スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)
  2.  | 
  3. カテゴリー : スポンサー広告
  4.  | 
  5.  | 

アーティチョークの栽培(3) - 寒~い寒~い冬のアーティチョーク

寒~い寒~い冬の中、アーティチョークは、今、こんな感じ。

アーティチョークの株

一つの株が、大体、直径1.3m位。葉っぱは轟々。
そして、↓根元は極太!

アーティチョークの根元

以前のエントリーの「花が終わったアーティチョーク」の頃、花が終わった後、地上部が枯れ、アブラムシで弱ったせいなのか、正しい展開なのか、凄く心配だった。

チャント世話をしないから、枯れちゃったんだ…。
下からチョロチョロ出て来たのは、きっと最後の力を振り絞って、子供を残そうとしているんだ…。
酷い事しちゃったな~。
可哀想な事しちゃったな~。
最後の力を振り絞ってい、出した芽を枯らしちゃいけないな~。

…そんな事を思って、本屋さんで買って来た、「はじめての野菜づくり」という本には、下記の記述があった。

寒さには強いですが、花が終わると地上部が枯れるので切りとって土寄せし、わらを敷きます。


おお!
この本を買って、この文章を見つけた時は、ホッとした。
もっと早く、この本を買っていればネットを探しまわって、アブラムシでダメになったのかと心配しないで済んだなあ…。



心配していた頃撮っていた写真を使って、アーティチョークの花が咲いた後の成長記録を作ってみた。
「花が終わって、枯れるのは、普通の出来事だよ~。心配しなくてイインダヨ~」ってね…。


[7月初旬]
アーティチョークの花巨大な花
アーティチョークの花巨大な花

       ▼


[7月中旬]
アーティチョークの花後アーティチョークの新芽
花後、全体に枯れ始める根元からは、新芽が出始める

       ▼


[8月初旬]
成長するアーティチョーク
花後の茎や葉は、完全に枯れ、新芽は、順調に成長を続ける。
そのまま、スクスク成長し…

       ▼


[1月中旬]
現在のアーティチョークの株現在のアーティチョークを上から
直径1.3mの立派な株に成長上から葉っぱを撮影


私は、アブラムシのせいで枯れてしまったと思い込み、アーティチョークが可愛そうで、「頑張れ、頑張れ」と刈り取った芝を周りに敷いて、周りをパンパンパンとしておいた。
これは、「はじめての野菜づくり」の、“花が終わると地上部が枯れるので切りとって土寄せし、わらを敷きます”に近い事をやっていたということか…、良かったな~。
でも、太い枝を切りとってしまうのは、可哀想で出来なかったな…。

その後、「私が悪かった…。早く元気にな~れ」と、肥料をあげておいたけれど、これも、本の中の表の施肥の時期に合っていた。(^_^)V
上述の本によると、アーティチョークの施肥の時期は、9月、11月、3月。

春から秋の成長期の初めと終わりには、化成肥料1握りを追肥します。収穫後は、秋の追肥をお礼肥にします。


…だそうな。



ヤッパリ、野菜づくりは、本を買った方が、良いみたいだね…。
ネットだけで便利に探して、世話をしようとすると、私のように、無用な心配をすることになってしまうね…。
本屋さんで、ジ~ックリ見て、探した方が良いと思う。





文章中に出て来た本は、下記。

はじめての野菜づくり―家庭菜園で楽しむ (主婦の友新実用BOOKS) (主婦の友新実用BOOKS)はじめての野菜づくり―家庭菜園で楽しむ (主婦の友新実用BOOKS) (主婦の友新実用BOOKS)
(2003/02/01)
新井 敏夫

商品詳細を見る




  1. 2008/01/26(土)
  2.  | 
  3. カテゴリー : アーティチョークの栽培
  4.  | 
  5. トラックバック0
  6.  | 
  7. コメント0

Comments

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

TRACKBACK URL:

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。