スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アーティチョークの栽培(20) - 去年の猛暑で小ちゃくなったアーティチョークの蕾

今年(2011年)の我が家のグリーン・アーティチョークは、今までで見た事がないような、もの凄く小ちゃな蕾になってしまった。
去年の初夏までのグリーン・アーティチョークは、大きいものだと、およそ直径10cmくらいあったのに、今年は、その半分~4分の1くらい。

去年のグリーン・アーティチョークと今年のグリーン・アーティチョークを比べるとこんな感じ。
2010年と2011年の蕾2011年のグリーンとパープルの1番花2011年のグリーンの1番花とパープルの2番花
2010年と2011年の蕾グリーンとパープルの1番花
(2011年)
グリーンの1番花とパープルの2番花
(2011年)


もの凄く小ちゃい蕾の原因は、去年(2010年)の猛暑だと思っている。
猛暑の後なかなか芽が出て来ないし、その後の成長も悪く、株が小さかったので、大きな蕾をつける体力が無かったんじゃないかと思う。(詳しくは、「アーティチョークの栽培(18) - 猛暑と戦い、厳冬に耐えたアーティチョーク」でどうぞ。)
グリーンは、去年に比べて株の背丈がだいぶ低く、小さめだけれど、大丈夫かな?と心配していたけれど、ヤッパリ、大丈夫ではなかった。残念…
グリーンは、猛暑でダウンして、今年残念な結果になったけれど、猛暑の夏に枯れてしまわなかっただけ良かったと思う事にしよう。


少し前に台風2号が来るというニュースを見て、折角無事だったグリーン・アーティチョークの被害を少しでも抑えるために、強い風で、重い蕾がブンブン振り回されて、根元を痛めないように、雨の中、沢山収穫した。
去年までなら、2番花、3番花まで収穫できるけれど、今年は、1番花で、直径3~6cmくらいで、2番花だと、直径2~3cmくらいなので、2番花、3番花の蕾の成長を待っても仕方ないので、蕾は思い切って、ほぼ全部穫ってしてしまった。

ほぼ全部といっても、↓これだけ…
グリーン・アーティチョークの2011年の収穫

この収穫の前には、ほんの少し、試し穫り程度にしか収穫していなし、残りは5~6個しかないので、今年は、小さくてとても少ない。

上の写真のグリーン・アーティチョークをガレージで周りのガクだけをむしり取って、キッチンで処理をすると、本当にチョッピリ。
周りのガクを取った姿表皮を剥いた姿上部とオシベなどを取った姿
周りのガクを取った姿表皮を剥いた姿上部とオシベなどを取った姿


今回の収穫で出来たグリーン・アーティチョークのオイル漬けは、6瓶。
グリーン・アーティチョークのオイル漬けグリーン・アーティチョークのオイル漬け拡大


この後3瓶作ることができたけど、今年のグリーン・アーティチョークのオイル漬けは、とても少ない。…残念。
(アーティチョークのオイル漬けの作り方は、「アーティチョークの料理(11) - アーティチョークのオイル漬け」をどうぞ)



残念だったグリーン・アーティチョークと対照的にパープルは、問題なく成長し、問題なく2011年の収穫ができた。パープルは、猛暑も厳冬もなんのその。強い!
収穫の時や料理の時に、鋭いトゲが恐ろしいけれど、どんな時も耐えてくれて頑張ってくれる。エラい!

特に頑張って巨大な蕾を付けたのが、昨年タネを蒔き育てた3株。
蕾の数が少ないので、その分栄養が豊富に与えられたのだろうか?
一昨年種蒔きして、初の蕾成長した姿特大の蕾
昨年種蒔きして、初の蕾成長した姿特大の蕾



パープル・アーティチョークも台風の強い風で重い頭の蕾がブンブン振り回されて、根元を痛めないようにと、大きく成長した蕾を収穫した。
パープル・アーティチョークの収穫

パープルは、これが3度目の大量収穫。その上、まだ蕾は残っている。o(^-^)o
我が家の種類が不明のパープル・アーティチョーク(藤田種子株式会社・イタリア産のタネ)は、育てやすいし、収穫期間も長いし、なかなか良い。


グリーンと同じくガレージで周りのガクだけをむしり取っている。
パープル・アーティチョークのガク取り

トゲ無しのグリーンと違い、我が家の今あるパープルは、トゲが鋭い。
かなり危険なので、去年から皮の手袋をしてガクを剥いている。

ガーデニング用手袋の手のひら部分のみ皮で、甲の部分が布性のものは、トゲトゲの植物(バラなど)を手入れしていて、トゲトゲの枝の中で不注意に手を挙げた時、手の甲にトゲが刺さって、痛い目に遭ってしまう。
手の甲にもトゲが刺さらないように、全方向を守ってくれる、全面皮で、手首にマジックテープがあるものが便利。
バラの手入れで何年も前から利用するようになったのだけれど、ハードに使っていると、割とすぐ破けてしまうから、安いフリーサイズのを買っている。

牛床革マジック手袋

この写真のものは、近所のホームセンターで、200円弱で売っているヤツ。
フリーサイズったって、伸び縮みする訳ではないので、大きな手に合わせている訳で…ちょっとブカブカで細かい作業はできないけど、触りたくないポツポツ居るヤツや、ウニョウニョ動くヤツも気にしないで作業できて、アーティチョークのガクをむしる作業もかなりのスピードアップ。
全面皮で、手首にマジックテープがある手袋は、トゲトゲ植物にはお勧め。

この手袋のお陰で、パープル・アーティチョークの鋭いトゲも刺さらず、ガシガシ、メリメリ剥き、全体的な作業は、こんな感じ。
周りのガクをむしり取るガクを剥いた姿綺麗に洗って準備完了
周りのガクをむしり取るガクを剥いた姿綺麗に洗って準備完了



キッチンに持って行き、先端のトゲ部分を切り落としたら、もう、安全\(^_^)/
…と、思ったら、間違いだった。
パープルは、収穫遅れの少し開きかかった蕾の中心部分でもトゲが成長していた。
蕾の中心部分(パープル・アーティチョーク)蕾の中心の拡大(パープル・アーティチョーク)
蕾の中心部分
(パープル・アーティチョーク)
蕾の中心部分の拡大
(パープル・アーティチョーク)

結局、油断して、刺さってしまった(>_<。)


収穫遅れの少し開きかかった蕾は、グリーン・アーティチョークも中心部分が紫色っぽくなってくる。
蕾の中心部分(グリーン・アーティチョーク)蕾の中心部分の拡大(グリーン・アーティチョーク)
蕾の中心部分
(グリーン・アーティチョーク)
右のはメシベ部分を削除したもの
蕾の中心部分の拡大
(グリーン・アーティチョーク)


収穫遅れで紫色になった中心部分は、プラスチックぽい感じで固くなり、噛み切る事が出来ず、食べられない。
うっかり口に入れても、グリーン・アーティチョークのは、口から出せばイイだけ。
でも、収穫遅れのトゲありパープルのトゲトゲのガク(この紫のヤツは花びら?)は、舌に刺さるんだろうか?
…恐ろしい。気をつけなくちゃ。


結局、温帯低気圧になった台風2号は、前述のグリーン・アーティチョークとパープル・アーティチョークには被害を与えなかった。良かった。
今年のグリーン・アーティチョークの収穫は、前述のようにほぼ終わってしまったから、花後の肥料を早目にあげてみようかと思っている。今年の秋や来年の蕾にはどんな影響が出るだろう。もしかして、秋の収穫もできる?それとも、生育のバランスが崩れて、悪影響?アブラムシだらけになって、作業が大変になる?…どんな出来事が起こるのだろう?ちょっと、楽しみ。

今の所、収穫できるのは、種類の判らないグリーン・アーティチョークとパープル・アーティチョークだけだけど(詳しくは、「アーティチョークの栽培(18) - 猛暑と戦い、厳冬に耐えたアーティチョーク」でどうぞ。)、来年からは、いくつかの違う種類が仲間入り(詳しくは、「アーティチョークの栽培(21) - いろいろな種類のタネを購入」でどうぞ。)。

今年(2011年)の早春にタネを蒔き、苗を仕立て、定植し、今は、こんな姿。
下の3つの写真のは同じ種類なのに、少しづつ違う様子で成長している。

アーティチョーク・ロマネスコ左1アーティチョーク・ロマネスコ左3アーティチョーク・ロマネスコ左4


一株、葉っぱが変な方向に曲がっていると思ったら、…台風2号は、小さなアーティチョークの葉っぱを折っちゃったんだな…

アーティチョーク・ロマネスコ左2折れた葉の拡大
葉が折れたアーティチョーク拡大


アーティチョークの被害は、この小さな葉っぱが折れただけで済んで良かった。
これだけなら、何も問題なく成長できるでしょう。

来年が凄く楽しみ!
どんな蕾が出来るだろう?どんな味かな?
早く食べてみたい!


  1. 2011/05/31(火)
  2.  | 
  3. カテゴリー : アーティチョークの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。