スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

紫蘇タップリのシソ餃子

大量の紫蘇は、どんどん新しい葉を作っているので、頑張って食べても、減るどころかボリュームアップしている。
まあ、食べ尽くそうと思うのが間違いだとはわかっているけどね…。

その大量の紫蘇の葉をたっぷりと使って、シソ餃子を作ろうと思った。
ネットで検索しても、通常作るキャベツを使った具の中に紫蘇を混ぜているものや、普通に具を作って、餃子を包む時に、紫蘇の葉で包んでから、餃子の皮で包むものはあったのだけれど…違うんだよな~。
これでは、紫蘇をせいぜい10枚程度しか使わないんだよな。

そこで、「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」という本の、「香菜のギョーザ」や「フェンネルのギョーザ」を参考にすることにした。
これは、肉200gに対して、それぞれ香菜やフェンネルが100gと調味料のみ。

これをアレンジして、紫蘇の葉のみで餃子を作ろうと、紫蘇の葉100枚採ったのに、50gにしかならない。
後、100枚採りに行くのは面倒なので、残りの50gは、ネギにした。
これで、甘みも出るでしょうし、良いんでないの?

以下、作り方。
[紫蘇タップリのシソ餃子]

<材料>(40個分)
[皮]強力粉:200g/水:100~110mlくらい

[具]豚バラ肉:200g/紫蘇:50g/ネギ:50g/生姜:適量(全て細かく刻んでおく)
調味料:酒/醤油/塩/ごま油/鶏ガラスープの素

<皮>
餃子の皮011.小麦粉と水を混ぜ、よく捏ねる
餃子の皮022.ラップをして30分位寝かせる
(この間に具を作る)
餃子の皮033.30分位寝かせた生地を全体が艶が出て滑らかになるまで捏ねる
餃子の皮044.4等分して、細長く伸ばす
餃子の皮055.切り口が交互になるように生地を90度回転させながら切る
餃子の皮066.切り口の三角の尖った部分が平らになるように手のひらで押しつぶしておく
生地を乾燥させない様にしておく
餃子の皮077.めん棒で薄く丸く伸ばす
乾燥しやすいので具を包む前に、少しづつ伸ばす
(一度に全ての個数を伸ばさない方が良い)


<具(餡)>
皮の生地を寝かせている間に作っておく
紫蘇の葉1.今回使った紫蘇の葉50g
刻んだ紫蘇の葉2.細かく刻んだ紫蘇の葉
混ぜた具3.豚バラ肉を細かく刻み、刻んだ紫蘇の葉、ネギ、生姜、上記の調味料を混ぜる
(写真はビニールの中で混ぜたもの)
包んだ餃子4.上記の皮で具を包む


皮も作って、具も作って、包むと、とても時間が掛かるので、時間がある時に、沢山作っている。
一つ一つがくっつかない様に冷凍しておくと、好きな数だけ使える。
色々な具の餃子を冷凍しておいて、食事の時、色々選びながら食べられると楽しい。
でも、形を変えないと、何餃子かわからない。

水餃子(茹でた餃子)水餃子(茹でた餃子)
餃子の断面図餃子の断面図
焼き餃子焼き餃子にしてみた


このシソ餃子は、本当は水餃子。
参考にしたウー・ウェンさんの本は、北京小麦粉料理なので、焼き餃子の作り方は載っていない。
中国では、焼いた餃子状のものは、「ゴーティエ(鍋貼)」という、別物らしい。
でも、やっぱり、焼いた餃子も食べたかったので、焼いてみた。

キャベツまたは、白菜とニラが入った餃子は、肉に対して2~3倍と野菜たっぷりなので、大きめになるけれど、このシソ餃子は、少し小さめで、肉とシソの香りがシッカリしていて、美味しい。
焼いても、美味しかった。

そして、今回のシソ餃子の参考にした、ウー・ウェンさんの本は下記。
日本より様々に小麦粉を使っていると感じる。中国の小麦粉料理は、奥が深い。
そして、この本には、餃子の包み方がパラパラアニメ(フリップブック)になっていて、とてもわかりやすい。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理 ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー ウェン (2001/11)
高橋書店

この商品の詳細を見る



  1. 2007/09/16(日)
  2.  | 
  3. カテゴリー : 香辛菜 紫蘇
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。