、堆肥の施し方のポイントとして、こんな事が書かれている。

1㎡あたり2~3kgが目安

家畜糞を使用していない植物性堆肥の場合は、ほとんど窒素分を含まないので、完熟さえしていれば、たくさん施しても、肥やけの心配がなく、そのほかのトラブルの原因にもなりません。1年に1回、1㎡あたり2~3kg程度入れれば、じゅうぶん土の状態をよくできます。



また、動物性堆肥の項の牛糞堆肥には、こんな事も書かれている。

牛は草が主食なので、糞に繊維分が多く含まれていて、土づくり効果が高い。その反面、肥効は低い。

[施し方] ほぼ植物性堆肥と同じような使い方ができる。



バーク堆肥の含有成分の割合(%)の目安として、窒素(0.8~3)・リン酸(0.2~2)・カリ(0.3~1)。
牛糞堆肥の含有成分の割合(%)の目安として、窒素(2~2.5)・リン酸(1~5)・カリ(1~2.5)と書かれている。



必要もないと思うけれど、折角なので堆肥と苦土石灰の入れ方の図。

[堆肥と苦土石灰の入れ方]

目印の紐を張る1.作りたい野菜のスペースに目印の紐を張る

※作りたい野菜のスペースとは、畝の幅や長さのこと(畝(うね)づくりについてをどうぞ)
堆肥を入れ耕す2.堆肥を入れ耕す
1週間以上放置3.1週間以上放置
苦土石灰を入れて耕す4.苦土石灰を入れて耕す
1週間以上放置5.1週間以上放置

…で、ようやく土の準備は完了









■ 元肥について

堆肥を入れ1週間後 → 苦土石灰を入れ1週間後 → 元肥を入れる時が来た。
この“元肥”、一般的には、「もとごえ」と読むらしい。
読み方から説明する必要はないと思うけれど、…恥ずかしながら、私は、一般的な読み方が「もとひ」だと思っていたのね。だって追肥は、「ついひ」だから、「もとひ・ついひ」のセットかと…
追肥は、「おいごえ」とも読むらしいけれど、…聞いたことないな。


元肥の施し方には、“全面施肥”と“溝施肥”と“植え穴施肥”というのがあるらしい。
文字のままだけれど、「やさい畑 2010年 04月号 」の付録の「夏野菜に向けた春の土づくりブック」に書かれていることをザックリと書いて、元肥の施し方の図も入れてみるとこんな感じ。

[元肥の施し方]

● 全面施肥 … 元肥を全体に散布する方法
 根が浅いキュウリや栽培期間が短いもの向き

全面施肥の方法全面施肥の断面図
全面施肥の方法全面施肥の断面図



● 溝施肥 … 畝に溝を掘って、元肥を施す方法
 トマトやナスなど生育期間が長い野菜や、ハクサイやキャベツなど球になる野菜に向いている

溝施肥の方法溝施肥の断面図
溝施肥の方法溝施肥の断面図



● 植え穴施肥 … 溝施肥に近い方法だけれど、植える穴に元肥を入れる

穴施肥の方法穴施肥の断面図
穴施肥の方法穴施肥の断面図



NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」や、「やさい畑 2010年 04月号 」の付録の「夏野菜に向けた春の土づくりブック」の通り元肥をやるなら、今回はトマトなので、溝施肥だね。

…で、初めてその“溝施肥”とやらをやったけれど、なんだか肥料が勿体ない。
「こんな所までトマトの根っこって広がって伸びるの?」…とか、思ってしまった。
そんな私みたいなケチな人には、穴施肥でも…良いんだよね?ダメ?



元肥の種類については、「NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」では、ビギナーでも扱い易いようにと考えているらしく、下記が書かれている。

・化成肥料の三要素(N-P-K)が等量(8-8-8)…1㎡あたり4kg
・堆肥…1㎡あたり100g
・熔リン…1㎡あたり50g
…だそうな。

やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]」の付録の「夏野菜に向けた春の土づくりブック」は、様々な肥料の説明が書かれている。
元肥に向く肥料として書かれているので、その部分を引用させて頂くことにした。

元肥にもっとも向いているのは、すぐに肥効が現れ、その効果がある程度長続きするタイプ、すなわち、速効性と暖効性の両方の性質をもつ肥料です。このタイプの肥料を、窒素とカリは必要量の半分、リン酸は全量を施します。



そして、化成肥料と有機質肥料の説明が書かれている。
化成肥料の三要素(N-P-K)が等量のものは、万能タイプなのだそうな。
元肥にも追肥にも使えるそうな。…ただし、追肥では、リン酸は効果があまりないそうな。

有機質肥料は、肥料成分に偏りがあるから、数種類を組み合わせて使う必要があり、肥料の効き方も異なるから、特徴を把握して使い分けると良いですよ…だそうな。
“主な種類と特徴”とか、“主な有機質肥料の成分量の目安”の表もあるけれど、…やっぱり、難しいね。
今年は、発酵鶏糞+骨粉にしてみたけれど…どうかな?
ダメなら、来年また考えましょう…








■ 畝(うね)づくりについて

書いている順番がヘンテコリンな感じだけど、畝(うね)づくりについて…です。
実際の作業では、“畝のサイズを計算 → 土づくり → 元肥 → 畝づくり”となるので、最初に畝のサイズを計算しておかなければならない。

その“畝(うね)”とは、こんなものらしい。

畝(うね)とは、 畑で作物を作るために(何本も間隔を空けて)細長く直線状に土を盛り上げた所のこと。英語ではhillingまたはhillと呼ぶ。また道や波が畝る(曲がる)などと動詞ともなる。

畝 - Wikipedia



どうやら、単位で、“畝”と書いて“せ”というものあるみたいだね。
それは、こちら。

畝=せ、と読みます。1アールとほぼ同じです。日本の農地面積がメートル法化に成功したのは、1畝が偶然ほぼ1アールに等しかったからと言われています。

山形大学:データベースアメニティ研究所:単位-畝





他にも、畝(うね)などについて、親切に書かれたサイトがあった。

>> 野菜前線 - タキイ種苗:畝の作り方バリエーション
>> HONDA:Hello! 野菜:おいしい土 土をつくる


トマトの畝についてもネットや本で、調べてみたら、色々なサイズがあり…
何だか、だんだん判らなくなってきたので、やっぱり、NHK(のテレビの先生)に教えてもらった通りやろうと、今年のトマトは、「NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 」を参考にやってみることにした。
テキストに書かれていたのは下記。

畝幅:120cm(2列の場合)※1列の場合は60cm
株間:45~50cm
列間:60cm

上記を参考に他からの情報も加え書いてみると下記。

[トマトの畝(うね)]

栽培スペース[栽培スペース]

畝幅:120cm(二条植え)/一条植えの場合60cm
畝高:10cm
株間:45~50cm
列間:60cm
断面図[断面図だとこんな感じ]

A. 畝幅:120cm(二条植え)/一条植えの場合60cm
B. 畝高:10cm
C. 株間:45~50cm
D. 列間:60cm
E. 元肥の深さ:15cm


上記のような幅広で、上面が平らな、台形の畝(うね)をベッド畝(べっどうね)とも言うらしい。
台形の下部の幅の広い部分を畝幅(うねはば)、上部の幅の狭い部分をベッド幅(ベッドはば)と言うと書かれている(野菜前線 - タキイ種苗:畝の作り方バリエーション)。

でも、ネットで色々見て廻ると、畝幅とベッド幅の関係って色々な説があって、よく判らなくなってしまった。
“うね幅とは うねの幅のことです。「ベッド幅」ともいいます。(うね幅とは|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ)”とか…
“畝作り:畝ベット幅180㎝、畝幅90~100㎝(野菜の栽培ポイントと石原農薬の使い方:トマト)”とか…
“うね幅1.3m、ベッド幅60~70㎝で黒マルチを行う(やまがたアグリネット:[PDF] image1_file0110033018040325688.pdf)”とか…
…何だか判らない。

畝幅とベッド幅は、同じなの?
それとも、上下どちらかの事を言うのだろうか?
…その場合、台形の底部の幅は、ベッド幅?畝幅?
そして、畝幅とベッド幅が随分差があるけれど、サイドはどんな傾斜になっているのだろう?
…いったい、どんな形の台形なのだ?
ネットは便利だけど、見て廻れば見て廻る程、何だか判らなくなる事ってあるんだね。




そして、トマト苗と畝と元肥の関係は、こんな感じ。
こんな説明の図は、いらないかな?とも思ったけれど…

1条植えの場合[1条植えの場合]

・畝幅60cm
・中央に元肥
2条植えの場合[2条植えの場合]

・畝幅120cm
・中央に元肥
2条植えの間違った例[2条植えの間違った例]

畝幅が倍になったし、それぞれのトマトの苗の真下に元肥を入れたくなるけれど、畝の中央に入れるのが正しいらしい





畝(うね)ができたら、次はマルチを張るのがおすすめと、「NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」に書いてある。

畝立てが終わったら、マルチングフィルム(マルチ)を張ります。土の表面をポリフィルムやワラなどで覆うことを「マルチング」といい、水分保持、地温上昇、雑草防除などの効果があります。必要不可欠というわけではありませんが、特に夏の果菜類(かさいるい)では生育がよくなるのでおすすめです。




マルチの張り方は、下記がとても親切。

>> 第12回:マルチング◆菜園作業 基本の「き」◆アイリス家庭菜園ドットコム
>> ビニールマルチの張り方 - 食と農のポータルサイト「だんだんたんぼ」 | 市民農園
>> 野菜前線 - タキイ種苗:ポリマルチの張り方


これで、土・畝・元肥・マルチは全て完了。








■ 土づくりとトマト苗の購入時期

土づくり~マルチ張りまで終わったら、苗の植えつけができるようになる。
土の準備と育てたいトマト苗の両方がタイミング良く準備できていると良いな…

トマト苗は、近所のホームセンターで買ってくれば良いだけなのだけれど、…欲しいトマト苗をちゃんと揃えるのがなかなか難しい。
前回のエントリー「トマトの栽培(7) - 今年もトマトは、サントリー&デルモンテ_v2010」で書いたけれど、私は、調理用トマトをメインと考えている。
だから、近所で売っている調理用トマト苗というとデルモンテのイタリアンレッドと、サントリー本気野菜のルンゴ、ボンリッシュ、グランソレイユあたりしかない。
…それらの入手が難しい。

サントリーの本気野菜は、「ベジタブルナビ 野菜苗を買う 本気野菜 サントリーフラワーズ」から、商品名、都道府県、市町村を指定して、検索できる。
そして、デルモンテの野菜苗は、「野菜野菜苗の販売店情報:商品紹介|日本デルモンテ」から、都道府県を指定して、検索できる。
…検索できたって、実際に入手するのは難しい。


そして、手に入れても、入手時期や苗の大きさで、植えつけるタイミングも難しい。
デルモンテのイタリアンレッドは、すぐ植えつけができる、直径12cmのポットの蕾のついた大苗。
サントリー本気野菜は、すぐには植えつけられない、直径9cmくらいの四角いポットの本葉5-6枚の小さめな苗。
これらは、近所のホームセンターでは、4月上旬くらいから売られ始め、売り切れたら次の入荷は不明。
…お店の人に聞いたって、…不明。
だから、見つけたら買っておかないと、欲しいトマト苗が入手できなくなってしまう。
今年は、一部の欲しいトマト苗(調理用トマトではないけれども)が買えなかった。…残念。


NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]」には、こんなことが書かれている。

トマト苗の植えつけは、関東地方では4月下旬~5月中旬が適期。遅霜が降りる心配がなくなったころに植えつけます。



それは、判っているのだけれど…
欲しい調理用トマト苗は、植えつけ適期や、苗の大きさなどを守って買っていたら無くなってしまう。
土を早目に準備しておいて、欲しいトマト苗をいつ買っても大丈夫なようにしておきたい。

前述のように、デルモンテのイタリアンレッドは、すぐ植えつけができ、サントリー本気野菜は、すぐには植えつけられない小さめの苗。
サントリー本気野菜の小さな苗を直径12cmのポットに植え替え、“本葉6-8枚で、第一花房が見える”まで育つには、およそ2週間かかった。(詳しくは、前回のエントリー「トマトの栽培(7) - 今年もトマトは、サントリー&デルモンテ_v2010」でどうぞ)

サントリー本気野菜の小さな苗は、買ってからおよそ2週間後の植えつけと考え、4月上旬に購入しても大丈夫。
すぐに植えつけしなければならないデルモンテのイタリアンレッドは、4月上旬では、いくらなんでも早すぎる。
グッと我慢して、4月中旬まで待って、運が良ければ購入。…と考えたら良いかな?

だから、4月中旬までに、土づくり~マルチ張りを完了させれば良い。…って感じかな。
すると、遅くても3月下旬から、トマト予定地の土づくりを始めなければいけない。
ちょっと表を作ってみた。

[土づくりとトマト苗]

日数土の準備9cmポット苗
(本葉5~6枚の苗)
12cmポット苗
(本葉7~8枚の蕾のある苗)
1週目1堆肥を入れ
耕す
2休ませる
3
4
5
6
7
2週目8苦土石灰を入れ
耕す
トマト苗購入
12cmポットに植え替え
9休ませる育苗
(およそ2週間)
10
11
12
13
14
3週目15元肥を入れ
畝を作り
マルチを張る
16休ませる
17
18
19
20
21トマト苗購入
4週目22植え穴を開ける苗の植え付け苗の植え付け


だいたいこんな感じかな…
来年以降、少し早めに土づくりをしておいて、欲しいトマト苗を必要なだけちゃんと買えるようにがんばろ…




ついでに…トマトの栽培についてとても親切なサイトがあったのでリンク。

>> HONDA:Hello! 野菜:トマト
>> JA埼玉中央>家庭菜園>トマト

HONDA:Hello! 野菜とJA系のサイトは、他の野菜についても全体的にとても親切。











今年(2010年)、トマトの栽培で参考にした本(雑誌)は下記。
(ちゃんとNHKの番組を見て、お勉強して頑張ってみた)

NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]NHK 趣味の園芸やさいの時間 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/20)
不明

商品詳細を見る


やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]やさい畑 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/03)
不明

商品詳細を見る



  1. 2010/05/16(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : トマトの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。