スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アジサイ(5) - アジサイの怖い伝染病

去年エリエールのキャンペーンで当たった、“エリエールアニバーサリー”が無事花を咲かせてくれた。
(詳しくは、「アジサイ(4) - 「エリエールアニバーサリー」当たっちゃいました~ \(^o^)/」をどうぞ)
(下の写真の花の高さがへんな凸凹になっているのは、取り木をしているから)

地植えの全体像エリエールアニバーサリーの花
地植えの全体像エリエールアニバーサリーの花


凄く嬉しい。
去年、花後剪定をした時の枝でダメ元で挿し木をしたエリエールアニバーサリーも、無事花を咲かせてくれて、ホントに凄く嬉しい。(挿し木については、後日)

挿し木の花

花を見る度に、良かった!無事で良かった!と思ってしまう。

それは何故って…
エリエールアニバーサリーが怖い伝染病に罹ってしまったと思い込んで、ずっと心配していたから。
そしたら…、ただの思い込みだった。
…ホントにホッとした。


今年、“エリエールアニバーサリー”の心配事でいくつか調べたので、いつか役に立つかもしれないから忘れない内に残しておきたいと思う。
今回は、アジサイの怖い伝染病について。
そして、準備ができ次第、アジサイについてv2010シリーズとしてアップしていきたいと思っている。

“アジサイについてv2010”シリーズ

○ アジサイ(5) - アジサイの怖い伝染病
(予定) アジサイの種類と花
(予定) アジサイの剪定・挿し木・取り木
(予定) アジサイの花の色と土壌酸度










■ アジサイの怖い伝染病

まずは、何故、“エリエールアニバーサリー”が怖い伝染病に罹ってしまったと思い込んで、ずっと心配しなければならなくなったかという話から。

去年、エリエールアニバーサリーが当たり、玄関に飾り、しばらくは当たった喜びに浸っていたのだけれど…
花が終わりかけ、少し根詰まり気味なのか下の葉が黄色くなり始めたので、少し早めに花後剪定をして、木漏れ日の当たる半日陰に地植えにした。

地植えにしたエリエールアニバーサリー

地植えで、大丈夫かな~?と、時々確認しに行っていたら…
7月中旬になんだか、ヘンな芽が出てきた(その時は、そう思った)。

全体像普通の芽当時何だか判らなかったもの
全体像普通の芽何だか判らなかったもの
(当時)


変な芽(その時は、そう思った)を拡大すると、コレ。

拡大写真


なんだろ?
天狗巣(てんぐす)病?
…と、思って調べてみた。

ファイトプラズマ

感染した作物は細かく、黄化した茎や葉、あるいは葉柄が無数に生じ、ホウキ状、天ぐ巣になるのが特徴です。

JAよこすか葉山|営農だより|病害の診断



“葉柄が無数に生じ、ホウキ状”…これかな?
“ファイトプラズマ”ね~。…と、更に調べると、こんな記述。

ファイトプラズマとは?
 ファイトプラズマは、1967年にマイコプラズマ様微生物(mycoplasma-like organism, MLO)として世界に先駆けてわが国で発見された植物病原微生物で(土居ら, 1967)、当初ウイルス病とされ、世界中で600種類以上の病気を引き起こし、昆虫により伝搬されるため、農業上重要病害であるクワ萎縮病やイネ黄萎病など、各種農作物に黄化・萎縮・叢生・てんぐ巣・フィロディーなど特徴的な症状を引き起こし、大きな被害をもたらす病害として知られていた。…<省略>…しかし最近では、アジサイやポインセチアなど、これまで品種と思われ珍重されていたものが実はファイトプラズマによるものであることが分かったほか…

東京大学 植物病理学研究室 - ファイトプラズマ



そして、“ファイトプラズマは植物に特徴的な病気を引き起こす”として、クリックで拡大写真が見られるようになっている。
アジサイは、葉化症状の写真があり、アスターは、花が細かい葉のようになって、ボーボーになった写真がある。
…ショック!!
こんなになってしまうのか!!!(その時は、そう思った)。


どうしたら、良いかな?と、調べると、“サクラ”のてんぐ巣病についてだけど、こんな記述。

対処法

 てんぐ巣病は、葉の裏に大量に形成される病原菌の胞子が飛散して伝染するため、落葉期の12月~3月頃にてんぐ巣病に罹った枝を切除し、切った枝は放置せず、焼却するか可燃ごみとして処理します。
 サクラは枝を切ると、切り口から腐朽菌などが入りやすく、幹腐れが発生するため、切り口には病原菌の侵入を防ぐペースト状の殺菌剤を塗布してください。

岡山県ホームページ - サクラの大敵てんぐ巣病を駆除しましょう



サクラと同じように、てんぐ巣病の部位を切り取り、殺菌剤を塗っておけば良いのかな?とそんな感じの処理をしておいた。
まあ、これで一安心かな~?…と、思ったら、8月中頃にも、また、モジョモジョ…

全体の姿拡大
全体の姿拡大


大丈夫かな?なんだか凄く心配だけど、…と、思っていたら、9月上旬にも、また、モジョモジョ…

モジョモジョ

取っても取っても、モジョモジョ…
ダメかな?おかしいのかな…
お願いだから…、春になったら無事になって…と祈る気持ちでいた。




でも…
春になったら、また、他のアジサイの蕾とは違う、秋に見た事のと同じ、変なモジョモジョした芽のようなものが出てきた…

春のエリエールアニバーサリーの蕾春のエリエールアニバーサリーの蕾


拡大すると、コレ。
比較のために、普通のアジサイの蕾の写真と並べてみた。

エリエールアニバーサリーの何やら普通のアジサイの蕾
エリエールアニバーサリーの何やら普通のアジサイの蕾


なんだか違う。
アジサイの蕾ってのは、右の写真みたいにコロンと丸いんじゃないの?
エリエールアニバーサリーのは、葉っぱのように見えるし、頑張って見ると蕾と見えなくもない。



病気、治ってないんじゃないの?ヤバいんじゃないの?と、また調べてみた。
…すると、朝日新聞のこんな記事を発見。

植物が天狗の巣に…原因たんぱく質TENGU発見 東大
2010年4月13日19時52分

 植物の病気「テングス病」は、発病すると枝が伸びなかったり、多数の小枝が出てほうきのようになってしまったりする。市販されているポインセチアは「丈が低い、枝が多い」症状を逆手にとったものだ。この病気の原因たんぱく質「TENGU」を難波成任(しげとう)東京大教授らが見つけた。植物の姿をお好みに変えてしまう技術につながりそうだ。

 テングス病は、かかった木の様子が言い伝えにある天狗(てんぐ)の巣に似ていることから名付けられた。ポインセチアのほか、アジサイなどがかかる。


asahi.com(朝日新聞社):植物が天狗の巣に…原因たんぱく質TENGU発見 東大 - サイエンス



何故、「TENGU」なのかは、同じ記事にこのように書かれていた。

たんぱく質のうち、アミノ酸が38個連なったものを遺伝子組み換えの技術を使って植物内で増やすと、テングス病が起きることを確認。「TENGU」と名付けた。



上記の記事によると、サクラのテングス病は、「TENGU」の仕業では無いらしい。
将来的に「TENGU」を使って、好みの姿に変える技術に期待しているような事が書かれているけれど、今現在は、アジサイのファイトプラズマの病気は、大変危険らしい。
また、アジサイは、テングス病と呼ばず、「葉化病」と呼ぶらしい。

*葉化病
細菌より小さいファイトプラズマの感染により、花を構成するガク、花弁、雄しべ、雌しべなどが緑色になる病気を葉化病と呼ぶ。アジサイ以外でも同様の病気が知られている。

ミドリヤマアジサイ、緑花


上記には、葉化病による様々な“緑アジサイ”の写真が掲載されている。
驚いた事に、「アジサイ グリーン」として販売されているらしい。
確かに珍しく、怪しく魅力的に感じる人もいるのだろうけれど…、伝染病だからね…


こんな記述もあった。

◇ 緑アジサイにご注意 ◇

 園芸店などで緑花のアジサイを見かけることがありますが、これはファイトプラズマという微生物によるアジサイ葉化病です。この葉化病によって庭の全てのアジサイが枯死した例もあります。お気をつけください。


日本アジサイ協会:アジサイ葉化病について

●アジサイ葉化病にご注意を

 相模原市北部地域でアジサイ葉化病が発生しました。(平成20年7月)
 この病気は、アジサイの花を構成するガク・花びら・雄しべ・雌しべなどが緑色に変化してしまうのが特徴で、症状が現われて数年後には株が衰弱して枯れてしまいます。今のところこの病気を治す方法はなく、他への感染を防ぐために速やかに株を除去することが最良とされています。

(財)相模原市みどりの協会:※アジサイ葉化病について




・この葉化病によって庭の全てのアジサイが枯死した例もあります
・今のところこの病気を治す方法はなく
…だそうな。怖い。

それがどれだけ怖いかって…↓こんなに怖い。

再生へ伐採後に植栽 越生のあじさい公園
 約2万本のアジサイが植栽され、毎年6月には観光客や住民らの目を楽しませている越生町麦原の「あじさい山公園」で、町や地元住民らがアジサイの再生事業に取り組んでいる。園内で花(がく)が葉のように変わり、株が衰弱したり枯れる「葉化病」がまん延しているため、県の助成事業を活用して羅病株の伐採に着手するとともに、今秋には新しいアジサイの株を植栽する予定だ。…<省略>…毎年6月には園内全域でアジサイが花を咲かせていたが、10年前に葉化病の株を初めて発見した。  葉化病はファイトプラズマという細菌が病原で、昆虫による媒介で伝搬するとされる。この間、町は年1回の消毒や草刈作業などに取り組んできたが、同園で葉化病に侵されるアジサイは年々増加し、昨年は園内の3分の2のアジサイが感染する深刻な状態に至ったという。…<省略>…
2010/03/09 00:00 【埼玉新聞】


再生へ伐採後に植栽 越生のあじさい公園 - 47NEWS(よんななニュース)



約2万本のアジサイの3分の2のアジサイが感染して、羅病株の伐採なのだそうな…

そんな怖い記事などを見て廻って、不安ばかりが大きくなり…
ああ!どうしよう!!折角当たったエリエールアニバーサリーなのに、抜いて燃やさなくちゃいけないの?
ショック!!!
…って、思ってしまった。



ミドリヤマアジサイ、緑花」の写真を見れば、すぐ判ると思うけれど、文章だと、葉化病の症状は、こんな感じらしい。

・花が光沢のある濃い緑色に変化している。
・特にガク(花びらのように見える部分)は正常な花に比べて明らかに厚みを帯びる。
・緑色に病変した花は、大きさや形状が不規則に変化する。

(財)相模原市みどりの協会ホームページ:※アジサイ葉化病について




ただし、アジサイは咲き始めと咲き終わりが薄い緑色になるけれど、それは普通のアジサイの普通の姿。

※花の終わりかけたガクアジサイのガクは、しばしば薄い緑色を帯びることがありますが、これは正常な色彩変化ですのでご安心ください。また純白の花を咲かせるアナベルなどもこれと同様に、花の終わり頃になると淡い緑色を帯びますが病気ではありません。

(財)相模原市みどりの協会ホームページ:※アジサイ葉化病について



アジサイの葉化病について、色々探しまわっていたら、普通の現象なのに、緑色になったから捨てますと書かれていたブログがあったけれど、…病気じゃ無いのに捨てちゃって、…可哀想。

ついでだから…
我が家のアナベルの色の変化をどうぞ。

咲きかけ満開終わり
咲きかけ満開終わり


他のアジサイも蕾の時は緑色で、咲き終わって花後剪定をしないでいると緑色っぽくなってくるけれど、アナベルみたいに綺麗な淡いグリーンにはならない。
アナベルは、咲く前も、咲いていても、咲き終わっても、…そして、枯れても綺麗。


ドライアナベルドライアナベル


咲き終わってもそのままにして、冬になったら、こんな風になった。
ドライ・アナベルだね。




話を元に戻して…
私のエリエールアニバーサリー君は、ただの普通の蕾なのか、それとも葉化病の緑アジサイになってしまうのか…
他のアジサイと見比べれば見比べる程、全然違う姿。

無事なの?病気なの?
ホントに心配で心配で…
アジサイ達を何度見回って歩いたことか…


見て廻る内に、アレレ…と、思った↓

[エリエールアニバーサリーの花の変化]

エリエールアニバーサリーの蕾01ゴソゴソ正体不明な感じだったのが…
エリエールアニバーサリーの蕾02全体がばらけて、茎が長くなり
花みたいなのが出来てきた01よく見たら、花みたいなのが出来てきて、大丈夫みたい!と、思い始めた頃
花みたいなのが出来てきた02あちらこちらで、花みたいな感じのが出来てきて、これに色が付いたら大丈夫なんだけどな…と、思っていた頃
色が付いた花花の端っこが青くなり始め、ホッとした
色が付いた花の拡大色が付いた花の拡大
色が付いた花と両性花の拡大色が付いた花と両性花の拡大
咲いた花01こんな感じでみんな咲きました\(^o^)/
咲いた花02最初に花みたいなのを見つけて、毎日毎日見続けた所は、こんなに沢山花になった
頑張れ!花になれ!と応援した効果?
それともただ単に、最初に咲いたから、栄養を好き放題に使って沢山花になった?
装飾花を拡大装飾花を拡大
両性花の拡大両性花の拡大



結果。
何の問題もなく、無事だった!!

エリエールアニバーサリーの蕾は、我が家の他のアジサイの蕾とは随分と違うという事が判りました。
…っていう出来事。
最初から判っていれば、こんなに心配しなかったのにな~。


去年の秋にできたモジョモジョとした何やらは、蕾だったということだね。
そういえば、エリエールアニバーサリー君は、全部の枝に花を咲かせてくれたけど…
アナベルと同じく、新梢から蕾が出るってことかな?

…と、当たった時に付いていた、お手入れ方法についてを読むと、“剪定を8月上旬までには終わらす事が花芽を付ける上で重要になります”と、書かれている。
…普通だね。
早目に剪定をしてしまうと、出てきた芽に蕾が出来てしまう…ってこと?
今年は、早すぎる剪定に気をつけて、普通に剪定することにしてみよう。



その後、何となく日課となっているエリエールアニバーサリーの見回りをしていたら…
花の中に、花が咲いていた。

装飾花の中に装飾花咲いた花の中の花
装飾花の中に装飾花咲いた花の中の花


…やっぱり、変わっているよね。



  1. 2010/06/28(月)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 庭木・花木 アジサイ
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。